また「後頭部」記事

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

また「後頭部」記事が出ました。ニューシースの、「韓国大統領府、日本の『後頭部(を殴る)』に迅速対応・・輸出規制の学習効果」という題の記事です。以下、記事から部分引用してみます。見出しの部分のまとめも引用します。

<(見出しの部分)・大統領府「韓国に事前協議や通知なしに日本が一方的に発表と即時対応。

・昨年の輸出規制を発表したときのような、信頼のない行動に深い遺憾

・日本、GSOMIA延長合意時にも事実の歪曲。反面教師作用とも評価

・輸出規制の局面、韓国は弱すぎる対応だった。もう失敗しないとの判断だったのではないか

・日、防疫状況によっては追加措置。公式対応は外交部を通じて

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(※大統領府が直接日本側に遺憾を示した件で)青瓦台内部では、先に外交部当局者を通じて日本側から事前協議がなかったと説明したが、政府次元でより確実にしておく必要があるという意見が強かったと伝えられる。

青瓦台次元のこれらの迅速な対応は、バレバレの日本の「政治的意図」に巻き込まれる必要がないとし、「ローキー(low-key)」戦略に一貫していた昨年の輸出規制の初期局面とは異なるとの評価が出てくる。当時、適切な対応時期を逃して、ついに不要な真実攻防まで繰り広げなければならなかった「結果誤認」の事例を踏襲しないという意志が反映された結果ではないか、というものである。

 

典型的な自国内の言論プレイ(※マスコミなどによる世論の誘導、扇動)による国際社会の世論づくりに長けている日本に遅れて対応して、これを覆すために苦労した昨年の教訓が、今回の入国制限措置の素早い対応につながったということだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20200314093208002

韓国側が「日本に後頭部を殴られた『ことにしないといけない』」のはいつものことですが・・

「自国内の言論プレイ」が、なんで「国際社会の世論作り」に長けたことになるのでしょうか。日本以外の国は、日本の言論プレイにそのまま従う、と考えているのでしょうか。

自国内の言論プレイの結果に、他国のマスコミの記事を『合わせる』ことで説得力をもたせようとするのは、韓国の得意技の1つです。二つ前のエントリーも、そういうものでした。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (154)

47 Replies to “また「後頭部」記事”

  1. どうやったらこれだけ後頭部を殴られるのか?
    考えてみた結果、真下を向いているとしか思えない。それならほぼ360°殴れる。

    うん、どうでもいいね(笑)

      1. 同意ありがとうございます。しかしどうでもいいといいながらも、真下を向いてにしてるのかが気になってくる。

        1.頭を下げて謝っている(土下座でも可)
        2.箱庭(小さく狭い)を覗き込んでいる
        3.うずくまって現実逃避している

        彼ららしいとすればこんなところかな?

  2. サッカーのマリーシアを思い出すね
    袖を引っ張っただけで骨でも折れたような過剰な演技でのたうち回るあれだ

    ウリナラは中華と手を取り合って日本(米も)を超えた、日本は津波と放射能で
    死んだ(から日本を喰っていい)という韓国人の現実から遊離した世界観を元にして、
    「甲乙ついた」のに日本が乙らしく尻を差し出さないといういつもの怒りの表明だろうけど

    1. 日本のサッカー中継だと、わざと倒れたりすることの反則名としては「シミュレーション」と言ってますね。そうか、ポルトガル語では「マリーシア」と言うのですか。
      サッカーの過剰演技が「青い体験」に通じるとは思わなかった。映画の方は、決して過剰な演技には見えなかったがなぁ・・。(それとも、イタリア語だと多少意味が違うのか?)

  3. 自分たちの情勢が不利とみると、いつも「後頭部を殴られた」

    最近はこのフレーズの出番が特に多くなって来たようで、もういい加減聞き飽きました。

  4. この手の人の頭には、後頭部しかない。だから、見るべきものも見えないし、考えるべきときにも考えられない。

    とかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。