恐怖の「有料ムンパ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国では、一定期間お金(党費)を払っている党員を『権利党員』と言います。政党が「うちの党員は◯万人もいるぞ!」と宣伝するのはよくありますが、その中に権利党員がどれぐらいいるのかはハッキリしません。ただ、与党の共に民主党の場合、70~75万人になるとされています。例えば、選挙にて、ある地域に誰を公薦(政党による公式推薦)するのかを決める「競選」という予備選挙がありますが、その予備選挙に、権利党員たちも投票の形で参加できます。

問題は、その権利党員たちの中に、ソース記事によると「約7万人」とされる、「ムンパ」たちがいることです。有料ムンパ、とでも言いましょうか。今まで文大統領の「言いなり」にならなかった与党側の国会議員が、その有料ムンパたちの力に負け、縄張りの地区の公式推薦を受けることが出来ませんでした。ライバルはほぼ無名の新人で、与党側にも大きな衝撃になっている、とのことです。

以下、文化日報の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<「チョ・グク前法務部長官事態」と「高位公職者の犯罪捜査処設置法案」処理の過程で、自分の所信通りに動き、共に民主党内でも嫌な目で見られていたクム・テソプ議員が、国会議員総選挙ソウル江西「甲」地区候補競選で脱落し、 「ムンパ」と呼ばれる熱心な親・文在寅の権利党員の結集力と影響力が再び注目されている。党内外では、クム議員の落馬は、全国的に約7万人、地域区別に500~1000人ずつ分布していると推定される彼らが、現役議員を含む総選挙候補者の生・死を決める権限を握っているという事実を示す証拠であると言われている・・>

https://news.v.daum.net/v/20200313115120229

 

実は、朴槿恵政権のときにも似たようなことがありました。ここからはソウル新聞の記事から部分引用します。

<・・特に政界では、今回のクム議員の落馬が、過去セヌリ党(※現在の未来統合党)の「真朴鑑別師」問題と似ているという話まで出ている。

朴槿恵政権だった2016年の20代総選挙では、セヌリ党(未来統合党)の圧勝が予想されていたが、公推の過程で真朴鑑別師、本当に朴槿恵支持系なのかどうかを選別する人たちがいるという論議が起きた。結果、最終的に民主党に議席数で負けた・・

・・共に民主党内部でも、「真文鑑別師」たちが介入するのではないかとの懸念はあったが、クム議員が党員の手によって落馬してしまい、真文鑑別師が存在するという議論が完全に水面上に上がってしてしまった・・>

https://news.v.daum.net/v/20200314090129669

 

当時、保守派は、「親朴」と「非朴」に分けられていました。しかし、親朴をも疑うようになった「熱い」朴槿恵支持者たちが、「有料ムンパ」と似たような形で介入、『真・朴』なのかどうかを自己基準で鑑別していたわけです。

随分前から本ブログではこのフレーズを書いてきました。「韓国は、真の改革はできない。上と下が入れ替わるだけだ」、と。朴槿恵氏を魔女扱いして大統領になった文大統領。そして、勝利者の『ウリ』気分が味わえるようになった、ムンパたち。しかし、『上下が入れ替わっただけ』で、何も変わっていないのです。真朴鑑別師と有料ムンパは、その論拠の一つになれるかもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (136)

33 Replies to “恐怖の「有料ムンパ」”

  1. ただで得た権利にも執着するかの国の人なんだから、
    お金を出したならなお一層の執着を見せるのは不思議なことでは無い。

  2. 韓国では、三人いたら党派が七つ、できるんでしたっけ?

    三人と、二人が三つと、一人が三つ。

  3. 文在寅大統領には独裁者として大韓帝国に君臨していただきたいです。日韓関係を修正不能なほど悪化させて、韓国の亡国の道を邁進させて下さい。

  4. 韓国には反日の前に、上と下の問題がある。

    韓国には良き敗者は居らず、良き勝者もいない。
    勝者はその優位性を示すため、ひたすらマウントを繰り返すし、敗者は常に反抗するか、あるいは卑屈になる。

    そういう世界が嫌で日本に逃げて来て、自分が一旦優位に立つと日本でもそういう世界を作る。

    勝者は敗者の誇りを認め、敗者は勝者との共存を選択する、そういう社会には絶対にならないのが韓国の問題。なぜそうならないかといえば、最初の人と人の関係が対等の関係ではなく、上下関係だからなのですね。

    わたしたちの関係は、まずあなたの謝罪から始めましょう。っていうね。

  5. 「サイレントマジョリティが、ノイジーマイノリティに負ける」って、民主主義が成熟していない社会の基本的な構図です。
    つまり、韓国の基本構造。

    しかも、ノイジーマイノリティがどんどん分化して、小集団になるほど「うるさく・過激に・暴力的に」なっていく。
    そして、元の母集団は、その過激さに影響されつつも、分化した小集団と取引し利用して、自分たちを「強い立場」のままにしておこうとする。
    いわゆる「やんちゃな連中は、鉄砲玉として使う」という事です。
    やがて、小集団と母集団との利益が対立すれば、必然的に「党争」になり、再分裂と抗争と弾圧と排除と隠避が発生する。

    今は「抗争」の段階。
    朝鮮文化圏では(やり方が陰湿、という特徴が有りますが)何百年も、その繰り返しでした。
    なのに、なぜ「共に民主党の中でも衝撃が広がっている」のか、全然わけが分かりません。
    「あんたら、ずっと、それやんか?何で今頃、自分でびっくりしとんねん?わけわからんわ。ええかげんにしなさい」

    一つは「歴史を忘れているから」でしょう。
    もう一つは、韓国においては、どんな集団も「ウリが『最強集団』ニダ。なぜなら、ウリこそ『正しい集団』だから、そうでなければならない。そうであるはず」と常に思っているから、でしょうか。

    1. とろいやさま
      韓国人は、自分だけが出来ると思い込んでいて、やられる事は考えていないんだと思います。
      そしてやられるととても動揺するんだと思います。
      日本からの入国制限の時の反応が、その良い例だと思います。
      殴るのは自分だけで、殴られる事は認めないという事だと思います。

  6. 匿名さんへ
    >公明党が信者なのは自明。S学会の広報組織なんだから。
    >共産党が信仰しているのは、「共産主義」という一種の経済ユートピア論だ。

    公明党はその通りですが、
    実際の共産党員の話。
    母の所属する卓球クラブの中に
    共産党の女性がいるんだけど
    「Cさんがくるの。キャー!」と、
    あのブサイクな共産党の党首が
    共産党の女性達の間では、ハンサムで
    素敵な憧れの君扱いだそうです。
    もうあばたもえくぼ状態。

    回りは、気持ち悪くてドン引きだそうです。
    それ以外にも、日常で自己主張がやたら
    強く、和を乱す人で。
    例えば、天ぷらそばを注文して
    「太るから衣は食べたくないの」と、
    衣を全部はがして残して、
    (自分ちでやるのはいいけど、いい年して外食でみんなの前でみっともない。人前で汚い食いかたするなら、最初から天ぷらを頼まなきゃいいのに)と、
    幼稚というか、聞き分けのない子供がそのまま大きくなったようなところがあって、
    周囲から浮き気味だそうです。
    自分は回りにあわせず、自分は常に正しいという態度だからですが。

    1. >実際の共産党員の話。
      >母の所属する卓球クラブの中に
      >共産党の女性がいるんだけど
      >「Cさんがくるの。キャー!」と、

      自民党所属の総理大臣ジュニアの人気も同じようなものかと。
      どこにでも、政治選挙をAKBの人気投票と区別がついてない奴らはいますよ。

      1. 某総理大臣ジュニアは、アイドル的要素(見た目含む)があると思う。
        支持政党は関係無く、キャーと言うオバサマは居る。
        好き嫌いは別として、外から見て理解できる部分もある。

        一方、某産党議員を見て、キャーという一般人はまず居ない。
        特定の思想を持っている人以外は、キャーという言う人を横目に見て、「気持ちわるっ」と思う人が現実だと思うw
        理解できないから。

        1. 自分なんか、アイドル的要素のある(?)某総理大臣ジュニアを見て、しかも支持政党に関係無く、キャーと言うオバサマは「気持ちわるっ」って思うけどね。ちなみにカミさんも同意見。
          ばっかじゃねーの。

  7. 日本では落としたくても落とせない、比例で復活しちゃう人が
    いますから、そういう意味では韓国の方が進んでるかもw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。