米国FDA「韓国のコロナ検診キットは不適切で、例え非常時でも米国内での使用に同意できない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

米国FDAが、韓国の検査数自慢を全否定するような発言をしました。韓国のコロナ検診キットは、例え非常用としてでも、あまり使えるものではない、というのです。

以下、韓国日報の記事から部分引用します。

<「陰性」判定を受けた人が実は感染者だったと覆される事例が相次ぐ中、我が国(※韓国)が使用している新型コロナウイルス感染症(コロナ19)診断キットについて、米国保健当局が米国内での使用承認を迅速に出さないでおり、疑問が提起されている。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

15日の米国NBCニュースによると、米下院の管理改革委員会がコロナ19事態と関連し、11日の公聴会でマーク・グリーン(テネシー州及び共和)議員は、「米国食品医薬品局(FDA)は、書面回答で、韓国の(コロナ19)診断キットは、適切(adequate)ではなく、FDAは、非常用としても、このキットが米国で使用されることに同意しないと明らかにした」と述べた。

 

グリーン議員が紹介したFDAの書面回答は、この聴聞会でキャロライン・メルロイン(民主)委員長などが韓国のコロナ19の早い検査速度などを評価したことに対する、米国政府の公式の立場だと解釈される。実際、グリーン議員は、「確かな記録を残すために、FDAの立場は『韓国の診断キット』に対するものであることを、明確にしておく」とも発言した。

グリーン議員は同日の聴聞会で、韓国の診断キットに比べ、米国が開発したキットの精度がより高いとの立場を提示した。彼は、「韓国の診断キットは、単一の免疫グロブリン抗体」(immunoglobulin)だけを検査するが、米国は複数の抗体を検査する」と主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200315113441193

これについて韓国側からは、「米国はWHOの基準を採択していないから」「FDAは保守的だから」などの意見が出ているようです。ちなみに、昨日、米民主党議員が韓国を褒めた!という記事が結構ありました(笑

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (191)

124 Replies to “米国FDA「韓国のコロナ検診キットは不適切で、例え非常時でも米国内での使用に同意できない」”

  1. アメリカのFDAが、この非常事態でもここまで言う以上、相当、問題のある品なのだろう
    それ以外に言いようがないが

  2. カイカイに出ている、この件に関係した日本の厚生労働省からの発表に対する、韓国人の反応(元ネタ:ネイバー掲示板)が面白いですよ。
    ttp://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/56539925.html
    一読をオススメします。

  3. 結局パチもんじゃないか!
    偉そうに韓国式検査方法とか言ってたが、やっぱりそんなことなんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。