大邱で診療してきた医師の顔に、住民たちが防疫ガス(殺虫剤?)を散布

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「世界中が韓国を褒めている」「文在寅政府と市民意識の勝利」という記事が溢れている中、こんな記事もありました。

全羅南道にある島で、大邱(テグ)に行ってきた公衆保健医師の顔に、住民たちが『住民を皆殺しにする気か』『大邱の医師が何故ここにいる』としながら、その医師の顔に防疫ガスを散布、自宅に隔離させました。SNSなどでは「ガスではなく殺虫剤だった」という情報も流れています。

以下、朝鮮日報の記事から部分引用します。あ、「公衆保健医師」とは、兵役の代替制度の一つで、医師資格証を持つ人が、保健所で勤務することです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<全羅南道の島の住民たちが、大邱に武漢コロナウイルス感染症(コロナ19)診療のために派遣され、帰ってきた公衆保健医師に向かって防疫用消毒薬を分散し、問題となっている・・

・・住民たちは、感染症の現場で診療して帰ってきた公衆保健医師に向かって「島の人を皆殺しにする気か」と強く抗議したことが分かった。防疫当局は、この保健医を他の地域に移動させる案を検討している。

 

公衆保健医師Aさんが大邱に行ってきた事実を知った一部の住民たちは、Aさんと他の医療スタッフが一緒に生活する官舍(※保健所側が提供する宿舎)に訪れた。住民は官舎に入ってAさんの部屋に防疫ガスを散布し、「大邱の医師がなぜここにいる」「島民を皆殺しにする気か」と抗議したという。騒ぎにドアを開けたAさんの顔にも、ガスを分散した。

この事件は、ソーシャルメディア(SNS)を介して伝えられた。当初「全羅南道シンアンで住民たちが公衆保健医の顔に殺虫剤を分散」という内容だったが、公衆保健医協会側は「事件が発生した場所は、シンアンではなく他の地域であり、住民がAさんに分散したのが殺虫剤なのかは確認されていない」と明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20200315205652714

 

記事を読んで「あ、殺虫剤だったのか」と思ってしまう私って、どれだけ心が曇っているのでしょう。ソース記事のコメントのほとんどは、「朝鮮日報だから嘘に決まっている」という反応です。

地域感情(全羅南道と大邱ですから)、漠然な恐怖、医療スタッフの苦労をまったく考えない・・などなど。ただのバカ騒ぎという見方も出来ますが、裏にはいろんな心理が動いているような、そんな気もします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5