日本「ドライブスルー検査は行いません」→韓国紙「日本が韓国の診断方法を批判した」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ヘラルド経済が日本厚生省に「ドライブスルー検査するデスカ?」と聞いたところ、厚生省は「しないニダ」と答えた、とのことです。以下、ヘラルド経済の記事から部分引用します。

<コロナ19拡散にもかかわらず、低い診断実績のせいで内部批判を受けている日本政府が、韓国で実施中の「ドライブスルー」方式の検査については、「精度が低い」と批判に乗り出した。米国政府もドライブスルーの検査を導入すると明らかにした状況で、日本は「導入計画はない」と、関連協力も要請しないという立場だ。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

16日、日本の厚生労働省当局者は、ヘラルド経済との通話で「日中韓の次元での保健協力の必要性は強調している」と言いながらも、「韓国で施行されているドライブスルー方式は、保健当局の判断の結果、日本と合わず、関連した要請もせず、計画もない」と述べた。

この当局者は、韓国が感染者の接触を最小限にするために実施しているドライブスルー検査方式について「韓国が施行している検査方法は、医師が直接診察して判断するものではない。医師が患者の過去の病歴などを総合的に判断することが診断だ」と「単純標本検査だけでコロナ19を診断をするのは、精度が落ちると思う」と説明した。

 

むしろ「無効な検査方法でコロナ19誤診事例が増えた場合、国内感染を拡大させる危険がある」とし「日本政府は、専門医の判断に基づいてPCR検査を実施するかどうかを決定する方法を用いている」と付け加えた。

これは事実上、韓国のコロナ19診断方法を批判する発言で、厚生労働省は、前日のドライブスルー検査を導入しようとする内部の世論に「医師が直接診察しないとPCR検査の診断率が大きく落ちる」は反論広報資料を制作したりした・・>

https://news.v.daum.net/v/20200316100935647

 

記事全体の流れは、「なんで日本は韓国に助けを求めない」「日本は、オリンピックのためにわざと検査をせず、韓国のやり方は不正確だとする広報資料を製作し~(ry」とするもので、言わばいつものものです。『私のやり方にそのまま同意しないのは、私のやり方を否定することだ』とする考えが丸見えです。必要だと思う国がやればいいだけだろうに。

ちなみに、韓国の日本文化専門メディア「ライブ・エン」の記事によると、臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・及び日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医である仲田洋美氏が、3月9日、ネットチャンネル『文化人放送局』で次のように話しました。

「感度40%、特異度90%のPCR検査は、確定診断に使うべきである、スクリーニング検査(※症状は無いけど、病気にかかっているのかどうかを調べるために行う検査)に使ってはいけない。これは医科大学3~4年生のときに学ぶ内容」、「保菌者10人を検査しても、4人しか判明しない。残りの保菌者6人に『もう帰っていい』と言うようなもの」、「テレビに出演して検査数だけ強調する医師たちの医師免許を剥奪したい気分。検査の意味を患者に正確に教えて落ち着かせるのが医師の仕事なのに、彼らは患者をパニックさせている」。

詳しくは、ソース記事(ページの下の方)に日本語でも書いてあるので、よかったらお読みください。

http://www.liveen.co.kr/news/articleView.html?idxno=252424

 

その記事の中に、仲田洋美氏は「(検査数を強調する人たちは)PCR検査が完璧だと信じているのではないか疑わしい」とも発言しています。韓国の場合、信じているというより、そうでなければならないとする側面なら、たしかにあります。『実はちゃんとあたっているのは40%だけです』を強調すると、『検査数で凄い』を自慢できなくなりますから。

昨日のFDAの件も、「ここまで言われたからには、韓国のコロナ診断が正確なのかどうか、もっと幅広く議論を行うべきではないか」と主張した医学コラムニストが、「◯◯が韓国の検診はデタラメだと言った」とされ、袋叩きにされました。反論は、敵の意見なのです。韓国ですから。

 

 

コロナ以外のネタ、どこかにコロがってナいかな・・と思う、今日この頃です。

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (195)

125 Replies to “日本「ドライブスルー検査は行いません」→韓国紙「日本が韓国の診断方法を批判した」”

  1. >反論は敵の意見なのです。

    日本のネット上でもよく見ますよねw
    左右や保守、左内の保守内の内ゲバとか

  2. 米国だかドイツのドライブスル―検査のnews映像が流れたが、窓から顔を出して鼻をぬぐっていたが、綿棒が驚くほどデカい!、
    それで鼻孔入口のふちをなぞっていたが、鼻くそとか鼻汁が着いて汚そうだった。
    インフルのように細くて、微妙な物では無い、綿棒のでかいやつだ。
    アレはダメだ、牛とか馬なら良いかもしれない。

  3. ドライブスルー検査なんか絶対やりたくない。防護服も着替えずにやってる場所に行って、そこからコロナウイルス移されたらたまらないもの。

  4. 「文化人放送局」毎日見ています。
    コロナネタでないのでは篠原常一郎さんがいいかも。
    Youtubeで毎日放送しています。

    篠原さんは元共産党員で国会議員の秘書も経験し、民主党政権時代は震災の対応にもしていた経験もあり自衛隊にも人脈があり、馬淵大使と対談もするし顔の広い方ですが、最近は北朝鮮のチュチェ思想が日本に入り込んでいるとして調査しに沖縄や北海道やロシアにも取材に行ってました。
    調査の結果、ロシアにはチュチェ思想が入ってなかったようです。

    篠原さんによると愛知トリエンナーレを調べていったらたどり着いたのが韓国のソウル市長だそうですよ。

  5. PCR検査が感度40%、特異度90%だったとしても、それはベテランの看護師が検体を採取し、ベテラン技師が検体を処理した時の理論上の最高値の話だ。誰でもできるわけじゃない。
    はたして1日1万件もの処理をどうやって精度高く維持するのか。実際めっちゃ感度が下がったりしてません?
    あっちの国の気質を考えると、コロナが話題になったら「うわー!コロナ怖いー!!」てなって他の病気のことが完全におざなりになってません?
    その上で「こんなことできちゃった俺たちすごい!」って自画自賛してません??
    もし日本でやるのなら、大流行した一部地域のみを閉鎖して、体育館かプレハブで集団隔離施設を設置して、そこだけやる感じかな。でも都市圏で車社会じゃない地域で、車のない人はどうやってそこに行くの?という疑問が。

  6. ドイツみたいに医師との電話によるスクリーニングをしたうえでのドライブスルー検査ならしてもいいと思う。

  7. 韓国政府がいかにも仕事やってる感をアピールするには効果的なドライブスルー検査にみえる。

    文一派「院内でこそこそ検査では目立たないからだめだ」。

    実際にやっていることは綿棒で鼻くそほじっているだけだったりして。www

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。