インフォデミック

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日、京畿道のU教会で、50人以上の集団感染が確認されました。「消毒する」として信徒たちの口腔に、噴霧器でシュッシュッと塩水を散布したことが、その理由だと言われています。塩水でコロナウィルスが死滅するはずもなく、いざ噴霧器は消毒せず、しかも、「その噴霧器を握っていた人(牧師の奥さん)」が感染者であることが明らかになりました。

牧師は謝罪し、「もう信徒の顔を見ることができない」と話しました。多分、牧師職をやめるつもりだと思われます。牧師も奥さんとともに陽性判定で、隔離されています。なんでこんなことをしたのか?「無知」と「非衛生」と言ってしまえばそれだけですが、「塩水、酢でコロナウィルスを死滅できる」というネット情報をそのまま信じたからです。

言わば、この件は『インフォデミック』、偽情報によるパンデミック現象でした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・感染症に対する誤った理解と主張も、コロナ19事態を育てた要因として挙げられる。16日、京畿道が公開したU教会内部のCCTV資料を見ると、常識的に理解しがたい光景が繰り広げられる。

この教会の牧師夫人が、1日と8日に礼拝参加者たち一人一人の口に噴霧器で塩水をまいた場面があるのだ。 「消毒する」という理由だったというのが、京畿道の説明である。以降、感染症に対処について誤った情報により、感染が広がったという分析が出た。塩水でコロナ19ウイルスは死滅しない。

 

イ・ヒヨン京畿道コロナ19緊急対策団共同団長は、「教会側が、すべての教会の入口で礼拝に来た人たちの口にスプレーを利用して、塩水を散布した」とし「スプレーを消毒しないまま、他の人にも使った事実を確認した。誤った情報によるインフォデミク(infodemic・情報感染症)現象と見ている」と語った・・>

https://news.v.daum.net/v/20200317120024369

 

「塩水または醤油で喉を洗え」の他にも、「キムチやニンニクが効果がある」「帰宅したらドライヤーで全身を加熱せよ」「犬がウィルスをバラまいているので犬を遠ざけろ」「鎮痛用の軟膏を鼻の下に塗ると良い」など、さらには毒草とされる某草を食べるといいとする、危険な話まで出回っているとのことです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (166)

138 Replies to “インフォデミック”

  1. こういう事が起きても恬として恥じないメディア達。
    トイペの件もどうだけど自分達の責任とは思ってないんだろうな。
    メディアの社会的役割って何だと思ってんだろうね。
    (蒙昧な愚民を導く為だと思っているに一票)

      1. 国民に有益な情報を提供する対価として、
        国民がメディアに利用料(広告費含む)を払う。
        これが民主主義社会における正常なメディアの機能です。

        現状はなにがまずいのか。
        国民を不幸にする情報をまき散らしているメディアに対して、
        国民が「不幸にしてくれてありがとう!」と利用料を払っています。
        これがまずいんです。

        国民を不幸にするメディアを利用しないこと。
        これがメディア正常化のための唯一の方法です。
        すべては国民次第なのです。

  2. 分不相応な、偉業を成し遂げた英雄的な何者かに成りたい、という願望が強いのだと思います。

    このような人は、どのような集団にも一定数いると思われます。

    このような人は、見たい物しか見ない(見えない)傾向が強いので、様々な意見を集めて総合的に判断することは不得意です。

    そのくせ、特別な存在に成りた過ぎて、正しいと思ったことは行動に移さずにはいられないため、他者への被害が比較的大きいミスをしがちです。

    己を知り、足るを知る。
    これができないと、「偉業を成し遂げた自分」といった、力量にそぐわない分不相応な願望が暴走してしまいます。

    自戒を込めてコメント致しました。

    1. >分不相応な、偉業を成し遂げた英雄的な何者かに成りたい、という願望が強いのだと思います。

      韓国人は、他人に指示を与える上位存在になりたいんですよ。だから日本では牧師になる。日本人の上になるのが、彼らのカタルシスだからね。

  3.  まぁ、韓国では牧師さんは「誤った理解と主張」を広めている発信源の一つのようですから、ある意味、職務に忠実だっただけのように思えます。日々、真面目に「消毒」の説法をまき散らかしているのでしょ。自身が感染者とも気付かずに……。

    1. 朝鮮日報の「くらしの知恵袋」って、
      日本人が思う以上に、罪深いですね。
      未開の社会に、塩と酢が
      あたかも魔法の万能薬であるかのように
      刷り込んでしまったという点でw

  4. ちょっといいニュース、

    中国が日本の富士フィルムの
    インフルエンザ薬のアビガンの有効性を確認。
    ライセンス生産で増産するそうです。

    中国の臨床試験で、200人に投与した結果
    短期間で、陽性が陰性に代わり
    有効性が確認されたんだって。

    富士フィルムの株あがりそう。
    多くの感染者、治るといいね!

      1. >七誌さんへ
        中国人の耐性はすごいと思います。
        年間の食中毒件数がはんぱない。

        けれど集団食中毒で食事をした全員が入院し、
        次の日に全員全快して退院とか、野生ってすごいなーと、感心するニュースが。

        だからこそ、200人の臨床試験を行えるわけで。
        被験者の宝庫ですよ。

      2. さてなんのランキングでしょう?
        2020年3月18日現在

        韓国は、5位に落ちました。
        日本は世界2位から10位以下の圏外に落ちました。
        人口比で比べると日本が少ないのがわかります。

        チャイナ(人口1,427,648単位:千人)
        80881人

        イタリー(人口60,627単位:千人)
        27980人

        イラン(人口81,800単位:千人)
        14991人

        スペイン(人口46,693単位:千人)
        11178人

        ドイツ(人口83,124単位:千人)
        8507人

        韓国(人口51,172単位:千人)
        8320人

        フランス(人口64,991単位:千人)
        6655人

        アメリカ(人口327,096単位:千人)
        4743人

        スイス(人口67,142単位:千人)
        2354人

        イギリス(人口67142単位:千人)
        1553人

        オランダ(人口17,060単位:千人)
        1414人

        ノルウエー(人口5,338単位:千人)
        1368人

        ベトナム(人口95,546単位:千人)
        1243人

        日本(クルーズ船を含まず)873人(人口1272026単位:千人)

      3. あっという間にコロナウイルスがアビガン耐性に変異する可能性はありそう…。
        インフルにもコロナにも効くから!って乱用しませんように。

  5. あああ
    もっと大変なことが!

    アフリカで発生したバッタの大群が
    数兆匹規模に増えたそうです。

    そして中国に向かうらしい。
    数日前に中国ではアヒルの10万羽の軍隊を国境に向かわせたそうですが、
    バッタの数が増えすぎ!

    なんなんだよ!天変地異ですか?
    リアル三國志でも始まるんですか?
    中国はなにか悪いことでもしたんどすか?(チベット、ウイグルの呪い?)

    今年はひどい年になりそうです。

      1. 疫病に天災(蝗害)、これに飢饉が加われば乱世の始まりですね。

        とりあえず疫病で何百万人と亡くなっているわけでも、飢饉が発生しているわけでもないので、まだ大丈夫。
        でも世界の穀物の価格上がりそうな出来事ですよね。

        ふと今ここで地震起これば日本もものすごくヤバイと気がついたのです。
        中国はこれで水害、冷害、旱魃(これ慢性的?)など他の災害発生したら、本当に各地で餓死者でるかもしれませんね。

    1. 最初はうっかりウイルスを流出してしまった”事故”かもしれなかったけど、今回の大惨事で、中国は何かヤバい事を学習してしまったのではないですか。
      今後もっと良からぬ事が起きるのではないかと。

    2. 蝗害は国際専門ニュースサイトlocust watchがあるのでデマは通じませんよ
      インドに侵入北上したコロニーは寒気で消滅
      春にイランとソマリアで繁殖したDesert Hopperが6月にインドに侵入予定だが中国方面はヒマラヤ山脈が邪魔して到達不可能
      そも中国のイナゴは古代からトノサマバッタで今回のサバクトビバッタは無関係

      1. あーなるほど。
        砂漠のとトノサマバッタは別で、インド、パキスタンまでになっていますね。イラン高原も上に超えれていないし、ヒマラヤもなお無理ですね。というかパキスタンの群れ、中国とは逆方向に行っているようですね。
        http://www.fao.org/ag/locusts/common/ecg/75/en/200317updateE.jpg

        何でこれが中国へと報道されてるのでしょうかね。

      2. でも〜、今日び、悪意をもって「持ち込む」ことは可能ですよね。
        もし中国がサバクトビバッタの生きられる環境ならば…大惨事。

        1. https://jor.pensoft.net/articles.php?id=20119

          FAOの記事、中国の。
          「中国がんばっているよ、イナゴやバッタを低密度に保つようにして、依然被害はあるけれど、過去のように大きな群れの発生は妨げてるよ」って。
          そこそこ管理できてるみたいですね。なので例え持ち込まれた外来種でも大惨事にはならなさそう。

          4:36の人と07:07の匿名さんは別人ですよね?

          1. 2017年11月の記事で状況変わっている、と突っ込まれるかもしれないけど、中国に関しては大きく変わっていないからこれがこのままになっていると思われます。

          2. 中国さんは、アヒル10万羽をバッタの迎撃に派遣して、一大決戦をさせようと目論んでいますw

            ①10万羽で対処できるのか?

            は知らんけどw

            > そんな中で「10万羽のアヒル軍がバッタを退治するために中国からパキスタンに派遣される」という中国発ニュースが2月下旬から世界を席巻している。
             中国ではバッタが作物を食い荒らす「蝗害(こうがい)」が水害、干ばつと共に3大災害とされ、恐れられてきた。
             新型コロナウイルスの感染拡大に続いて、国境を接するパキスタンからのバッタ襲来を恐れていた中国人はバッタを食べてくれるアヒル軍に期待したのだが……。
             アヒル軍のパキスタン派遣の話は立ち消えになり、そもそも最初からデマではなかったかと疑われている。政府の厳しい管理下にあるはずの中国メディア界で何が起きているのか。
            【引用終わり】

            ありゃりゃ、「バッタvsアヒル 一大決戦!!」はデマだったんかいw

          3. イナゴ4000億匹vsアヒル10万羽

            イナゴ皇帝「中央突破だ!進め!」
            アヒル将軍「何の!包囲殲滅だ!」
            宿命の対決が、熱き戦いが今!

            (´・ロ・) 見たかったね
            うん (・_・`) 残念

          4. 07:07です。
            04:36さんとは別人です。
            すみません。

            大惨事は望みませんので、管理できているのは歓迎です。

      3. 匿名さんへ

        >そもそも中国のイナゴは古代からトノサマバッタで今回のサバクトビバッタは無関係

        デマなの?でも、写真で見たんですよ。

        ttps://yoshidakenkou.net/post-25773/

        中国は、インドとパキスタンとの国境から中国に接近するイナゴの群れを引き受けるために、100,000人の特別に訓練された「アヒル部隊」を放ちます。 各アヒルは、1日あたり最大400個のイナゴを消費できます。
        中国の動物学者は、遺伝子組み換えを伴うイナゴのペストを封じ込める研究をしています。
        ttps://twitter.com/evazhengll/status/1230372038180823040?s=19

        1. アヒル大佐「心理戦グァー!バッタフゼイが小生意気な!この、バッタもん!!」

          バッタ司令官「オノレ!騙しやがったな!
          北京ダックにしてやる!!
          恐れるでない!所詮、多勢に無勢じゃっ!!
          総攻撃じゃー!」

          アヒル大佐「足軽隊、前へ!
          鉄砲隊、前へ!」

          ブォオオオーー!!(螺貝)

          ザッザッザッザ
          「敵将、討ちとりましグァーーー!!」

          1. アヒル大将「なあに1羽で千匹や2千匹倒せばいいのだろう?」
            参謀「4000億÷10万で、4百万匹ですね」
            大将「え!?」
            参謀「1羽で1日200匹食べるので食べきるのに2万日、54年ですね」
            大将「アヒルの寿命って?」
            参謀「10年から20年ですね」
            大将「・・・帰るか」
            参謀「はっ!」

            こうしてよくわからないうちに決戦はうやむやになったのでした。

          2. 「2万日、54年」

            www

            フォアグラを、後で皆んなでおいしくいただきました。。。

            には、ならんかw

    3. 虫の害では、ツマジロクサヨトウがヤバいようです。幼虫が夜に起きだして植物なら何でも食う(だから野盗=ヨトウ)。日本でも警戒中。

      あと、アフリカ豚熱(aka 豚コレラ)。日本でも警戒中ですが、訪日中国人が豚肉を持ち込んでいる。(2.8%が持ち込んでいるってふざけすぎ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。