天と道徳

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

何の前触れもなく現れる、シンシアリーのブログ雑談スレです。いつものことですが、以下、「朝鮮半島の儒教」と範囲を絞って話を進めたいと思います Byレナパパ

※追記です・・本エントリーは、民俗信仰、東学思想、儒教思想がごちゃまぜになった「朝鮮半島の儒教思想」のことです。朝鮮半島の実際の儒教の主流だった朱子学などとは別の概念になります。ちなみに、朝鮮半島の朱子学は徹底的に無神論で、人も物も「気(ギ)」の構成が違うから全てに階級があり、それを認める名分論的秩序を守ることを「理(リ)」として尊重します。ちなみに、彼らにとって日本人は「物」でしたので、「理が人間とは違う(人間より下の存在)」でした。

 

儒教では、神を信じません。神という存在そのものを設定していません。人間が修行して目指すべきは『道徳を完璧に遂行する』ことであり、そのためには他人に情けをかける必要もなく、国家の法を守る必要もありません。道徳を実行する、すなわち徳を高めるというのは、法律のような強制的なものではなく、自分の自発的な良心に従うこと、常に誰かの手本になり、周りから羞恥をかかされないように行動すること、などなどです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

儒教は、神のような、人間を超越した存在など無いとする、ある意味、徹底的に人間中心の世界観を持っています。死んだ人の霊も基本的には地上を彷徨います。来世観などもありません。長男がお金持ちになって先祖のための立派なお墓や祠堂を作ることが、最大の親孝行であり、それが死んだ親の霊に良い『家』になるので、それで幸せになれます。神ではなく「天」という概念を信じる側面はありますが、これは人間に内在している『徳』の根源であり、崇拝の対象ではありません。

ただ、これが身分の貴賤などで現実に現れることはあるとします。すなわち、貴賤の関係、「上下関係」をしっかりすることが、天と人間との正しい関係、言わば人間としての道理、道徳の一つの完成形です。なぜなら、「賤」なる存在、例えば身分の低い人は、徳そのものが足りないからこそ、そう生まれたからです。徳の低い存在が徳の高い存在に頭を下げるのは当然であり、だから、万物において上下関係をしっかりすることが、『天』の内なる声に従う道徳の表れである、というのです。

 

魔女を弾劾するのも、日本は悪いと言い続けることも、道徳です。手本にならないといけません。なぜなら、そこに同調しないことで自分自身が何かの損をする、またはバカにされるかもしれないからです。それは、羞恥です。そんなの、徳への道ではありません。世間の目は気になるけど、お天道様はどこにもいない、そんな世界観・・とでも言いましょうか。

この天という内なる声による道徳・・なんとなく、韓国社会の様々な問題点と繋がっている気がします。天というより、ただの「自」または「ウリ」にすぎないのかもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (162)

100 Replies to “天と道徳”

  1. 併合時代を考えると、なんか今に至るまずい影響(日本人側にその意図はなかったにせよ)を与えてしまったのかなあ、なんて考えています。例としては、勉強頑張ればどんな身分でも立身出世ができる(科挙の伝統とは全く別物)、欧米を見習え(脱亜入欧かな?)、とか、あとは「国民の創成」とか。ナショナリズムは併合以降に起こった国際的風潮ですから、少しは免責されるかも(日本自身もそれでエライ目にあったし)。

  2. 「すべてがFakeになる」
    儒教も、キリスト教も、半島では。
    ー第1回メフィスト賞(1996年)受賞ー

  3. 韓国における天の概念とやらはわかりにくかったのですが
    今回のエントリーは徳治主義的盲信というべき韓国人の
    宗教観というか世界観を理解を進めるヒントとなりそう。

    天とやらに人格はなくとも天罰というのはあるらしい
    ってのはやっぱり難しいですね。

    日本における天は、お天道様って単語に道があるけど
    それは天文学的な黄道帯を意味してるわけではなくて
    個々人にとっての道標的なもんだと思っております。
    生き方の美意識が薄い人はそれを見失ってしまう。
    見失えばいつか道を踏み外すって感じかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。