韓国の保健福祉部長官、医療陣のマスク不足に「自分たちのためのマスクをたくさん取っておきたいから、そんなことを言っているだけ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

先週のニュースですが、ちょっと遅れて紹介します。医療人力の間でも、マスクが足りないという声が大きくなりつつあります。しかし、パク・ヌンフ保健福祉部長官が、「自分たちのためにマスクを沢山取っておきたいから、そんなことを言っているだけ」と話しました。

マスク配給制を実施したものの、国民にはマスクが行き届いていません。こんなときに医療スタッフのマスクも足りないと言われると(医療スタッフにも公的に配給されることになっています)、マスク配給制は完全に失敗だったということになります。そういう側面を気にしたから、でしょう。ちなみにこのパク・ヌンフ長官が、「韓国は防疫能力が優れているから感染者が多い(感染者を多く見つけることができた)」という話を最初にした人でもあります。

以下、韓国経済の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・コロナ19の拡散による医療スタッフのマスク不足の状況と関連し、パクヌンフ保健福祉部長官が「本人(医師)たちが、多めにマスクの在庫を積んおきたいから、不足だと感じるだけ」と主張した。

パク長官は12日、国会保健福祉委員会の全体会議に出席し、ユン・イルギュ共に民主党議員が「現場の医療スタッフの保護装置が不足し、苦しんでいる。マスクが本来必要な診療の現場では不足し、国民もマスクを手に入れるため苦労している」と指摘すると、このように答えた・・

 

・・イ・ミョンス未来統合党議員が「『不足していない』、『沢山積んでおきたくて』のような答えは、現場を知らなすぎる言葉ではないのか」と指摘すると、パク長官は「私のほうが、国会議員の皆さんんより現場を回ってみました」と言った。

パク長官は続いて「医療陣がもっとマスクを欲しがるのはわかるけど、全体の防疫システムの防護服が不足しているかのように言うなんて、現場で活躍する一人としてあまりにもさびしい」とした・・>

https://news.v.daum.net/v/20200313100516151

 

明らかに怒ってますね、長官。それもそのはず、「文句を言うな。大韓民国の対応に間違いなどあるものか」としなければいけませんから。総選挙も、まだ延期するとか誰も言ってないし。しかし、共に民主党議員のほうがまだマシだなんて、なんということでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5