雑記・・ある朝鮮時代の詩人のこと

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

雑記でも書いてみます。

1800年代、朝鮮時代。金・笠(キム・サッカッ)という人がいました。本名は金炳淵(キム・ビョンヨン)と言いますが、とある理由で、いつも笠で顔を隠し、全国を旅し、印象的な文、詩を残したと言われています。

金炳淵の家門は、当時の貴族階級である両班(ヤンバン)の家系ではあったものの、財政的に苦しい立場にありました。もともと文才に長けていた金炳淵は、そんな家門を立て直すため、若くして地方の官吏を登用するための国家試験、郷挙(ヒャンゴ)に挑戦しました。その試験のテーマは、地方の官吏でありながら、反乱を起こした農民たちに降伏した、金益淳(キム・イクシュン)という人の罪を論ずる文を作ることでした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

金炳淵は、たかが身分の低い農民なんかに降伏した金益淳は、国の王を裏切ったのと同じだとし、怒りをぶつけました。『王を捨てるとは親を捨てることと同じではないか。お前など、一度死ぬだけでは足りないだろう。一万回死んで当然であろう。春秋筆法を知らないとでも言うのか。私たちはお前のことを歴史に残し絶対に許さない』、などなど。春秋筆法とは、「悪いとされるやつのことは、実際よりさらに悪いやつのイメージで表現する」書き方を意味します。

 

一万回◯ね!は高評価で、金炳淵は郷挙に首席合格しました。彼は大喜びして、真っ先に母親にこのことを報告しましたが、詳細を知った彼の母親は、涙を流しながら、ある事実を告げます。その「農民に降伏した官吏、金益淳」が、実は金炳淵のお祖父様だったのです。農民に降伏するのは死罪で、本当は一家も死刑されるはずだったものの、金益淳と親しかった他の官吏たちの力で、金益淳の家族は罪を軽くしてもらい、人目の少ない地方に避難、幼い世代には過去を隠していたのです。「罪人の子でありながら祖父を罪人と叱る文で官吏になった」と自分を嘆き、金炳淵は全てを捨て、旅に出ました。それから彼は金・笠と呼ばれることになります。

 

それから全国を旅しながら数々の文を残した金笠ですが、ある日の夜、寝所に困り、町で特に大きな建物である書院を訪れました。書院とは、文官候補生たちが勉強する、今の言葉でいうと「予備校」のような場所のことです。書院を訪れ、一晩眠れる場所を求めた金笠ですが、書院の先生は、金笠を追い出すつもりで、『じゃ、ミョク(覓)を押韻して詩を作ってみな』と冷たく言いました。普通、覓の字を踏んで詩を作るなど、めったにありません。高難易度モードになります。これを「覓の難韻」と言います。

そこで、金笠はこう詩を作りました。「許多韻字何呼覓(他にも字は多いのに、よりによって覓だなんて)」。ふざけた内容ですが、一応、押韻したのは間違いないので、書院の人は困りました。そして、それからも三回続けて、「覓」を韻として出しました。

 

二回目『彼覓有難況此覓(あの難題をやっとできたのに、また覓だというのか)』、三回目『一夜宿寢懸於覓(今日の寝所の命運が覓の字にかかっているなんて)』、四回目『山村訓長但知覓(田舎の先生は、覓の字しか知らないのだろうか)』

またかよ俺オワタ、ええいヘル朝鮮、あのおっさん他の字は知らないっぽいヒソヒソ、そんなものです。とはいえ、押韻はできたので、とりあえず先生の負けとなり、金笠は書院の中で一泊できたそうです。

遊んでいるというか、皮肉っていると言うか、日本語でいうと頓知がある、そんな金笠の顔が、目に見えるようです。私が小学生だった頃は、さすがに文や詩の部分はハングルに変えたものだったけど、金笠は漫画や児童文学によく出てくる人物でした。個人的にも、彼はとても魅力的なキャラでした。朝鮮時代を背景にギャグ漫画などをよく書いていた、ユン・スンウン氏の作品に、特によく出ていたことを覚えています。

でも、金笠もまたハングルには見向きもせず、全ての作品を漢字で残した人だから、でしょうか。最近はあまり彼のことを耳にしなくなりました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (132)

77 Replies to “雑記・・ある朝鮮時代の詩人のこと”

  1. それにしても不思議なのだが。
    現代に比べて、造船・操船技術が稚拙だった昔であれば余計に、中国へ渡るには津島を経由して朝鮮半島から陸路で行く方がよほど安全・確実だったと思うのだけど。事実、魏志倭人伝にも、そのルートで日本の位置が記載されている。
    遣隋使・遣唐使では頑なに「九州からの直行ルート」にこだわっていたその理由は何なのだ? もしかすると、朝鮮半島へ渡ってからの現地朝鮮人やその先の北方民族がよほど野蛮で、通過するのも危険、得られる文物も皆無だったので無視されていたということか?
    まあそりゃ、江戸時代になってからの朝鮮通信使が「大八車や水車は便利な機械なので、朝鮮へ帰ってから王様に報告した」などと言っているくらいだからなぁ。そんな国に留学生なんか送るわけないか。

    1. それは結局陸路に比べて海運ははるかに多くの文物を運ぶことができたからでしょう。迎入唐大使使(げいにっとうたいしし)といって難破のために帰れなくなって困っていた遣唐大使を迎えるための使節などは新羅経由で送ったりしています。

      南島経由は島伝いですし、当時の造船技術・航海術でも十分安全でした。現に往路に限ってはほぼ問題なく到着しています。問題は復路でした。遭難はことごとくこの復路で、大使の乗る第一船が最も危険、乗員の位が低くなる数字の大きな船ほど安全でした。船に違いはありませんから、この差はズバリ「過積載」だと見られています。財力のある位の高い人ほど欲張ってあれこれ買い込んで運ぼうとし、それがそのまま遭難につながりました。

      しかし、半島は危険とは言えないまでも、学ぶ対象とは思われていなかったのも事実です。昔から世界一のことを三国一、と言っていますし、これはもちろんインド、シナ、日本を指します。半島は視野に入っていなかったのですね。
      何か必要があった時には知識人でも技術者でも呼びつけましたから、留学の対象ではなかったようです。

      1. 南島経由じゃ行き先は台湾ですよね。遣唐使が沖縄へ立ち寄った記録があるわけじゃなし。おそらく、九州から南朝(上海あたり?)への直行ルートだったのだと思います。
        陸路よりも海路を重んじた理由として、積載量の他に、スピードが早いということもあったのでは? 日本は江戸時代になっても、地方へ急行するなら船便と決まってましたよね。(特急ならば、早馬を乗り換えでしたが。)
        また、往路に比べ復路が難しかった理由として、季節風や貿易風の関係もあるかもしれません。唐の鑑真和上も渡日に5回失敗して、流れ着いた海南島で視力を失いながらも、6回目でようやく日本へ上陸できています。

        1. ちなみに、その6回目の渡海の途中で沖縄(阿古奈波)に立ち寄った記録がありますよ。そこまで一緒であった大使藤原清河の船だけがそこから先で遭難してベトナムに流されますが。
          なお、目的地は寧波になります。

        2. >その6回目の渡海の途中で沖縄(阿古奈波)に立ち寄った・・

          ということは、鑑真和上とともに、中国(寧波)から出帆してまずは沖縄へ漂着、そこから運が良ければ日本へ、悪ければベトナム行きということですか。
          遣唐使の航路って、往路に比べると、復路は風まかせ波まかせ、運が良ければ南西諸島に引っかかる、そうでなければ海の藻屑か。まさに命がけの留学体験。「いつでも駅前留学」の現代とはわけが違いますねぇ。

          そうまでしても、やはり朝鮮半島を経由するよりマシだったのでしょうか。いったい、どんな地域と思われていたのやら。
          「半島ツアーであなたも楽々遣唐使」てな感じの旅行業者とか、誰もやろうとしなかったのかな。

          1. 私が学生時代にはまだ遣唐使は知識がなかったから稚拙な航海術、造船術で台風シーズンに無謀な航海をして多くが遭難した、と言われていました。要するに、古代だから遅れていた、と。

            しかし、現在ではこれは否定されています。

            遣唐使の最大の目的(唐にとって)は正月の儀式に諸外国の使節をずらりと並べて威容を誇示することです。ですから、遣唐使はこれを目指して出発します。寧波から陸路洛陽・長安を目指し、儀式が終わると再び陸路寧波に戻り、帰国するのですが、この滞在には期限があったようなのです。
            遣唐使には留学生(るがくしょう)という今でいう長期留学生、これは次以降の遣唐使船で帰国しますからまだいいのですが、還学生(げんがくしょう)、今でいう短期留学生はその船で帰らなければなりません。ぎりぎりまで粘って勉強した彼らを買い集めた文物とともに載せて帰国の途につくと季節は台風シーズンです。どんなすぐれた航海術や造船術であっても台風には勝てません。

            今ではこういうスケジュールが過積載とともに遣唐使船の遭難の大きな原因とみられています。

    2. 地政学の話になりますが・・・
      魏志倭人伝の頃というか三国志の前後からの動乱でシナの人口が激減し、朝鮮半島からシナ人系が引いた&影響力が低下した
      魏の頃はシナの影響力が強かったので安全に通行出来た
      高句麗 百済 新羅の時代に新羅はシナの王朝に通じ、対抗勢力である他の勢力を滅ぼす
      日本は百済を大陸での出先機関または同盟としていましたから新羅の勢力が強くなれば通れない

      それ以外にも朝鮮の動乱期には危なくて近づかなかったのでしょう

    3. 日本の航海術は未熟だったとのイメージは徳川幕府のせいかも
      平清盛の時代でも交易は盛んだったし
      黒曜石も輸入してたり卑弥呼が魏志倭人伝に記載されるくらいですから
      ミクロネシアの航海術は評価されてますね
      航海で新しい土地を目指すのは貧しいからだけでは無いと思いますし

  2. 【現代版?ストーリー】
    困った書院の先生は課題を出したそうな。
    「詩を作れ。お題は初音ミュク」
    どうせ漢文にまみれてサブカルチャーなど知らないだろうとタカをくくったのです。
    金笠氏「ミュクたんミュックミュク。俺、泊まれずにミュックミュク」

    よくわからない敗北が決定した瞬間であった。

  3. 実在の一休宗純をモデルにした娯楽本の一休咄があるみたいな感じですかね?
    おそらくかなり破天荒というか、変わった人だったのかな
    一休さんはなかなか強烈な人だったみたいですが・・・

    1. 一休宗純は高級官僚どころか皇族、それも本来は皇太子になるはずの人でしたからね…

  4. 1800年代とは、それほど昔ではないのだな。
    金炳淵の祖父である金益淳はどのような理由で降参したのだろうな。
    以下物語風の推測。
    降参は即死罪であるであることを理解していながら、何故か金益淳は降参してしまった。これは何故だろう。金益淳が率いたであろう兵をもってすれば鎮圧は容易であったはずだ。だが、金益淳はそれをしなかった。何故ならば、金益淳は領民の有様を知っていたからだ。領民が疲弊しきっている状況にあって税の取り立てなどとてもできるものではない。日々の食事にも困る始末である。子供は育つどころか餓えで死んでゆく。疫病も発生しただろう。それでもまだ税の取り立てを行うのかと。金益淳は鎮圧などはしなかったに違いない。貴族としての金益淳よりも、領民を守る金益淳を選んだからだろうと考える。
    一方で、孫である金炳淵は貴族社会では所謂優秀な部類に属する人物であったのだろうと思う。貴族社会にのみ通用する春秋筆法を以てある意味では両班も羨む地位を手に入れることが出来た。しかしながら、金炳淵の母は祖父が何をもってそのような行動をとったのかを金炳淵に聞かしたに違いない。よって、母が語った言葉はもっとあるはずだ。金炳淵が真に賢い人間であると仮定するならば、金炳淵は母の言葉によって真の祖父の思いを即時に理解したに違いない。以後、金炳淵が傘をかぶって決して顔をみせなかったのは、傘をかぶれば領民の顔を見なくて済むからではなかったかと思う。
    書院での話は単に阿呆をからかっただけだろう。金炳淵の絶望はどれほどであったかと。俺は朝鮮併合前夜のある動きに思いを馳せてしまった。

  5. 【KY金さん】~逆の立場より~
    先生「なに、宿を求めている?難しい詩を作ってみろ」(さっさと追い払おう)
    金笠「すらすら~」
    先生「・・・」(こいつ・・・やんわりと断っているんだから察しろよ)「よし次の問題だ」
    金笠「すらすら~」
    先生「・・・」(嫌がってることに気付けよ、なんて鈍いヤツなんだ)「次だ」
    金笠「すらすら~」
    先生「仕方ない泊めてやれ」(面倒くせぇやつ、明日になったら叩き出してやる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。