日本語の「書く」は「描く」なり

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

古い文を今どきの文に訳する場合、字や単語それぞれの意味は間違いなく訳せたつもりでも、結果的には本来の文の意味がまったく伝わらない、または本当に読みづらい訳になることだってあります。だからといって、意訳するにも、どこからどこまでを意訳し、どこをどんな単語で代替すべきか、下手すればオリジナルの価値を損なうことにもなりかねないので、難しいところです。

でも、その文の意味合いをイメージして、同じイメージに合わせると、なんとかなります。「書かれた」文から、「描かれた」文をイメージするなら、時代を超えて、共通のイメージを生み出すことができるからです。もちろん、それは文ですから、絵として目に見えるわけではありません。目に見えるのは文字です。でも、その文が、『字』という絵の具で描こうとしたものを見い出せば、時代を超え、同じ意味を感じ取ることも出来ます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本語で作られた俳句などを読んでみると、それは書かれたものというより、明らかに「描かれた」を感じることが多々あります。字だけでなく、書かれている全てが、ある種の絵を作り出します。

こう思ってみるのは、いけないことでしょうか。「『描く』は、『書く』より、ずっと高文脈的(ハイコンテクスト、具体的に言わなくても意味が通じる)な言語だ」。

 

雛人形を見に、南千住にある素盞雄神社に行ったときのことです。駅のロータリーに、小柄なおじいさんの像がありました。松尾芭蕉と書いてありましたが、どっかで見たことある名前だけど、誰だったかなと思いました。『芭蕉』の読み方が分からなかったので「聞いた」ではなく「見た」ことがある、です。気にしないでそのまま神社に向かい、珍しく道に迷わずに素盞雄神社に到着。須佐之男様とお稲荷様(神社内に小さな稲荷神社があります)に参拝し、ちょうど桃の花が咲いていたのでパシャパシャと写真撮って、欧米人と思われるキレイな女性の方から「あ、これは桃の花ですね?桜と梅の花とそっくり」と声をかけられ、私も見た目だけではよくわかりません~と急に仲良くなって楽しく会話したり、しばらく時間を忘れて楽しめました。あ、私が英語を使ったのではなく、女性の方が日本語でした。

 

神社の中にも松尾芭蕉さんのことがいろいろ書いてありましたが、俳句に関連した方なんだな、とは理解できました。参拝記念にいただいたシオリにも、先の像の方と、俳句が書いてありました。神社内には日本の俳句好きで有名な元EU大統領ヘルマン・ファン・ロンパイ氏のサインがあるなど、俳句とは良き縁に恵まれた場所のようでした。後で分かったことですが、荒川区は俳句の街だそうです。

どんどん興味が湧いてきたので、マホちゃん(スマホ)で『南千住 像 俳句』を検索してみて、まつおばしょう・・と読み方が分かり、あ、そうか、と気が付きました。あれです、あれ。カエル。俳句にあまり知識はありませんが、あれなら分かります。ふるいけや・カワズとびこむ・みずのおと。もともと有名な俳句でもありますが、私がまだ今よりずっと日本語が下手だった頃、初めて覚えた俳句なので、分かります。蛙の読み方がカエルではなくカワズという点以外は、一瞬で覚えました。なぜなら、一枚の絵を思い描くだけで、この俳句を全て覚えることが出来たからです。

 

「もうすぐ春だから蛙が池に飛び込んだようですがそれが何か」で終わることもできます。しかし、なぜでしょう。この俳句は、莫大と言ってもいいほどの余韻を残します。作者が蛙を「見た」のかどうかも不確かです。だから、作者を描く必要もありません。蛙を描く必要もありません。神社の中には、小さな川の形をした池がありました。桃の花が綺麗に咲いていて、その花と、ほんの少し池の水が視野に入るように立ち、そこから「水の音」を加えれば、本当は蛙が飛び込むような音はしないけど、あえて聞こえない音を加えれば、その場面だけでこの俳句の視覚化が成立します。

個人的にイチオシスポットでもある、富士宮の湧玉池を思い描いてみました。富士山からの綺麗な水が湧き出る池、周辺に咲いていた、本の少しエメラルド色の葉っぱが出ていた桜の木々、池の近くにある真っ赤な橋、小さな神社。そこに蛙が飛び込む音を頭の中で流せば、それは別の絵ですが、また成立します。別の場所、別の絵なのに、なぜか共通した余韻があります。きっと、共通した感覚が存在するのでしょう。

 

和風だから、ではありません。この余韻は、東西を超えることもありました。いつだったか、ディズニーランドのシンデレラ城の周辺にある池で、この俳句を思い出したことがあります。

ディズニーリゾートといえば楽しい乗り物、アトラクションがいっぱいありますが、私は待ち時間とかも好きではないし、アトラクションにはあまり乗りません。ディズニーシーの方の、シンドバッドとアリエルのショーだけ、歌が気に入ったので、何度も利用しました。私は、『公園』として楽しむのが好きです。入場料が高いのがたまに傷ですが、本当によく出来ている公園です。パレードが通りすぎ、誰もが楽しんでいる姿を見ると、なるほど、テーマパークというのは、テーマとパークの両方が優れていないといけないものだな、といつも気付かされます。余談ですが、三脚は使えませんが、夜景もまた特筆ものです。ディズニーランドに行くと、たまにシンデレラ城の周りにかかっているいくつかの橋を渡るたび、城周辺の池を眺めたりします。実は、ディズニーファンの方ならご存知でしょうけど、城の周辺には、城と池がよく見える橋がいくつもあって、ベンチも用意されています。とても大事なお土産を、そこで置き忘れしてしまったことがありますが、「インフォメーションセンター」などディズニーランドのスタッフの皆さんが、見つけてくれたことがあります。あのときの皆さんの親切さが忘れられず、さらに気に入りの場所となりました。神社の中の池の前で、あの場所を思い描いてみても、『古池や蛙飛びこむ水の音』が成立しました。子供の頃、蛙が実は王子だったという絵本を読んだからでしょうか。

 

 

↑今書いている原稿の草稿です(・∀・)ノ

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (179)

106 Replies to “日本語の「書く」は「描く」なり”

  1. 情景が浮かんでこない詩など、つまらないです。などと挑発的な事を書いて逃げ去ろう。

    桜花 一夜に咲いて 夢を見せ 一夜に散りて 悲しからずや
     
    (「ёωё)「┌┛” クィクィ♪作 

    1. カエルの句
      え~~と、
      「でぶガエル 逃げるな ウリは 腹ペコだ」
      でしたっけ?

  2. >はせをさんへ
    >南千住の素盞雄神社は都心から行くと千住大橋のほぼ左手の袂にありますね。
    大橋の向こうは旧日光街道の第一の宿場千住で、現在の北千住です。

    千住大橋といえば
    江戸時代の画家でゴッホも
    惚れ込んだ 歌川広重が
    千住大橋という浮世絵を描いています。
    葛飾北斎も富岳三十六景シリーズで
    二作千住を描いてますので(武州千住)

    江戸時代の千住がどんなだったのか?
    松尾芭蕉の見た千住の世界がみられますので、よかったらぐぐって見てください。
    千住大橋を荒川区と足立区がはさんでいます。

  3. 漢字は絵ですから書くは絵書くです。池のチョンチョンチョンは禁止ワード3連発ではなく、カエルの飛び込む様のようにも見えてきます。芭蕉は草が二つで最近の人は笑っている人と漢字るようです。困ったことです。

  4. めったにコメントしないのですが、今回は味わい深いエッセーに惹かれて、、、

    南千住の素盞雄神社は都心から行くと千住大橋のほぼ左手の袂にありますね。
    大橋の向こうは旧日光街道の第一の宿場千住で、現在の北千住です。こっちが千住という場所の中心だった訳です。千住が芭蕉と関わりを持つのは、ここが誰でも知っている『奥の細道の』出発地だからです。「古池や、、、」の句とは関係がありません。

    『奥の細道』冒頭の第一段に、芭蕉が隅田川沿いの庵をたたんで、船で隅田川を遡り、奥州に旅立った日の朝のことが書かれています。

    「月日は百代の過客にして、、、 、、、
      草の戸も住み替わる代ぞひなの家」とあり、
    続く第二段に、
    「弥生も末の七日、、、。千じゆと云所にて船を上がれば、前途三千里のおもひ胸に塞がりて、幻のちまたに離別の泪をそゝく。
      行春や鳥啼き魚の目は泪
     是を矢立の初めとして、行道なをすゝまず。人々は途中に立ならびて、後かげのみゆる迄はと見送るなるべし。」
    とあります。
    千住は芭蕉が人々との今生の別れを覚悟しつつ北へ旅立って行った、その記念の地です。
    ぜひ『奥の細道』を読んでみてください。

    因みに千住大橋を渡って、旧日光街道の千住の宿(しゅく)に入り、そのまま旧街道をずんずん進んでいくと、今は単に荒川と呼ばれているかつての荒川放水路が旧街道を断ち切っています。その右手前の所にある名倉医院のある場所で、森鴎外の父が明治時代に医院を営んでいて、鴎外も一時在住していたので縁があります。

  5. >ぞな(Xona)さんへ
    2020年3月22日
    >南千住にある素盞雄神社に

    >物知りの友人に「みなみ ちすみってどこ?」と尋ねたら、しばらく考えてから「たぶん 東京やろ」と教えてくれました。

    それは別に東京都に限りません

    仕事で上司に
    「ひろまえ市の件ですが」
    と、言ったら、間があり、
    「弘前市ひろさきしと読むんだよ。それは」といわれました。
    地名の読みは難しいけど、
    日本全国で知名度の高いものを
    読めないとお住まいに関係なく
    社会で確実にばかにされます。

    ええ、私は漢字が苦手でばかにされています。
    千住せんじゅを知らないといえば、
    都民以外でも、あまり本を
    読まない人かと周囲から容赦なく笑われます。
    そして有名じゃない地名を知ってたら
    尊敬されます。地理の知識と漢字の知識があるわけです。

    文字入力のバイトで、(千葉の人)明治大学の人が都内の会社で
    都内路線図の仕事で、すいてんぐう、ばくろうちょう、かやばちょう、たかだのばば等、あまりにも漢字が読めなさ過ぎて、「明治大学はあの程度で入れるんだ」と、
    影でばかにされてました。

    世間の評価はきついので、
    有名な地名が読めない話(知らない)は、会社ではしない方が
    いいですよ

    1. 関西は歴史があるだけ難読地名が多いですよね
      放出(ハナテン)
      枚方(ヒラカタ)
      北海道もアイヌ語由来などがありますし
      虻田(アブタ)
      椴法華(トドホッケ)
      寿都(スッツ)

      笑い話に高学歴が自慢の嫁が
      小豆島が読めずにコマメシマと読んで姑に???されたとか
      素直に読めないなら調べるんですよね
      取引先の住所読めなきゃ恥ですし

        1. 姑さんに「二十四の瞳は読まれたんですよね?」と言われたとか
          読めない地名は多いですけどね
          トリビア
          関東では「谷」は鶯谷(ウグイスダニ)いがいは(ヤ)と呼ぶ事が多い。谷地頭(ヤチガシラ)読めます?
          関西では(タニ)と呼ぶことが多いようです
          無駄話m(_ _;)m

    2. ちなみに南千住の何が有名かというと
      吉原と処刑場
      江戸の暗部として有名。
      森鴎外は千住にすんでいて
      「鴎外」という号は、現隅田川の白髭橋付近にあった「鴎の渡しの外」
      と、そこから名前をつけました。
      その時代はまだ遊女の街のイメージがありました。

      戦後は闇市、どや街、
      復員兵、在日朝鮮人、戦災孤児の浮浪児
      が多く住むイメージで、色々な
      小説、お芝居、マンガに登場します。
      あしたのジョーもそこが舞台。山谷のドヤ街と涙橋
      足立区はそんなマイナスのイメージを
      消そうと必死ですが

      1. いってるそばから
        漢字間違い!
        涙橋→泪橋

        あの辺は、日雇い労働者のキチン宿を
        外国人観光客の安宿に代えて
        イメージチェンジしているそうな
        それでも今でもホームレスが多く
        河川敷に住んでいる。
        外国人は街の過去は知らないからね
        (江戸の町はずれの貧民街としてたくさんの文学のモデルとなった過去)

        1. 都築道夫の なめくじ長屋 シリーズが好きです
          岡本綺堂の半七捕物帳や怪奇物も好きですが
          趣味語りでm(_ _;)m

      2. 私が子供の頃は、お化け煙突が有名でしたね。
        電車の窓に張り付いて、3本、2本、4本と騒いでいましたっけ。
        だから都内だけでなく、関東の近辺の小学生も読めたかな?
        取り壊した時もニュースになりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。