「このままだと国中が両班だらけになる」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

18世紀、朝鮮の貴族階級である両班(ヤンバン)が、『さまざまな理由で』増加しました。偽物でも、お金で両班の地位を買う、または両班のふりをする人たちが増えたからです。

朝鮮は賄賂に弱く、文書で民を管理できる国ではなかったため、両班の増加を止める術がありませんでした。朝鮮の儒学者丁若鏞(チョン・ヤギョン)は、当時の身分制度の崩壊を、『身布議』という文書にこう書き残しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・両班にならないと、軍布免除にならないから(※無償で兵役免除にならないから)、とにかく民は誰もが両班になりたくて仕方がない。地方の士族名簿に名前を書いてもらっては両班だと言うし、偽物の家系図で両班だと言うし、故郷からわざと遠いところに行っては両班のふりをするし、文官志望生徒の巾をかぶって官吏登用試験場に入るとその時から両班だ。こんな風潮が隠密に溢れ、年々増え月々増えている。このままじゃ、国中が両班だけになってしまうのだろう・・>。

兵役だけではなかったでしょう。人をお金で売買する最悪の身分制が存在した朝鮮の支配階級、両班の自業自得という側面もあります。朝鮮末期には、お金さえあれば両班階級を買うのも容易くなり、結局、身分制の崩壊、社会そのものの崩壊を招きました。

 

最近、本の原稿の草案という意味も込めて、言語においての『敬』の意味をエントリーしたことがあります。事物尊称、イエス尊待法、『私が誰かにタメ口をきくのは、誰かが私に尊敬語を使うのとおなじだ』とする考え、などなどです。

日本語の敬語は、優しさです。主従ではありません。

韓国語では、そういう側面は崩壊してしまいました。私は、最近のそういう韓国の敬語システムの崩壊が、朝鮮後期から続いた『このままでは国中が両班になる』という現象と同じ根を持つと見ています。前に、「韓国語の敬語システムは、もはや新しい身分制度だ」とする趣旨の文を紹介したことがありますが・・それも同じ問題を指摘したもの、と言えるでしょう。

言(こと)は事(こと)なり。言語が敬を運ぶとき、すべての事に敬がとどきます。

 

 

そういう本を書いています。五月には発売できそうです(・∀・)ノ

チョン・ヤギョン「宣伝だったんかい!」

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (158)

131 Replies to “「このままだと国中が両班だらけになる」”

  1. 経済発展した韓国だが、今の韓国人は常民の生活感覚で両班のように暮らしているのだとか。つまり身なりは立派だが、マナーも教養もない田夫野人だということになる。まあ、当たらずとも遠からずか。韓国の友人は両班の宗家なのだそうだが、彼からすればそう映るらしい。

    1. >両班の宗家

      普通の両班とはどう違うのですか?
      両班にも、「宗家」とか「本家」とかあるのですか?
      まるで地元の名産品だな。

  2. 匿名 2020年3月22日 10:18
    >しかし国家の制度としての身分制度を廃止したのは朝鮮総督府なんですね。

    つまり朝鮮国民全員から「(金さえあれば)晴れて両班になれる権利」を奪ったということか。そりゃ恨まれるだろうなあ・・。

  3. 既に(南側では)溢れていると思う。
    「人権」とか「平和」とか「被害者」とか武器が一杯手に入ったからね。

  4. 江戸時代の日本では士農工商で身分が固定化されているように言われているが
    実際は、けっこう流動性があってな
    農民や商人が金を稼いで武士身分を買うってこともけっこうあった
    有名な坂本龍馬も、彼の祖父の代に土佐藩に金を払って士分の身分を買ったものだった
    こんな感じで金を払えば武士階級ももらえていたが、確か200両くらい支払う必要があったのではなかったかな
    当時の庶民の平均年収が5-6両くらいだから
    年収の三十倍から四十倍くらいか
    いまの日本人の感覚で言えば一億五千万から二億円だ
    決して安くはなかったがな

    そうかと言えば、逆もけっこうあり
    武士階級のものが、商人や農民になる事もけっこうあり
    案外、その方が安心して生活出来たりした
    江戸時代も中期以降になると、武士階級の数が増えて、武士の生活も楽ではなかったからな
    最下層の武士は年間三両程度の俸禄しかなく、上記の通り、給料では庶民の平均よりずっと少なかった
    まあ、一応、住むところは保証されていたから、生活はそれほど苦しくはなかったようだが
    まあ、そんなわけで、下級武士の多くが内職して何とか生計を建てていたのが現状だった

    って、知識の自慢話みたいになったな
    要するに、こんな状況でも日本は案外、上手くやっていたのだな
    庶民は下級騎士をサンピン侍とか言って馬鹿にしたりしていたが
    名字帯刀が許される武士階級に憧れて、何とかなりたいと思ったりしていたようだし

  5. 「AI」という映画を見た時、子供のロボットの悲しさがとても伝わり涙しました。でもロボットだから永遠に生きて、最後人類が滅びた社会にたたずむ姿…。なんか未来は怖いと思いました。

    1. まあ、未来のユートピアではなく、ディストピアを描くのがSFですから。小説でも、映画でも、アニメでも。
      「このままだと、こうなっちゃうよ」という警告です。

      現実世界のマコーレー・カルキンも、大人になるにつれて早婚、離婚、薬物中毒と波乱万丈の人生を経て、今ではやっと静かに落ち着いたみたいですね。人類が滅びた地球の情景のように。

  6. 刊行順に読んで言って、先ほどシンシアリーさんの5冊目を読了。たまに主語述語がはっきりしない??の引用文。写し間違い、翻訳ミスなのか、それとも原文が変なのか。文脈で大枠はわかるが。
    私自身本業が書籍編集者なので、著作の書名や帯のキャッチコピーのあざとさが気になる。無名の著者を売り込むのだからまあ仕方がない。シンシアリーさんも本意ではなかったろう。もちろん私が扶桑社の担当だったら、同じようなタイトル他を押し付け、見出しもできるだけ扇情的しただろうし。
    その後の著書からはだいぶあざとさは消えた。売れる著者として実績を作り、またテーマ如何にかかわらず、良い書き手として認知された。おめでとうございます。
    何か書きたくなって扶桑社から蹴られたら、ぜひお声をおかけください。(商売、商売)
    ここのブログでも荒れることなく、とろいやさんなど「教養」「徳」を備えた人たちが集まっている。(教養っても知識豊富なんて意味じゃありませんよ、もちろん)
    司馬遼太郎さんじゃないが、これはシンシアリーさんの人格、徳の大きさによるものかと思っています。
    以上、読書感想文でした。

    1. 感想文追加。
      私安倍さん嫌いです。毅然として韓国に対していると思われているかもしれませんが、自民党3代目坊ちゃんとしてしぶしぶ従っているだけ。「払やあいんだろ、謝ればいんだろ。ああ、めんどくせ」くらいに思っているでしょうね。加計やら裁判官やら、総理大臣とも思えないヤジとか桜会とか。国内、身辺ではそんな安倍さんですが、さすがに憲法違反はできません。
      何がって?
      1)慰安婦へ国家賠償
      2)天皇による謝罪
      3)竹島の放棄
      どれも憲法違反です。1)は条約の無効化(簡単なのは一方的破棄)、これを独断で行うことはできません。1円でも国家予算の中から払ったら(つまり税金から)違法行為になります。
      2)そんな助言と承認は不可能に近い。天皇自身だってそんな政治行為はできません。
      3)も安倍さんは多分「面倒だからあげちゃったら」くらいでしょうが、主権国家として無理です。
      最後に徴用工が出てきました。民間在外資産の接収が行われたら、どう対処するつもりでしょうか。
      それから戦後70年の安倍談話、前文、言われてみればよくできてますね。でも当時日本人は特に注目も感動もしませんでした。ほぼ「常識」に近い内容でしたから。(もちろん異論や批判もありましたが)個人的には「アジア、アフリカの人を勇気づけた」は言い過ぎかと。
      読書感想文でした。

        1. 日本人は(と勝手に代表していますが)、行政府の公式声明がどれほどよく練られ修辞が巧みであっても特に評価することは、現在ないでしょう。不信感や忌避感を持っているわけではありません。内容についてどうかと問わればそれぞれの判断を述べることができます。高齢者は先の大戦から、戦後生まれでもその系譜から、さらに左派全盛期間での様々な挫折感。美辞麗句には飽き飽きしてます。今の若者たちがどうかはわかりません。為政者、リーダーの言葉に酔うという幸せはもう訪れないでしょう。それはそれで寂しいことでもあります。

          1. >為政者、リーダーの言葉に酔うという幸せはもう訪れないでしょう。

            それは、単に「戦後の左派全盛期間での様々な挫折を経た挙句に疲れた老人の繰り言」だと思います。メディアとネットコミュニケーションの能力はそんなヤワなものでなく、まだまだ恐ろしい牙を秘めているのでは?
            また、日本人も、韓国人に比べれば多少は理性的・客観的ではあるものの、「もう二度と訪れない」ほど違っているとは思えない。しょせんは人間です。

          2. 八木淳一さん

            お言葉でありますが、今の日本人も政府の言葉をそのまま信じこみ、政府の発表を擁護する人がとても多いですよ。

            日本人は政府の世論操作で、新型コロナウィルスはインフルエンザや風邪程度で、たいして怖くないと刷り込まれてしまっています。
            海外のニュースは流さないようにしているので、新型ウイルスの怖さに付いて危機感がありません。

            これは政府の公式声明が言葉が巧みであり、それをそのまま信じ込んでいるということでしょう。あまり昔と変わっていなのではないでしょうか。

            先の大戦での大本営の嘘の発表、戦後の左派全盛時には共産主義などに、輝かしい未来を感じていた人もいたでしょう。
            今でも政府の発表を鵜呑みにしてる人がとても多いです。

  7. 日本では階級が固定され、どうやっても下級国民は上級国民にはなれない。下克上を恐れて中流を潰し、刀狩で武装解除する・・・。
    日本はある意味李氏朝鮮から学んでるのかもしれませんね。

    1. 中流層の厚さが日本の近代化の礎であり今日の安定の基礎でもあるんですけどね
      アナタが「下流」なのはアナタ自身が怠け者だからですよ
      人のせいにするのはアナタ自身が李氏朝鮮の末裔だからでしょう

  8. 韓国に
    同じ名字が馬鹿みたいに多い理由ですから雪花菜
    当然、文化の継承も……

    ( ̄▽ ̄;)はて、両班の文化ってなんだたっけ?
    猫車?働かない事?染めの無い衣服?
    別にどうでも良い事の様な気がしてきた

  9. マルクス主義では「未開社会(原始共産制)」→「古代奴隷制」→「封建制」→「資本主義」→「社会主義」と言う構図で進化すると説明して居ます。
    でも「古代奴隷制」と「封建制」との間に「無政府時代」と言うモノが結構至る所で見られました。
    ローマ帝国が崩壊してから未開野蛮時代が数百年続き、ようやく封建制が確立する。日本には奴隷制らしい奴隷制は無かった感じですが、封建制確立前には無政府時代があったように思います。
    韓国は李氏朝鮮時代が自力で崩壊して、その次に自力で無政府時代に入り、そこから先に封建制を築かなくてはならなかった。その奴隷制崩壊の過程が成り済まし両班だったのでは無いか?

    1. 日本での奴隷制は確認できる限りでは卑弥呼の時代の「生口」でしょうか。その後も奴隷的境遇は存在していたでしょうが(「貧窮問答歌」参照)、法制としては見当たりません。江戸時代に非人がありましたが、差別ではあれ奴隷とは言い難い。
      私は結果としての奴隷状態・境遇と、制度的奴隷を峻別する立場をとっています。

      >そこから先に封建制を築かなくてはならなかった。
      そうした発想も動きもなかったと思います。
      >その奴隷制崩壊の過程が成り済まし両班だったのでは無いか?
      どうなんでしょうか。実質的には変わらなかったのでは。生産者階級の大半が支配(搾取)階級になって「生産をやめてしまえば」、すぐに国は崩壊するからです。成り済まし両班はあくまで「名分」的であったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。