読売「文政権のコロナ対策は選挙用」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「ああ、これついに言われちゃったか」と思う内容の記事があったので、紹介します(原稿の追い込みが済んだら本ブログでも同じ内容を書こうとしていましたが)。

<日本の読売新聞が22日、文在寅政府のコロナ19対応は「国民を惑わす選挙宣伝」と主張するコラムを掲載して論議が予想される・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・読売は、まず文大統領が先月13日、経済界の懇談会で「コロナ19は、間もなく終息する」と発言したことを問題視した。新聞は「文大統領の発言の前日には、保健福祉部次官が『集団的イベントをキャンセルしたり、延期する必要はない』と発言した」、「この時を警戒を緩めなかったなら、感染者の爆発的な増加を防ぐことができたかもしれない」と指摘した。

また「この失敗は、単なる楽観というより、総選挙が4月15日に迫ってきた焦りがもたらしたもの」、「総選挙まで消費が冷え込むと与党に不利だと考え、慌てて行った発言だ」と主張した。続いて「危機管理局面では、政府の最高指導者が自ら政府の信頼を失墜させてしまった」と指摘した。

 

読売は、日本政府の韓国に対する入国制限措置に対し、韓国政府が日本に同様の措置をとったことも、「防疫ではなく、日本への強硬策を好む世論を考慮した選挙対策だ」と主張した。新聞はまた、総選挙前に習近平中国国家主席の訪韓を実現して外交成果を上げようとしたシナリオを断念したくなかったのだろう」という韓国政府関係者の発言を紹介しながら、韓国が中国に入国制限措置をしていないのもそういうことだとした。

・・(※読売新聞は)「文政権は総選挙の勝利が最優先であり、臨機応変に、国民を接する」としながら、 「韓国はコロナ防疫の模範」という文大統領の発言についても、「選挙用」と評価下げし、ウイルスと呼ばれる目に見えない敵と戦う国民には「ノイズに過ぎない」と批判した。>

https://news.v.daum.net/v/20200322190852141

 

これは文政権だけでなく、マスコミも全般的に同じです。「安倍はオリンピックを延期しろ」という記事は多いけど、「文在寅は選挙を延期しろ」という記事はありません。それは何故か?溢れている『韓国エライ!韓国防疫世界一!』記事が、「総選挙が延期されては意味が半減する」という裏の顔をもっているからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5