韓国ネットでもっともヘイト・コメントの対象にされる外国人は、朝鮮族。次が日本人

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の「外国人嫌悪」が、中国人と日本人に集中している、というニュースがありました。米国人に対しては、例えば米国人男性が韓国人女性を乱暴する事件などがあっても、「被害者のほうが悪い」としながら米国人を擁護する流れもある、とのことです。

5年間の「外国人犯罪」関連記事の中の、ニュース記事へのコメントを分析した結果、記事1件あたりの『否定的コメント(嫌悪と分類されるコメント)』の数は以下のようでした。日本で言う2chみたいな場所でのコメントではなく、ネイバーやダウムなど、大手ポータルサイトの記事のコメントのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

 

<コメントの嫌悪レベルも違った。朝鮮族関連の記事コメントは 「XX、すべて追放しろ」、「ゴミのような中国のXが韓国で偉そうに。死刑しろ」、「Xは追い出しなければならない。教化もできないゴミである。XXもう受け入れるな」など露骨な嫌悪があふれた。

日本人関連の記事のコメントも嫌悪一色だった。日本人の犯罪記事には、「サル」、「チョクXX」、「倭奴」などの特定の単語が高い頻度で使用された。 「XXは XXが狂ってる」、「やはり猿たちが住む国らしい」、「アダルト動画先進国、盗撮天国らしい。全員死刑しろ」などのコメントが主を成した。

一方、アメリカ人関連の記事には、コメントの傾向が異なっれた。国、人種の全体的な嫌悪よりも個人的な行動だとする非難が多かった。特に性犯罪などの記事には、「ゴッドヤンナム(※欧米人の男は神という意味)がそんなはずない」「豚女の妄想だろ」のように、むしろ被害者である女性を嫌悪する場合も多かった。

韓国滞在の割合が高い、ベトナム、タイ、ウズベキスタン関連コメントでは、嫌悪と軽蔑が溢れた。「国レベルがその有様だから」、「韓国から片付けるべき虫」などが続いた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200323060354873

 

朝鮮族とは、朝鮮民族系の中国人のことです。韓国では中国人と区別して記事になることが多いのが特徴です。また、外国人犯罪関連記事といっても、個人的に、日本人による犯罪記事は見た記憶が無いので、日本内の犯罪の紹介記事、または歴史問題関連のものでしょう。また、コメント数が、記事によっては数千~一万以上も付くことがよくあるので、これはかなり『絞った』数だと思われます。これらは、記事に明記されていません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5