韓国選挙管理委員会「総選挙延期は事実上、不可能」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ついに安倍総理も東京オリンピックのことで「完全な形で出来ないなら延期も容認する」と話すなど、延期が可視化されてきました。韓国側のマスコミも、「延期」と「中止(キャンセル)」のニュアンスを曖昧な形て使いながら、大きく報道しています。

しかし、いざ来月の総選挙延期に関する記事はありません。議論すらありません。これはいったいどういうことなのか。しかも、選挙管理委員会は「延期など事実上不可能だ」と話したことも明らかになりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

3月14日の記事ですが、ニューシースの記事から部分引用します。

<・・世界保健機関(WHO)がコロナ19をパンデミックに指定しただけに、総選挙を延期しなければならないという主張もある。しかし、中央選挙管理委員会は、「韓国戦争の時も総選挙は行った」としながら、延期は難しいという立場だ。

公職選挙法196条1項は、「天災など、やむを得ない事由により選挙を実施できない、または実施できなかった場合、大統領選挙と総選挙を大統領が延期しなければならない」と規定している。ただし、延期の時点と総選挙延期の際に発生する立法府の空白問題は、別の問題を引き起こす可能性もある。むしろ、より大きな混乱を生むこともあるという現実的な懸念も出ている。

 

選管関係者は、ニューシースとの通話で「総選挙延期は、大統領の権限であるため、検討したり、別途意見を出したことがない」とし「韓国戦争や新型インフルエンザなどの事態でも、予定されていた選挙を延期したことはない」と述べた。

政府の公式立場も、総選挙延期は不可能だというものだ。チョン・セギュン総理はすでに先月、記者懇談会で「今まで総選挙を延期したことがない」とし「立法府不在の状態を作るわけにはいかないから」と否定的な立場を明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20200314053959968

 

韓国はエライ日本よりエライ(ドラえもんの歌)~としたことで、文在寅大統領の支持率は49.3%まで回復しました。文政府としては、このまま総選挙まで突っ走るのが得策だと考えているのでしょう。野党としては、今のテグの反政府的な感情を力にしたいと思っています。

だから、結局は、どこからも総選挙延期の話は出てきません。「ウリ」に不利だと思っているからです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (136)

29 Replies to “韓国選挙管理委員会「総選挙延期は事実上、不可能」”

  1. 選挙が出来る事は、韓国がコロナウイルスに勝ったという事ニダ。
    左右どっちもやりたきゃ、やれば良い。
    こっちは、選挙や選挙活動で、感染拡大するのを見るという、楽しみが出来るのでウィンウィンかな。

  2. 選挙をしないわけにはいかないでしょう。
    投票所ではどうやって感染を防止するかが大きな課題ですね。

  3. やりたけりゃ、やらせてやれよ。
    その結果で。別に韓国以外の世界がどうこうなる訳じゃなし。
    しょせんは小国の酋長選挙だ。

  4. ウェブ選挙演説、オンライン投票で凌げるかな?
    選挙カーや駅前の選挙演説のない選挙なら、少しうらやましいかも…。

  5. >「韓国戦争の時も総選挙は行った」

    おおーすごい。ソウルが落ちても総選挙したんだ。

    どれどれ、第2代総選挙は1950年5月30日。
    次の第3代総選挙は1954年5月20日。
    朝鮮戦争は1950年6月25日~1953年7月27日。

    (`Д´)ノ 裁判長意義あり!行っていません!

    1. 総選挙でなく、李承晩の大統領選は1952年の8月5日。
      朝鮮戦争が膠着化で停戦をトルーマンが声明を出したのが
      1951年3月24日、マッカーサー解任が4月11日。
      同7月10日から停戦会議で53年の7月27日に休戦協定の締結。
      膠着状態だから大統領選ができたのですね。

      ちなみに李承晩ラインが1952年1月18日。
      米の支持を得た人物だったのだけど、後方でろくなことしてない感じ。一部の評価がなんであんなに高いのか不思議ですね。

  6. 1,コロナウイルスに果敢に立ち向かった英雄の悲惨な”〇”
    2,選挙直前のG20との通貨スワップ署名”〇”記事
    3,韓国版五毛党大量採用による”〇”いしょ記事。支持率の漠あげ有
    4,電子投票の”〇”カサマ
    5,ヘリコプターマネー
    ですか。
    後先など考えちゃいません

  7.  日本では、3月19日に行われた「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」が記者会見を行い
    ・h ttps://www.youtube.com/watch?v=Ldc–rAw9sI
    (※ 分かりにくい)
     これを受けて、次の日に安倍首相が会見を行ったのだが、大規模イベントの開催は、主催者において慎重に検討して欲しいという趣旨で、視聴者には受け止められた。

     3月19日の専門家会議の記者会見では、「3つの条件が同時に重なる場」を避けると言っているのだが、この3つの条件については、3月9日の専門家会議の方で出ている。

    —————————————
    これまで集団感染が確認された場に共通するのは、①換気の悪い密閉空間であった、②多くの人が密集していた、③近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われたという 3 つの条件が同時に重なった場です。
    —————————————
    引用元:新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 「新型コロナウイルス感染症対策の見解」(2020年3月9日)
    ・h ttps://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000606000.pdf—————————————
    したがって、我々としては、「3つの条件が同時に重なる場」を避けるための取組を、地域特性なども踏まえながら、これまで以上に、より国民の皆様に徹底していただくことにより、多くの犠牲の上に成り立つロックダウンのような事後的な劇薬ではない「日本型の感染症対策」を模索していく必要があると考えています。
    —————————————
    引用元:新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年3月19日)
    ・h ttps://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf

     したがって、いまの我々が最も警戒しなくてはいけないのは、
    ①換気の悪い密閉空間
    ②多くの人が密集
    ③近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声
    なのであろう。

     埼玉県で行われたK1グランプリは、上の条件に該当すると思われる。したがって、イベントを中止し、政府や自治体が経済的損失に対して支援策を行うというのが正解だろうと私は思う。

    —————————————
    北海道以外の新規感染者数は、日ごとの差はあるものの、都市部を中心に漸増しており、3月 10 日以降、新規感染者数の報告が 50 例を超える日も続いています。また、高齢者福祉施設で集団感染が発生する事例があります。このことは、既に一定の地域では感染
    が広がりつつあり、高齢者など感染に弱い立場の方々に症状が現れてしまったことを意味しています。
    —————————————
    引用元:新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年3月19日)
    ・h ttps://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf

     本州の人達は、今回の経緯で警戒が緩んでしまったのではないか?
     3月19日の専門家会議でも、“ここで警戒を緩めるとこれまで感染爆発が起きてこれまで抑え込んできた努力が水泡に帰する” という意見と、“経済活動を徐々に再開していくべき” という意見の両方があったと記者会見で述べている。
     ここで警戒を緩めるのは危険だと、私も思う。

    ①換気の悪い密閉空間
    ②多くの人が密集
    ③近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声
    という状況にならないようにすることが大事だと思う。
     なので、下のような事例は危険があり、厳重な注意が必要だろうと思う。
    ・選挙の集会
    ・スポーツ観戦
    ・マスクを買うための行列
    ・病院内の待合室

  8. >公職選挙法196条1項は、「天災など、やむを得ない事由により選挙を実施できない、または実施できなかった場合、大統領選挙と総選挙を大統領が延期しなければならない」

    (1)コロナで選挙が実施できない場合
    (2)大統領は総選挙を延期しなさい。
    実施できません!は選管が決めることです。
    選管が決めたら、そのあとで大統領がいついつに延期しますと決めます。そう読めますが。
    そう読めます。

  9. 選挙をやったとして、現状では当然ですけどコロナが収束してもないのに「保守層大規模デモ」で再度地方も含めてパンデミックまでありますかね?
    まぁ、ムン派としてはメディアが勝手に持ち上げて支持率が上がるので、これほど楽な選挙はありませんね。選挙に当選した議員は「コロナと経済破綻の尻拭い」をどうするか、考えないといけないね。勿論、文在寅が一人I’can Fiy!!しても何もならない程にはなると思いますね。

  10. >韓国はエライ日本よりエライ

    ちなみに関西では「エライ」は「しんどい」の意味となります

    しんどい
    1.骨が折れる。難儀だ
    2.何もしたくないほど)くたびれている

    ( ̄∀ ̄)まぁ、がんばれ(棒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。