続く雑談

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

よく「日本の神道には悪魔が存在しない」という話を聞きます。私は、「神道には悪魔が存在しない」ではなく、「日本的に考えると、『神に悪魔などいない』」の方がもっと適切だと思っています。なにせ、カミという存在は、「絶対」という言葉とは相性がよくありません。唯一神宗教でいう絶対善である神様(GOD)とは違い、その御使いである天使とも違うので、それらの反対概念である絶対悪・悪魔とも違います。人の立場によって良い・悪いの評価が分かれる神はいるかもしれませんが、絶対善も絶対悪も存在しない、日本ではそういう世界観が一般的です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

元キリスト教徒だった経験から見ても、そもそも悪魔というものが日本に付け入る余地はありません。なぜなら、日本では『堕落』が基本的に自己責任だからです。

ここでいう『堕落』とは何か。キリスト教的に「悪魔」たる存在の意味は、人々が神様以外のものを求めるようにする、または神の存在を否定するように策を仕掛ける、『人が、神の救援を得ることが出来ないようにする』すなわち聖書的な意味で『堕落』させる、そんな存在を意味します。彼らは悪そのものであるため、懺悔しない、自分の罪を反省しない存在で、赦す必要すら無いとされています。

 

聖書によると、イエスは、自分自身が逮捕されて殺されるだろうという予言を、弟子たちに話したことがあります。それはイエスにとっても本当に嫌な出来事ですが、それは神様の意を実現するために必要なことでもありました。罪のないイエスが、世界中の人々の罪を背負って代わりに死に、そしてそれを赦さないと、『イエスを信じることで、人々は自分自身の罪から赦しを得る』というキリスト教の核心教義である「救世主(キリスト)としてのイエス」が成立しなくなるのです。その予言を聞いたペテロが、「そんなことさせませんよ!」と話し、イエスが処刑されることを絶対に阻止すると断言します。すると、イエスがペテロにこう言います。『悪魔よ、消えろ!』。

 

自分の師を守ろうとするペテロの行動は、何も悪いものではありません。イエスからしても、自分を守ってくれる優しい言葉のように聞こえるけど、もっと広い視野で見ると、その行動がむしろ神の意を邪魔することでしかありません。そんな言葉に甘やかされると、堕落するしかないから、ペテロの言葉を「悪魔」と言ったのです。聖書で言う悪魔という存在の仕事は、こういうものです。すなわち、悪魔というのは、単に人が悪いことをするように仕向けるだけではありません。人を大金持ちにすることで神への信仰を失うようにするのも、悪魔的には「あるある」です。

 

でも、日本の神道的には、特定の神を信じないと天国に行けないとか救援されなくなるとか、そういう決まり事もないし、善と悪に両分され組織的に睨み合っている世界観でもないし、神と人の関係を邪魔しようとする勢力も存在しません。もしキリスト教の悪魔さんたちが日本に来たとしても、どっかで遊んで帰る以外にやることはないでしょう。もし、ノルマ達成に追い込まれた悪魔がいて、日本で「いいか、もう神を信じるなよ」という条件で誰かを大金持ちにしたり、濡れ衣を着せられ襲われそうになった人を「私が相手だ!」と守りきったなら、その悪魔は、日本ではちょっとした神様扱いになるかもしれません。小さな神社や祠堂なら建つかも。その時点で、その存在は(日本では)神です。悪魔などではありません。

 

個人的にはちょっと微妙でしたが、『神の意志に逆らって都市が水没されても、一人の女の子を救う』内容のアニメ「天気の子」がここまでヒットする国ですから、日本は。その主人公、キリスト教的には悪魔ですけどね。

どこからどこまでが正義で、どこからどこまでが悪で、それは神と関係があるのか無いのか、しかもその中に「絶対に悪いやつ」の存在なんか考えもしない、日本の世界観は、本当に不思議です。ある意味、悪魔にも最小限の敬は向けるべきだとする社会の通念があるのかもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (146)

149 Replies to “続く雑談”

  1. >七誌さんへ
    2020年3月25日
    >一神教ディスって悦に入る、ここの愚かしい日本人のほうがよっぽど私にはあわないねぇ。

    一神教こそが多神教をディスるので
    あって、(向こうから見れば日本は悪魔の国)

    私はキリスト教徒が、日本を
    理解することはできないと思っています。(他の考え方もある)
    理解を示した時点で、おのれの信仰を
    裏切るわけです。
    私の友達にも何人もキリスト教徒はいます。
    その他の宗教の人も。
    でも日本で生まれそだって、自分の意思で洗礼を受けた人達は、
    他の宗教を表だって非難することはしません。
    それどころか一緒に寺や神社に初詣に
    いくし、私も教会に一緒にミサにいくのに付き合ったりします。

    ただし、外国で生まれ育った
    キリスト教の人はそうはいかないのです。片方の親が日本人で、ペルーで生まれ育って、赤ちゃんの時に洗礼を受けさせられて、10歳で日本人の親に連れられて、日本に来たとき、ペルーの親からは、(絶対に他の宗教の水を飲むな)と
    言われてきたけど、日本で暮らすためには、キリスト教を捨てるしかないと
    悩んだそうです。

    キリスト教は決して(他の宗教と折り合いをつけてはいけないとする)ものだそうです。
    同時に子供の頃、神父様に質問をしたら、すごく怒られ、(疑問を持つな、頭から聖書の言葉を信じろ。地獄に落ちるぞ!)と言われていたのが、日本にきて、自由に議論してもいいんだ。
    自分で考えてもいいんだと、子供の頃の疑問が自分の中で膨らんで来て、キリスト教に疑問をもつようになったことと、
    日本のキリスト教とペルーのキリスト教は別物と感じていると。
    自分とは違う、他の考え方もあると、理解を示した時点で、ペルーじゃ地獄いき確定だそうですから。
    なので、多神教と折り合える
    一神教の人達は(踏み絵が踏めるという意味で)本当の意味では一神教ではないと感じています。

  2. 日本の民族宗教とされる神道には悪魔何て概念は存在する必要はない
    何故なら、悪魔という存在は神が絶対正義であって必要な存在だからだ。
    日本の神様の中でもっとも尊いとされる天照大御神も絶対の神ではない
    より上位の存在から、日本の神々の統治を付託されただけだ
    それではその上位の存在は何かとなれば、はっきり言ってわからない
    最初の神々として別天津神と呼ばれる五柱の神が登場するが、神話にも何にも、これらの神々の記載は御名以外は皆無に等しいからな
    要するに日本の神道には絶対の善も悪も存在しなければ、絶対者の支配者など存在しない
    その昔、戦国時代にキリスト教の宣教師たちが、日本で布教活動を行った時
    もちろん信仰に染まる人たちもそれなりの数がいたが
    ほとんどの人たちはキリスト教の考えが受け入れられず。拒否した。
    お前の考えでは、異教徒である我々の先祖は地獄に落ちるということだろう。そんな酷い事が許されるか
    と言って、キリスト教を受け入れることを嫌ったのだ
    キリスト教的な考えは、日本人にはもともと受け入れがたいものだってことだな

  3. 神様って、大きな<エネルギー>みたいなものじゃないかと思ったりします。美しい雄大な自然とか、恐ろしすぎる大災害とか…、圧倒的な<何か>に神を見るというか…。
    だから、日本では極悪非道の大悪党なんかも死後、神様になったり。
    生前あまりにも悪い方に突き抜けていると、それが恐怖とか畏怖とかの感情を呼び起こすので、祀って鎮める…というか。

  4. 人間とは生物としてみればただの動物でしかないわけですが、これらを区別したのは自己を特別なものだと考える特権意識によるものです。
    また、その到達点は一神教であると僕は考えています。
    絶対唯一のGod(神ではない)、そしてその次に完璧な人間、最後に知性を持たない動物たち。
    残念ながら僕にはどうにも合いません。

      1. 今日もどうしてかなーおかしいなあーと延々と言いに来る。うんざり。 より:

        だったら他所へ行った方がいいんじゃねーの?

  5. 日本にも八百万の神様の上にもっと絶対的な神様っているような気がするんですけど
    それには名前も姿かたちもたぶんないですね。
    神様にも人間にも生物にも無機物にも
    上も下もなく善も悪もなく良い悪いもなく
    ただ無限の宇宙に散らばってるんだろうと思います。
    こっちの方が右にあるとか左にあるとか
    ある一点を仮に決めて勝手にそこからの距離を論じてみてもあまり意味のない事。
    日本人は仮に決めた点(宗教)について
    深く考えて自分を縛るのは苦手かもしれません。
    そういう日本では、新型肺炎が流行すると神様にすがるのではなく
    百数十年前の妖怪が自分の姿を描いて皆に見せよと現れたりします。
    アマビエでしたっけ?
    変な国ですよね。

  6. 韓国のキリスト教って欧米のものとはちょっと違う。もちろん日本のものとも違う。そもそもそこから論じないと話が噛み合わない。韓国の宗教社会はムーダンがよく登場するが、ここらへんが肝の部分なんじゃなかろうか。宗教なのか?という印象が昔からあるんだが。知らんけど。

  7. (大学生の時の話ですから20年以上前のことです)
    同じお箸を使う民族でもマイ箸=家族でも共用しないのは日本人だけと習いました。日本人は“穢れ”の文化だというのがその先生の説でした。
    決してどこがよくてどこが悪いという話ではなくて、日本人が当たり前に思っていることが、当たり前でないことのほうが多いように感じています。

    1. 「属人器」で調べると面白いかと。
      家庭により結構違っていたり。
      シンシアリーさんの以前のエントリにもあったと思いますが、韓国は日本の影響を受けていたり。

      1. 博識なシンシアリーさんの事ですし、もう既出かも知れませんが、OZという漫画をご存知でしょうか?
        30年近く前の作品ですが、今回の雑談テーマに沿うものだと思います。今読んでも考えさせられるものがあります。
        有名なSF小説の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』と通じる所もあり、オススメです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。