続く雑談

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

よく「日本の神道には悪魔が存在しない」という話を聞きます。私は、「神道には悪魔が存在しない」ではなく、「日本的に考えると、『神に悪魔などいない』」の方がもっと適切だと思っています。なにせ、カミという存在は、「絶対」という言葉とは相性がよくありません。唯一神宗教でいう絶対善である神様(GOD)とは違い、その御使いである天使とも違うので、それらの反対概念である絶対悪・悪魔とも違います。人の立場によって良い・悪いの評価が分かれる神はいるかもしれませんが、絶対善も絶対悪も存在しない、日本ではそういう世界観が一般的です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

元キリスト教徒だった経験から見ても、そもそも悪魔というものが日本に付け入る余地はありません。なぜなら、日本では『堕落』が基本的に自己責任だからです。

ここでいう『堕落』とは何か。キリスト教的に「悪魔」たる存在の意味は、人々が神様以外のものを求めるようにする、または神の存在を否定するように策を仕掛ける、『人が、神の救援を得ることが出来ないようにする』すなわち聖書的な意味で『堕落』させる、そんな存在を意味します。彼らは悪そのものであるため、懺悔しない、自分の罪を反省しない存在で、赦す必要すら無いとされています。

 

聖書によると、イエスは、自分自身が逮捕されて殺されるだろうという予言を、弟子たちに話したことがあります。それはイエスにとっても本当に嫌な出来事ですが、それは神様の意を実現するために必要なことでもありました。罪のないイエスが、世界中の人々の罪を背負って代わりに死に、そしてそれを赦さないと、『イエスを信じることで、人々は自分自身の罪から赦しを得る』というキリスト教の核心教義である「救世主(キリスト)としてのイエス」が成立しなくなるのです。その予言を聞いたペテロが、「そんなことさせませんよ!」と話し、イエスが処刑されることを絶対に阻止すると断言します。すると、イエスがペテロにこう言います。『悪魔よ、消えろ!』。

 

自分の師を守ろうとするペテロの行動は、何も悪いものではありません。イエスからしても、自分を守ってくれる優しい言葉のように聞こえるけど、もっと広い視野で見ると、その行動がむしろ神の意を邪魔することでしかありません。そんな言葉に甘やかされると、堕落するしかないから、ペテロの言葉を「悪魔」と言ったのです。聖書で言う悪魔という存在の仕事は、こういうものです。すなわち、悪魔というのは、単に人が悪いことをするように仕向けるだけではありません。人を大金持ちにすることで神への信仰を失うようにするのも、悪魔的には「あるある」です。

 

でも、日本の神道的には、特定の神を信じないと天国に行けないとか救援されなくなるとか、そういう決まり事もないし、善と悪に両分され組織的に睨み合っている世界観でもないし、神と人の関係を邪魔しようとする勢力も存在しません。もしキリスト教の悪魔さんたちが日本に来たとしても、どっかで遊んで帰る以外にやることはないでしょう。もし、ノルマ達成に追い込まれた悪魔がいて、日本で「いいか、もう神を信じるなよ」という条件で誰かを大金持ちにしたり、濡れ衣を着せられ襲われそうになった人を「私が相手だ!」と守りきったなら、その悪魔は、日本ではちょっとした神様扱いになるかもしれません。小さな神社や祠堂なら建つかも。その時点で、その存在は(日本では)神です。悪魔などではありません。

 

個人的にはちょっと微妙でしたが、『神の意志に逆らって都市が水没されても、一人の女の子を救う』内容のアニメ「天気の子」がここまでヒットする国ですから、日本は。その主人公、キリスト教的には悪魔ですけどね。

どこからどこまでが正義で、どこからどこまでが悪で、それは神と関係があるのか無いのか、しかもその中に「絶対に悪いやつ」の存在なんか考えもしない、日本の世界観は、本当に不思議です。ある意味、悪魔にも最小限の敬は向けるべきだとする社会の通念があるのかもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (146)

149 Replies to “続く雑談”

  1. 人間の善悪は所詮人間の価値観であって、神の価値観ではないというのが日本的な考え方です。
    人間の価値観に当てはめて人ならざる者(悪魔含む神等)の善悪を決めつけるのは傲慢であり悪のする事。
    一神教を信仰している人には申し訳ないのですが(多神教の)日本人から見たら一神教って実は(一神教のいう)悪魔に騙されて作られた宗教じゃない?って思ってしまうことがあります。

    1. 神と悪魔を誰が線引きしたんだっていう問題ね。

      線引きする人によって逆転する可能性があるからね。

    2. Uさんの語彙からすると、イエスも神の遣わした悪魔と言う事になるね。…何と無く納得。

  2. 日本には悪魔はいないかも知れませんが、鬼とか怨霊とかは居るんですね。ただ絶対悪みたいなものではなく、人間的な弱さとか持ってたりします。

  3. 触らぬ神に祟りなし、これが日本人の宗教観。日本人にとって神とは帰依するものではなく恐れ奉るもの。

  4. 一番の違いはキリスト教の神様は創造神で、日本は氏神というところではないでしょうか。要はご先祖様ですね。だから、数も多く、善悪もなく、並列的なんだと思います。
    例えば、日本の最高神は天照大神ですが善悪をつかさどってはいません。あくまで、日本人全体の祖先として、日本国全体の豊穣と安寧をその直系である皇室を通して願う存在でしょう。
    また、悪魔と祟り神もこの違いで説明がつくと思います。悪魔は、神(善)の意図に反した行いをするものです。だから、それを祀っても良いことなはずがありません。
    しかし、祟り神は(力を持った)怒った神(や霊)だと思います。だから、祟り神は神の意図に背こうだとか、悪いことしようなどと考えていないはずです。あくまで、怒ったら、力の強い霊なので疫病や災害が起こっただけです。なので、その怒りさえ鎮めれば、良い神様になります。菅原道真が典型ですね。つまり、祟り神を祀るのは良いことになるのです。悪魔では考えられないでしょう。

    1. 後、日本人に「善悪(神様の意図のありなし)」がない、発想しづらい、受け入れがたい、嫌いなのは、世界がどのように始まったかという世界観の違いもあると思います。
      自分の浅い理解ですが、キリスト教は、世界(私)があるということは初めに何かあったはずだ。→そうだ世界は無かった。神様だけがあったとしよう。→その神様が意図して世界や人を創った。→だから、人は神様の意図通り生きるべきだ。→神の意図を実行出来れば善で、神の国へ。出来なければ地獄へ行く。という感じに理解しています。
      逆に日本人は、両親がいて子が生まれるという生命の論理(自然)は連綿とつながれてきた。→その両親より前にある始まりは考えない。→生命の始まりはイザナギとイザナミだとしよう。→その生命の論理は人だけでなく、動物、植物、石に至るまで貫かれているんだ。という考え方だと思います。
      で、日本人は、その生命の論理(自然)に誰かの意図のような不純なものが入るのが嫌いです。だから、そもそも神様の意図(善悪)が嫌いなのではと思っています。

  5. 日本人の中には、悪魔(Devil)と邪神(Demon)がごっちゃになっている人が居る。

    サタンは悪魔。キリスト教が勝手に異教の神々を悪魔にしたけど、バアル(ベルゼブブ)などはそもそも邪神であって悪魔ではない。

    悪魔は元々ユダヤ教には存在しなかった。旧約聖書を読めばわかるが、途中からちょっとずつ出現し始めている。
    悪魔が存在しなかった根拠の一つは、創世記に出てくるソドムとゴモラの町。この2つの町は堕落と腐敗で神の怒りを買い、滅ぼされたのだが、そこに悪徳を導く象徴である悪魔が介在している記述が無い。

    日本では、禍津神(まがつかみ)や祟り神が邪神にあたる。

    何かに精神が支配される状態を、狐憑きなど、モノ憑きとして表現されることもある。それは、ケルトの妖精と少し似ている。
    シャーマニズムやアミニズムの名残り。

  6. 日本の神様に悪魔は、居ないけど、悪いことをするとか、したとかいう神様はいるんじゃないかな。人間的な神様も居るし。
    絶対善、絶対悪は、曖昧な日本人に合わないのかも知れません。

  7. 日本国は古代より、八百万の神の国ですニダヨ。

    [ザビエルも困った「キリスト教」の矛盾を突く日本人]
    >自分たちは洗礼を受けて救われるかもしれないけれども、洗礼を受けず死んでしまったご先祖はどうなるのか、やっぱり地獄に落ちているの・・・・・
    当時の日本人はザビエルにこういう質問を投げかけた。

    >元来、キリスト教においては、洗礼を受けてない人は皆地獄ですから、ザビエルもそう答えました。すると日本人が追求するわけです。

    >「あなたの信じている神様というのは、ずいぶん無慈悲だし、無能ではないのか。全能の神というのであれば、私のご先祖様ぐらい救ってくれてもいいではないか」

    ザビエルは困ってしまいまして、本国への手紙に次のように書きました。

    >「日本人は文化水準が高く、よほど立派な宣教師でないと、日本の布教は苦労するであろう」

    みたいな厄介な国なんですヨ・・・日本は。

  8. 日本の紙には荒魂という存在はあります。荒魂は和魂に変換可能です。その技が神道なのかもしれません

  9. 私見ですが、日本の宗教観では、「世界」の頂点にあるものは「世界そのもの」であり、神も人間を含めた生物も「その一部」でしかない。
    故に、日本には一神教のような「全てをしろしめす全知全能の神」、「万物の創造主」というものが存在しない。
    日本人に信仰心がないというのは日本人の「信仰心」が「特定の神」に向けられるものではなく、「世界の全てに対して個別に向けられる」という一見矛盾したものだからだと思っています。

    1. ちなみに、日本のとあるゲーム会社は天使だろうが神だろうが一律に「悪魔」と呼び、どっかの聖四文字をラスボスにしてぶっ殺すゲームを作っていますw

  10. 天気の子、微妙そうだから観なかったんですよね。
    絵は綺麗そうでしたが。

    最近の韓国に呆れ果ててご無沙汰してました。
    あの大統領になんかもう心底うんざりしちゃって(-_-;)
    レナちゃんは見に来てました(^^)

コメントは受け付けていません。