続く雑談

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

よく「日本の神道には悪魔が存在しない」という話を聞きます。私は、「神道には悪魔が存在しない」ではなく、「日本的に考えると、『神に悪魔などいない』」の方がもっと適切だと思っています。なにせ、カミという存在は、「絶対」という言葉とは相性がよくありません。唯一神宗教でいう絶対善である神様(GOD)とは違い、その御使いである天使とも違うので、それらの反対概念である絶対悪・悪魔とも違います。人の立場によって良い・悪いの評価が分かれる神はいるかもしれませんが、絶対善も絶対悪も存在しない、日本ではそういう世界観が一般的です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

元キリスト教徒だった経験から見ても、そもそも悪魔というものが日本に付け入る余地はありません。なぜなら、日本では『堕落』が基本的に自己責任だからです。

ここでいう『堕落』とは何か。キリスト教的に「悪魔」たる存在の意味は、人々が神様以外のものを求めるようにする、または神の存在を否定するように策を仕掛ける、『人が、神の救援を得ることが出来ないようにする』すなわち聖書的な意味で『堕落』させる、そんな存在を意味します。彼らは悪そのものであるため、懺悔しない、自分の罪を反省しない存在で、赦す必要すら無いとされています。

 

聖書によると、イエスは、自分自身が逮捕されて殺されるだろうという予言を、弟子たちに話したことがあります。それはイエスにとっても本当に嫌な出来事ですが、それは神様の意を実現するために必要なことでもありました。罪のないイエスが、世界中の人々の罪を背負って代わりに死に、そしてそれを赦さないと、『イエスを信じることで、人々は自分自身の罪から赦しを得る』というキリスト教の核心教義である「救世主(キリスト)としてのイエス」が成立しなくなるのです。その予言を聞いたペテロが、「そんなことさせませんよ!」と話し、イエスが処刑されることを絶対に阻止すると断言します。すると、イエスがペテロにこう言います。『悪魔よ、消えろ!』。

 

自分の師を守ろうとするペテロの行動は、何も悪いものではありません。イエスからしても、自分を守ってくれる優しい言葉のように聞こえるけど、もっと広い視野で見ると、その行動がむしろ神の意を邪魔することでしかありません。そんな言葉に甘やかされると、堕落するしかないから、ペテロの言葉を「悪魔」と言ったのです。聖書で言う悪魔という存在の仕事は、こういうものです。すなわち、悪魔というのは、単に人が悪いことをするように仕向けるだけではありません。人を大金持ちにすることで神への信仰を失うようにするのも、悪魔的には「あるある」です。

 

でも、日本の神道的には、特定の神を信じないと天国に行けないとか救援されなくなるとか、そういう決まり事もないし、善と悪に両分され組織的に睨み合っている世界観でもないし、神と人の関係を邪魔しようとする勢力も存在しません。もしキリスト教の悪魔さんたちが日本に来たとしても、どっかで遊んで帰る以外にやることはないでしょう。もし、ノルマ達成に追い込まれた悪魔がいて、日本で「いいか、もう神を信じるなよ」という条件で誰かを大金持ちにしたり、濡れ衣を着せられ襲われそうになった人を「私が相手だ!」と守りきったなら、その悪魔は、日本ではちょっとした神様扱いになるかもしれません。小さな神社や祠堂なら建つかも。その時点で、その存在は(日本では)神です。悪魔などではありません。

 

個人的にはちょっと微妙でしたが、『神の意志に逆らって都市が水没されても、一人の女の子を救う』内容のアニメ「天気の子」がここまでヒットする国ですから、日本は。その主人公、キリスト教的には悪魔ですけどね。

どこからどこまでが正義で、どこからどこまでが悪で、それは神と関係があるのか無いのか、しかもその中に「絶対に悪いやつ」の存在なんか考えもしない、日本の世界観は、本当に不思議です。ある意味、悪魔にも最小限の敬は向けるべきだとする社会の通念があるのかもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (146)

149 Replies to “続く雑談”

  1. ちょっと違った考え方をしてみる。
    日本の多神教を無理やり一神教にして考えてみると、
    八百万の神々はそれぞれが唯一神の無意識の状態も含んでの多面性の表現という解釈になるような気がします。
    そこ(日本視点)からキリスト教を解釈すると、こうと望んだ神の姿以外の神を悪魔として否定している宗教に見えてしまう。理想の神以外はいらないって。

    たぶん、一神教と日本は相性悪いです。
    一神教の信仰が日本には完全に理解することが出来ないですね。

  2. そもそも「robot」の語源は「強制労働」らしいが、日本人はロボットとも友達として、すえは悪魔とも共存しようとするんですよ

    > 悪魔にも最小限の敬は向けるべきだとする社会の通念

    なんだか日本人は「最小限」好きですね、、俳句に能の小さ過ぎる面、摺り足、、

  3. 最近気がついたのですが、やった!と叫ぶところで、イエス!と欧米人は叫ぶ。そうだ!でもイエス!まぁカタカナのイエスは和製英語だから違って不思議はないんだけど。イエスノー枕じゃないが、質問への回答がイエスだと思っていた。で何でそんなところで救世主の名前を叫ぶんでしょうね。ものすごく不思議。goodもGodを強調したものですか?ならバッドが悪魔かぁ。神と悪魔で日々二分して暮らしているんですね、彼らは。

    1. カタカナのイエスは和製英語じゃないでしょ。
      イエス・キリストの「イエス」は、ヘブライ語のヨシュア→ラテン語のイエースース→戦国末期のイエスス会(イエズス会)というような伝わり方をしている。
      英語だったらJesus(ジーザス)だから発音はぜんぜん違う。欧米人が英語でYes!とかYeah!とか言った時に神様の名前を呼んだという意識はないと思いますよ。
      また、質問の回答にいつでもYesと答えることはないけれども、日本語で「はい?」と聞き返すのと同様に「Yes?」という言い方をする場合は時々あります。

  4. 日本の世界観はひたすら多様性を尊重するものだと思ってます。白と黒の間の無限のグレーを尊重するのです。残念ながら日本の今の社会は多様性を否定する場面が多くなってしまいましたけど。

    1. >日本の世界観はひたすら多様性を尊重するものだと思ってます。

      それはないんじゃないの?
      多様性の尊重ではなく、両極端でない中庸的な中間的な曖昧な立場の尊重だと思う。

      >残念ながら日本の今の社会は多様性を否定する場面が多くなってしまいました

      それも違うと思う。一昔前(50年くらい前)に比べてみると、ずいぶんと多様性に対して許容される度合いが拡がっている。外国人にも、性的マイノリティにも、性格上の奇異者にも、オタクにも。

      1. 日本人の世界観は、多様性を尊重するではない。

        日本人の世界観は、多様性を尊重する人々を尊重する。ですね。
        日本人は、多様性を尊重する、特ア以外の人々とは共存することができるのですよ。

        もちろん特アとは共存できません、ISISと共存するほうが簡単かもしれないほど。

    2. 日本社会は、私的な多様性を尊重することと社会の安定的存続を両立させるために公的には規範を強いる特徴があります。

      例えば、心の中で「バカ」と言うことには干渉しないが、表立って「バカ」と言うことは許さない。
      例えば、家の中で個人が色々な性嗜好を持つことには干渉しないが、表立っては許さない。
      公的に白であれば、私的にはグレーでも黒でも構わないということです。
      他人に迷惑をかけなければ何をしても自由という単純かつ明解な基準なのです。

      ところが、宗教規範が強い世界(欧米やイスラムや中華)においては、心(私)と表向き(公)の一致を求めるのです。だから、表向きに多様性を「尊重させる」ために心に干渉するのです。
      日本はこれに毒されてきていて、人によってはさくらケーキさんのように(心の中の)多様性を否定されているように感じるのです。

      宗教規範が強い世界の住人は、公私の一致をほとんど無意識に求めるので、日本の表向きの規範を見て心の中でもそうだと思い、ある特定の人の心の中が違うことを見て騙していると思うわけです。
      (世界で最も安定している日本社会を尊重して謙虚に研究すればいいのに、彼らはほんと傲慢なのです。)

      1. >>彼らはほんと傲慢なのです。

        日本人だって傲慢でしょ。
        「外国人に、本当の意味で日本が理解できるわけない。」って態度人多くないですか?
        それじゃあ理解してもらえるはずもないですよね。

  5. 個人的に西洋の所謂悪魔がどんなものかということについては正直わからんなぁ。エクソシスト(決して一人では見ないでくださいというあれ)は観たが、確かに首が180度回転するのは怖かった。

    で、悪魔に焦点を当てるのであればだが、悪魔と一括りにされるものは日本にはない。強いて言えば、祟り神になるかな?これは心底怖い神様だ。例えば、エクソシストに代表されるような悪魔の所業?だが、ネチネチと描かれることが多い。実話をもとにしているそうだが・・・。

    日本の祟り神はネチネチなどはしない。気に入らなければアッと言う間に人の命でもなんでも簡単にもってゆく。祟り神ではなくても神が怒りを露わにすることがあるそうで、そうなったらもう手が付けられないそうだ。
    因みに、日本の神様にやさしい神様は居ない。と俺は思っている。
    しかしながら、日本には、その厳しい神様に愛される御仁がいらっしゃるそうだ。

  6. 豊川稲荷に祭られるダキニ天は それはそれは恐ろしい女神様で信じるものに財福を授けるも、裏切る者は決してお許しにならない。 このあたりは悪魔的。故郷のインドでは悪鬼羅刹の姿ですが、日本にくると白狐に乗って空を飛ぶ天女に変身なされた

  7. ヤハウェは本来イスラエルの部族神
    日本の神も部族神
    原始宗教の神は自然の人格化ですので、その地理的環境によって違いはあれども恵みと災難をもたらします
    その世界観も異民族との争いや侵略がある環境とそうでない日本の環境では違ったものになるでしょう
    異民族の神や異民族は悪魔ですから

    ユダヤ教を異邦人がキリスト教化した神がキリスト教の神なので日本の部族神とは根本的に違います

    >>『イエスを信じることで、人々は自分自身の罪から赦しを得る』というキリスト教の核心教義である「救世主(キリスト)としてのイエス」が成立しなくなるのです
    これはルカ的ないいまわしですよね。キリスト教徒はよく使います
    神を熱心に信仰すればする程、神に背くことになる、と同じですね

    1. >>ユダヤ教を異邦人がキリスト教化した神がキリスト教の神なので //

      イエスも弟子たちもユダヤ人です。
      キリスト教が、ローマ支配下のユダヤ属州で誕生した時点では、彼らは「ユダヤ教」の一派です。

      イエスの死後、伝道の過程で異邦人にも門扉を開いた事で、「キリスト教」になって行ったことは事実ですが、異邦人がキリスト教化したわけではありません。

      まあ、ローマの国教になったことで、世界宗教になって行くのですけどね。

      1. えーっと、そうですね、正確にはキリスト教発生当時にはそのほとんどすべてはユダヤ人であったことは間違いありません。
        その後のキリスト教ですね。

        1. ユダヤで生まれて、ローマ→ヨーロッパで育ったという意味ですね。
          確かに、発生当時は「キリスト教」とは言わないし、「異邦人が育てた」なら同意します。
          ( 誰とでも喧嘩しちゃう ) パウロと行動を共にできるのは、( 人のいいインテリ ) ルカぐらいですしねぇ。

          1. >ヤハウェは本来イスラエルの部族神

            この部族神に日本人とか韓国人が命(魂)をささげると言うのが不思議でならない。

    2. そっと訂正
      ルカ→ミカ
      うーん、(書いた文章とはまったく関係ない)ユダヤ人でない異邦人ルカのことを同時に考えてたのでミカと書くつもりがルカと打ってた(ということにしてくださいw)。大ボケですな。
      この美香様、もといミカさま、革新的なことを口にします。
      支配者が貧者から搾取するのは罪であるから、それによって得た富によって(十分の一税だったか)神の為に神殿を立派にすることは、神が許さない。神殿を破壊し、エルサレムの街も破壊するであろう、と。
      神の戒律に絶対的に従うことは、神に背く(信じないこと)であると。
      ミカさま以降多くのラビは似たようなことや発想を口にします。
      スレ文のイエスしかり使途パウロしかりでございます。
      それどころか、この発想・弁証法は、(ユダヤ人である)アインシュタインやマルクスにも見られます。
      つまりユダヤ人の根底の思想なのです。

  8. >どこからどこまでが正義で、どこからどこまでが悪で、

    うっ? 正義こそ悪でないの?
    自分の欲望を正当化するのに『正義』という言葉を使い、相手の欲望を罵倒するのに『悪』という言葉を使っています。
    『正義』を振り回す人は、神の名の下に相手の立場を無視出来るので、邪悪で厄介です。
    確か聖書の中でも、神が殺した人間の数の方が、悪魔よりも、遥かに多かった筈です。

    神はサイコパスです。

  9.  平成8年に亡くなった知り合いが神様になりました。命日の月の日曜に、全国から人が集まり、伏見神社を少し行ったところで大神祭が行われています。神主及び参拝者による玉串を神前に捧げて拝礼する行事が毎年行われます。

     つまり神様とはそういうものです。絶対的存在も何もそういうものなのです。南北朝時代に安居院によって作られた「神道集」というものがあります。本当は貴種なのに虐げられて流離し、最後には本懐を遂げて神様になるようなお話がいくつもでてきます。

     人と神との間に因果はあっても壁はありません。今も神は生成されます。そのようなものと西洋や中韓の神とを同列に論じることに違和感を覚えます。
     位相が違いすぎます。「比較文化論」にすると論理にかなりほころびが出てきます。

     何十年かするとシンシアリーさんも神様になるかも知れません。「この人を神様にしよう」という意思を多くの人が持てば「日本の」神様はできます。

     「真摯亜離玲愛大神」として、韓国出身を象徴する金色のイスに座り、おかっぱ頭で神格化されるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。