続く雑談

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

よく「日本の神道には悪魔が存在しない」という話を聞きます。私は、「神道には悪魔が存在しない」ではなく、「日本的に考えると、『神に悪魔などいない』」の方がもっと適切だと思っています。なにせ、カミという存在は、「絶対」という言葉とは相性がよくありません。唯一神宗教でいう絶対善である神様(GOD)とは違い、その御使いである天使とも違うので、それらの反対概念である絶対悪・悪魔とも違います。人の立場によって良い・悪いの評価が分かれる神はいるかもしれませんが、絶対善も絶対悪も存在しない、日本ではそういう世界観が一般的です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

元キリスト教徒だった経験から見ても、そもそも悪魔というものが日本に付け入る余地はありません。なぜなら、日本では『堕落』が基本的に自己責任だからです。

ここでいう『堕落』とは何か。キリスト教的に「悪魔」たる存在の意味は、人々が神様以外のものを求めるようにする、または神の存在を否定するように策を仕掛ける、『人が、神の救援を得ることが出来ないようにする』すなわち聖書的な意味で『堕落』させる、そんな存在を意味します。彼らは悪そのものであるため、懺悔しない、自分の罪を反省しない存在で、赦す必要すら無いとされています。

 

聖書によると、イエスは、自分自身が逮捕されて殺されるだろうという予言を、弟子たちに話したことがあります。それはイエスにとっても本当に嫌な出来事ですが、それは神様の意を実現するために必要なことでもありました。罪のないイエスが、世界中の人々の罪を背負って代わりに死に、そしてそれを赦さないと、『イエスを信じることで、人々は自分自身の罪から赦しを得る』というキリスト教の核心教義である「救世主(キリスト)としてのイエス」が成立しなくなるのです。その予言を聞いたペテロが、「そんなことさせませんよ!」と話し、イエスが処刑されることを絶対に阻止すると断言します。すると、イエスがペテロにこう言います。『悪魔よ、消えろ!』。

 

自分の師を守ろうとするペテロの行動は、何も悪いものではありません。イエスからしても、自分を守ってくれる優しい言葉のように聞こえるけど、もっと広い視野で見ると、その行動がむしろ神の意を邪魔することでしかありません。そんな言葉に甘やかされると、堕落するしかないから、ペテロの言葉を「悪魔」と言ったのです。聖書で言う悪魔という存在の仕事は、こういうものです。すなわち、悪魔というのは、単に人が悪いことをするように仕向けるだけではありません。人を大金持ちにすることで神への信仰を失うようにするのも、悪魔的には「あるある」です。

 

でも、日本の神道的には、特定の神を信じないと天国に行けないとか救援されなくなるとか、そういう決まり事もないし、善と悪に両分され組織的に睨み合っている世界観でもないし、神と人の関係を邪魔しようとする勢力も存在しません。もしキリスト教の悪魔さんたちが日本に来たとしても、どっかで遊んで帰る以外にやることはないでしょう。もし、ノルマ達成に追い込まれた悪魔がいて、日本で「いいか、もう神を信じるなよ」という条件で誰かを大金持ちにしたり、濡れ衣を着せられ襲われそうになった人を「私が相手だ!」と守りきったなら、その悪魔は、日本ではちょっとした神様扱いになるかもしれません。小さな神社や祠堂なら建つかも。その時点で、その存在は(日本では)神です。悪魔などではありません。

 

個人的にはちょっと微妙でしたが、『神の意志に逆らって都市が水没されても、一人の女の子を救う』内容のアニメ「天気の子」がここまでヒットする国ですから、日本は。その主人公、キリスト教的には悪魔ですけどね。

どこからどこまでが正義で、どこからどこまでが悪で、それは神と関係があるのか無いのか、しかもその中に「絶対に悪いやつ」の存在なんか考えもしない、日本の世界観は、本当に不思議です。ある意味、悪魔にも最小限の敬は向けるべきだとする社会の通念があるのかもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (146)

149 Replies to “続く雑談”

  1. お題から離れるかも知れませんが、ラノベで見かけた一神教のGODについての矛盾と、もしGODが複数いた場合競ったらどうなるか、というお話

    GODは全知全能、とされていて、それ故一切の反抗を許さないわけですが、それなら、
     「誰にも持ちあげられない石を作り上げられるか」
    という矛盾の小ネタ
    ・全能であれば作れないモノは無いはずなので、作れる → 創造主でも持ちあげられないので、全能ではない
    ・全能であっても作れない → 全能ではない
    結局、こういう議論が出てしまうレベルで、一定以上の知的レベルがあった場合、一神教は前提が破綻する、というお話

    では、破綻させないためにはどうするか?
    そもそも、そういうことは見せないし教えない
    全能が全能たり得るのは「無謬」である場合に限られます、ですので、これまででも都合の悪い事は禁書焚書されて隠されてきた、と
    仮にGODが複数いた場合、全能をこう言った矛盾で切り崩し合って弱みを見せた方を封じる、という事
    (あれれ? これってこの間のS教とかでやってましたね……

  2. シンシアリーさんへのリクエストです

    本にかくならば

    神とはなにか?だけじゃなく悪魔とはなにか?
    の考察もぜひ。

    神の考察本は多いけど
    悪魔の考察本はあまりみません。

    でも、悪とはなにか?は
    大きなテーマ

    日本では自分が悪いことを
    悪魔のせいにはしません。
    そして善悪にはそんなに拘るのは

    穢れです。けがれは、汚れる。不潔
    汚いだけでなく、病気になる
    若々しさを失い老いる(やる気を失う。自暴自棄になる)、心を病む、周囲の嫌われものになる、人を傷つけても平気になるなど、自分の精神面が汚れる意味合いが強い。

    穢れを払い清めると
    ご飯がおいしくなる。ぐっすり眠れる
    病気が治る。朝、気持ちよく目覚める。
    明るく元気で生きる喜びを味わえ若さを取り戻す。

    外国人のキリスト教の人達に
    日本人の穢れという感覚は
    理解できるものでしょうか?

    1. 穢れ

      悪の誘惑ではなく、
      自分の心がだんだん汚れていく
      日本性善説が前提で
      生まれながらの罪などなく
      赤ちゃん、幼児は清らか
      生きていくうちに
      思い通りにならず、
      他人をうらやむ、憎む、怒る、
      心が曇ることが、穢れていくことに。

      悪いけど、韓国の恨は
      日本人から見れば
      忌まわしい(穢れ)そのものですよ

    2. >外国人のキリスト教の人達に
      日本人の穢れという感覚は
      理解できるものでしょうか?

      眠り猫さんは、いつも外国人を見下しすぎだよね。
      わたしは、特ア人だけには理解できないと思っているけど。

  3. 和魂、荒魂とか、一つの神様の中にありますからねえ
    伊勢なんかで別の神様として祀られてたりしますけども
    単純に善悪にわけるのは無理でしょう
    御霊信仰なんかだと祟り神様なんかもいますが
    あれもお祭りしてなだめたら人にとって良い神様になったりしてますし。

  4. 大いなる暗黒 マハーカーラ 神としてインドから入ってきた大黒天も、いつのまにか七福神のひとりとして福の神になってしまった。この変身ぶりには驚かされます

  5. >cieさんへ

    天気の子は、
    (多くの人の幸せのために、
    自分ひとりが生け贄にならなくてもいい)

    犠牲になって消滅しなくとも、
    その先の人生を生きてても良い
    という話です。

    これは誰も、ヒロインに
    生け贄になれといってるわけではなく、
    ヒロインがみんなに喜んでもらいたい
    一心で、自ら生け贄になろうと
    するのを主人公が(ヒロインの自己犠牲)をやめさせて救済する話

    悪魔とか、全く関係ないです。
    みんなのために神様になろうとするヒロインをただの人間の女の子に戻す話

    人間に戻るだけで、悪魔よばわりは
    シンシアリーさんも割とひどいな!

    1. えーと。
      私も、同じようなことを書いたつもりですが。

      見てない ( あらすじしか読んでない ) けど、
      主人公は、キリスト教的にも悪魔じゃないし、日本の神さまは「意思」ではないから、神意に逆らうことにはなりませんよ。
      と。

    2. いや、シンシアリーさんは逆の見方を提示してるんでしょう。

      ヒロインがいなければ、皆に災厄が訪れない。
      災厄を持ってくるもの=悪魔であると
      疫病神という言葉は日本にも存在しますしね。

      そして、眠り猫様が書くように人間の女の子に戻す話
      厄を祓う、悪魔を祓う、人に戻る過程の物語でもあると…

      視点、見方、宗教観とか、分析的に一歩引いてそういう見方もできるんですよということで…

      1. キリスト教的な悪魔、紳士蟻氏が語っている悪魔とは、神への信仰を失わせるもので、災厄はただの(乗り越えるべき)試練に過ぎませんよ。ある意味、もたらされるべきものであるでしょう。乗り越えることが信仰の証です。逆に災厄でなくても神への信仰を失わせ堕落させるもの(金品とか)は悪魔の所業です。

    3. わたしはここ、シンシアリーさんにちょっと同意する。

      物語の構造としては、自己犠牲になってやっぱりgoodendだと思うのですよ。しかしもちろん、新海監督はそうは作らない、新海監督だからね。

      神様から取り返して、東京の半分が水没して壊滅しても、それでもgoodendなんですよ。それはもちろん、そうすべきであるから。

      わたしは天気の子はすごく正しく物語であると思います。

  6. 神道という宗教は存在しないのですが、「中心はカラ。そこに無限が広がっている」と「依り代・化身」の概念が重要と考えます。ほかの宗教にも同じような概念があるように思えます。経典や創始者がいないという点では同じく宗教とはほど遠いヒンズー教に類しています。

  7. そもそも神様全部が良きものという
    前提がないんです。

    神様の定義が、キリスト教世界と
    異なってますから、
    比べるのも変です。

    でも分かりやすいんですよ。

    自然崇拝 これにつきますから

    日本では、神はいるかいないかの
    論争はおきないんです。

    目の前の自然を神様としています。
    地震、台風、噴火、雷も
    全部神様。神様は人間の味方ばかりじゃない。
    貧乏神、疫病神もいる。でも福の神も
    いるし、昔から(捨てる神あれば拾う神あり)ともいいます。
    運命そのものが神様なので、
    人生は悪いことばかりじゃないさ

    そう考えれば、日本人の神様感覚は
    理解しやすいと思いますよ

    ただし、キリスト教を捨てなければ
    日本社会は理解できないと思いますが

    人間は神様の子供じゃない
    神様は人の姿はしていない
    人は特別な存在ではなく
    人、動物、植物、虫この世の命に
    貴賤はなく、等しく貴い
    天国と地獄はない。
    善悪は人の社会で人がルールを決める
    人が決めることなので、間違いもあるし、状況で見直しもいる。
    死によって、生前の善悪はすべて白紙になり、人は死ねば死の世界に旅立つ

    基本的には一戒で(他人に迷惑をかけるな)でそれを守ればどう生きてもわりと自由

    日本人は、キリスト教やイスラムから
    見れば邪教徒そのものなのに
    なぜか彼らは(日本人はまるでキリスト教徒みたいだの、イスラム教徒みたいだの)と、日本社会には共感はしてくれているようだ。

    私から見れば、キリスト教社会のほうが、
    自称神の地上代行者様から、
    いらぬ罪悪感を植え付けられて、
    支配されているように
    見えるんですけどね。

    1. 一神教のGodと多神教の神は違いますよね
      絶対的な唯一神と、ギリシャ神話とかに出てくる間違いも犯すしスケベだし嫉妬する神とは
      ですからどなたかが言ってた様に一神教ではGodだけど多神教は妖精(fairy)の方が適切なのかも
      好きな曲ですが 途中で God bless you …とね
      you make me feel brand new
      ttps://youtu.be/8HXxtYCiM-8

    2. >>ただし、キリスト教を捨てなければ
      日本社会は理解できないと思いますが//

      何故?
      キリスト教を持ったままでも、「理解」はできるでしょう。
      自分たちとは、違う世界観なのだというだけのことなのですから。
      むしろ、それが出来ないなら、この先の世界を生きるのは難しいのではないでしょうか。

      >>自称神の地上代行者様から、
      いらぬ罪悪感を植え付けられて、
      支配されているように
      見えるんですけどね。//

      ねえ、眠り猫さん。
      このような他者への侮蔑的な視線こそ、むしろご自身の仰っている、他者を排撃する一神教の態度ではありませんか?

      キリスト教のいいところは見えませんか?
      一神教でしかなし得なかったものもあると、敬意を持って臨むことはできませんか?

      もう少し下↓で、キサラギ=アリスさんが書いていらっしゃる、長崎の諏訪神社の話しをお読みになってください。

      >>彼らにとって「悪魔」としかいいようのない神も祀られます。その神は、デウス。そう、キリスト教の神さえも合祀してしまったのです。//

      日本社会を理解するのに、キリスト教を捨てる必要はないです。
      習合してしまえばいいのですから。

  8. 学生の頃、少し洋書を読んでいたのですが、ナチュラルに宗教が絡むから、半分くらい意味が分かりませんでした。
    文字は読めるのに理解ができない、、、

    海外の人が日本の曖昧さが理解できないって、こういう所が大きいんでしょうね

    1. >aki さん
      ちょっと似た話(趣旨が違っているかもしれませんが)

      かなり昔のこと、理系の大学に推薦で受かり、英文で書かれた微積分の教科書のコピーを渡され、入学までに理解するよう課題を出された高校生。

      英語が不得意であったため、訳すだけでもという思いで英語の教師に聞きに行ったところ、全く何が書いてあるか意味不明と言われたそうだ。

      おそらく単語も文章もチンプンカンプンだったことだろう。英文で書かれているだけあって、英語ではないのだから。

      日本語で書かれた大学の数学の本を高校生が見たら、どこの世界の言語だ? と思うだろう。(おそらく普通の文系の方でも同じことだろう)日本語で書かれていても、小説のようには読めない。

      同じ類の人のように見えても、全く異なる類の人もいる。

      どちらも、同じ土俵(レベル)にいないと理解・会話は厳しいのでしょうね。

    2. 西洋哲学の講義で、その先生の著作かスタンダールの「赤と黒」を読んでのレポートが試験でした
      赤と黒読みましたが理解できず先生の著作のレポートでしのぎました
      理系のアホの戯言ですが

    3. お笑いとも共通するのでは?
      要は知識量、育った環境、頭の出来で使える語句数やら理解力が変わってきます。

      動きだけで示すチャップリンの無声映画は笑えるが(人の基本動作は万国共通、一部ボディーランゲージは除きます)

      言葉によるトークの笑いは翻訳してもしなくても笑えない
      (文化的、知識的なものが必要)

      むかし、職場の新人研修のころ、終業後に落語を親睦目的で大勢で聞きに行きました。
      同じ日本人でも同僚は地方出身(とはいえ関東圏)、演目は東京23区の土地柄を題材。当時の国鉄の駅を話題に進む、通っていない区のくだりなど東京人の私は笑えるが、地理の分からん地方の同僚たちは笑えないって経験があるのです…

  9. 長崎に諏訪神社という神社があります。
    戦国末期、長崎は教会領でした。そのためすべての神社仏閣は破壊され、神主や僧侶には改宗を迫り、拒否すれば容赦なく奴隷として海外に売り払われました。
    あまりの惨状に激怒した秀吉が禁教を命じたのはご存知の通り。

    さて、その後で長崎の鎮守として建てられたのがこの諏訪神社です。ここには教会によって破壊される以前にあった神社の御祭神はもちろん、彼らにとって「悪魔」としかいいようのない神も祀られます。その神は、デウス。そう、キリスト教の神さえも合祀してしまったのです。

    キリスト教徒はむしろ怒るのでしょうが、こうやってすべてを包摂していくのが日本の神なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。