お知らせだけのエントリー

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

25日は、桜を見に行ってきます。ただ、家の近くを何か所か回ってみるつもりで、ブログに写真は載せることが出来ないと思います。午後遅くからの更新になりますので、前もってお知らせ致します。

最近、雑談ばかりだったけど、多くのコメント、ありがとうございます。実は、本の原稿にするために書いたものの草稿ですが、相応の自信を持つ事ができました。

今書いている本には、一部だけですが、(日本のことで)神国という言葉が出てきます。『神国』という単語にはいくつか意味がありますが、単に、神々が宿る国という意味になります。「『宿』る」だけに、ホテルなどに喩えて書いた部分もあり、今まで書いた原稿の中で、一番楽しく書くことができました。まだ終わってないけど。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

外国では、日本の神道(Shintoism)を「宗教でない宗教」だとします。外国人の目には日本人のほとんどが神道を信じている、その教えを守っているように見えるのに、いざ日本人の中に「うちの宗教は神道です」と言う人はそういない、というのです。韓国にも、儒教思想というものがあって、外国から同じことを言われます。「どうみても儒教の教義を守っているのに、自分の宗教を儒教だと言う人はそういない」、と。

 

あくまで韓国で私が経験したことに限ってのことですが(そうでないならこんなふうに書けません)、人間中心の儒教と、神中心のキリスト教ですが、共通する部分もあるにはあります。儒教もキリスト教も、とにかく「敬」を示せ、というのは同じです。徳(身分は生まれ持った徳で決まるものだとします)が高い人に敬の意を示せ、自分が徳の低い人間だと認めろ。罪を赦してくれる神様に敬の意を示せ、自分は罪人だと認めろ、と。

それに、『人が正しい生き方をする』には他の方法が無く、ある意味、とても一方通行です。身分だから諦めろ、または「イエスを介さないと救援など無い」などなど。逆の方向には、『敬』を示しても意味がない、究極的には何も変わらないことになっています。むしろ、双方向性を望むことは、世の中の理に反することなのだ、というニュアンスすら感じられます。

私は、韓国で、ざっと四十年間、実生活のの中で、これら二つの思想を経験しました。そして、いまハッキリ覚えているのは、「疲れた」という感覚だけです。

 

いまだ私が「イエスは素敵な方だった」と思っていながらも、キリスト教徒をギブアップしたのは、神に疲れたわけではありません。神の名で愛を語りながら、矛盾した言動しか示さなかった、教会の「人」たちに失望し、疲れたからです。儒教に対しても、いまでは「韓国の社会悪」としか思っていません。相手を見下すことで人より上になれると信じる人たちを量産してしまったからです。孔子のせいでも徳のせいでもありません。ただ、人のせいで嫌になりました。疲れました。

 

真の神国とは、神が人間との共存を受け入れ、人間が神との共存を受け入れた国のことではないでしょうか。人が人に、人が神に、神が人に、敬を示してくれる国。それが神国です。私は、その関係を支える大きな柱の一つこそが、日本語だと思っています。ふっと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。在留資格や帰化を「文章」だとするなら、「行間」にあたいするものは何か。書いてないからといって何かを見落としていないか、そんな本です。

多少不安なところもありましたが、最近続いた雑談のコメント欄を読んで、安心できました。もう追い込みに入ります。桜を見てから。

それでは  (・∀・)ノ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (142)

61 Replies to “お知らせだけのエントリー”

  1.  子供の頃、母が信徒だったことからキリスト教の日曜学校に通いました。今信徒ではありませんが、韓国は日本とは随分違うようです。一度協会を覗かれては如何でしょう。新しい体験が期待できると思います。

  2. いつも発売直ぐに購入し、その時読んでいる本を一旦閉じて、買いだめしている本も差し置いて、真っ先に読んでいます。新しいお話、楽しみにしています!

  3. なるほどなぁ。朝鮮儒教+ウリスト教のもとでの宗教生活体験ですか。
    そりゃ疲れるわ。想像するだけでも息苦しい。

  4. 皆さんのコメントが自信に繋がったのなら喜ばしいことです。
    何だかわからないけれど、何かを共有できている(と感じられる)のは嬉しいことですもの。本当はやっぱり違うのかもしれませんけれど、大体あってるならおkなのだと思うのです。

    私も今日のはお出かけは歩いて花見しようかな。
    あと次の御本も楽しみです。五月ですか首を長くしてお待ちしてます。

  5. 本の内容を読ませていただき、出版されるのが楽しみになりました。いつ頃になりそうですか?

      1. ご返事をいただきまして、ありがとうございました。今回も是非購入させて頂きます!

  6. 行間を読む、或は余韻を探す、言外の言。

    山本七平氏の本の中に、日本のシスターがキリスト教の学校にて、聖書を読む時「行間を読むように」と言った話があるのですが、最早禅の世界です。

    聖書に書いてある以外の事を探せなどというのは、キリスト教徒としてどうなの?といった感じですが、日本人とはそんなものなのです。

    日本人になるなら、以心伝心も覚えないといけないんですよ、そして、生きてる間に全てを楽しめです。

    そして3月25日は私のお誕生日なのですよ、祝いなさいよね。言外の言で伝わるとも思えないので、言っておきます。私の誕生日は今日です!

    1. お誕生日おめでとうございます。
      ひさかたぶり山本七平さんの名前が出て、へえ、まだ覚えている人がいるんだ、と変な感心をしてしまいました。
      天なお寒し、ご自愛を。

      1. お誕生日おめでとうございます。
        私の知人(双子です)も同じ日なんです。牡羊座なんですね。
        お花見いいですね~、マスクと石鹸手洗いを心掛けて下さい。
        コロナになんか負けるもんか、生き残りましょうねー。

    2. お誕生日おめでとうございます\(^o^)/
      ぼた餅で祝うの?
      山本七平も山本夏彦も良く読みました
      対談集もあった気がします
      数学書では、AであるからBとなる。との一文の証明を詳細にやろうとするとノートいっぱいになったりしますね。どんな分野でもそうでしょうけど。その兼ね合いが意味不明の文章かクドい文章、その読み手に理解しやすい文章の違いかもね

    3. 韓国では「自分の意見を出すべきではない」と言われたことがあります。聖書の解釈。

      お誕生日おめでとうございます。생일 축하합니다

    4. お誕生日おめでとうございます。
      すべてを楽しめ、いいですね素晴らしいです。
      誕生日がそれほど楽しくない今日この頃を少し反省デス。

      お誕生日で桜咲いててシンシアリーさん新刊追い込み。
      すべて嬉しくてめでたしですね(*‘∀‘)キブンアガルワー

    5. ブログ主様ではありませんが、お誕生日おめでとうございます。確か、前のブログの初期からいらしていましたよね。

  7. 雑談シリーズ面白かったです。
    シンシアリーさんが考えを示すで、日常となってる我々日本人も改めて考えてみたり気付きを得たりするのではないでしょうか。
    シンシアリーさんが仰る「行間」というのは、「常識」を指すのかなと推察しました。「常識」って、素地がない人というか、生まれ育ちではない人からからすればハードル高いですよね。

    雑談シリーズ、また楽しみにしてます。

  8. 写真期待していますよ~。

    こちらは雪融けが進み、歩きやすくなりました。時折、雪が舞っていますが。

  9.  中世日本に訪れた宣教師が、「日本人は神を信じる(神に従う)ことによってのみ実現される道徳律を人間の力で達成しようとする。けしからん」と嘆じていたとか。
     日本人の精神世界には、ひとも死ねば全て神になる(荒魂と和魂の両面性を持つ)とか、あらゆるものに魂は宿るとか、つまらぬものにこそ真が宿るとか、細かいことにも目を向ける細やかさがあると思います。
     色々と厄介な世相ですが、春は春の気を楽しみ、すがすがしく暮らしたいものです(私の住む北国はまだ寒々しさが残っていますが)。人生は楽しむべきものです。

  10. お花見、行ってらっしゃい。いい天気になりますように。
    私はむしろ雑談の方が好きだったりします。
    ためになるコメントなんて全然できないけど、何かの励みになっているなら幸いです。
    お体に気を付けて、原稿頑張ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。