お知らせだけのエントリー

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

25日は、桜を見に行ってきます。ただ、家の近くを何か所か回ってみるつもりで、ブログに写真は載せることが出来ないと思います。午後遅くからの更新になりますので、前もってお知らせ致します。

最近、雑談ばかりだったけど、多くのコメント、ありがとうございます。実は、本の原稿にするために書いたものの草稿ですが、相応の自信を持つ事ができました。

今書いている本には、一部だけですが、(日本のことで)神国という言葉が出てきます。『神国』という単語にはいくつか意味がありますが、単に、神々が宿る国という意味になります。「『宿』る」だけに、ホテルなどに喩えて書いた部分もあり、今まで書いた原稿の中で、一番楽しく書くことができました。まだ終わってないけど。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

外国では、日本の神道(Shintoism)を「宗教でない宗教」だとします。外国人の目には日本人のほとんどが神道を信じている、その教えを守っているように見えるのに、いざ日本人の中に「うちの宗教は神道です」と言う人はそういない、というのです。韓国にも、儒教思想というものがあって、外国から同じことを言われます。「どうみても儒教の教義を守っているのに、自分の宗教を儒教だと言う人はそういない」、と。

 

あくまで韓国で私が経験したことに限ってのことですが(そうでないならこんなふうに書けません)、人間中心の儒教と、神中心のキリスト教ですが、共通する部分もあるにはあります。儒教もキリスト教も、とにかく「敬」を示せ、というのは同じです。徳(身分は生まれ持った徳で決まるものだとします)が高い人に敬の意を示せ、自分が徳の低い人間だと認めろ。罪を赦してくれる神様に敬の意を示せ、自分は罪人だと認めろ、と。

それに、『人が正しい生き方をする』には他の方法が無く、ある意味、とても一方通行です。身分だから諦めろ、または「イエスを介さないと救援など無い」などなど。逆の方向には、『敬』を示しても意味がない、究極的には何も変わらないことになっています。むしろ、双方向性を望むことは、世の中の理に反することなのだ、というニュアンスすら感じられます。

私は、韓国で、ざっと四十年間、実生活のの中で、これら二つの思想を経験しました。そして、いまハッキリ覚えているのは、「疲れた」という感覚だけです。

 

いまだ私が「イエスは素敵な方だった」と思っていながらも、キリスト教徒をギブアップしたのは、神に疲れたわけではありません。神の名で愛を語りながら、矛盾した言動しか示さなかった、教会の「人」たちに失望し、疲れたからです。儒教に対しても、いまでは「韓国の社会悪」としか思っていません。相手を見下すことで人より上になれると信じる人たちを量産してしまったからです。孔子のせいでも徳のせいでもありません。ただ、人のせいで嫌になりました。疲れました。

 

真の神国とは、神が人間との共存を受け入れ、人間が神との共存を受け入れた国のことではないでしょうか。人が人に、人が神に、神が人に、敬を示してくれる国。それが神国です。私は、その関係を支える大きな柱の一つこそが、日本語だと思っています。ふっと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。在留資格や帰化を「文章」だとするなら、「行間」にあたいするものは何か。書いてないからといって何かを見落としていないか、そんな本です。

多少不安なところもありましたが、最近続いた雑談のコメント欄を読んで、安心できました。もう追い込みに入ります。桜を見てから。

それでは  (・∀・)ノ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (142)

61 Replies to “お知らせだけのエントリー”

  1. >その関係を支える大きな柱の一つこそが、日本語だと思っています。
    日本語そのものが宿る傾向がある言語なのかも。言霊なんてやはり宿っているものがあるから信じているのだろうし。
    考えてみると書道も、とめはねはらいとか神主みたなことやってますね。書き順も大事で、姿勢をよくして、墨を磨りながら心を静めよとか。掛け軸にして飾りもする。
    ハングルは漢字をすて音表記だけ。語源を見失い、もとの意味も消えがちで、簡単に歪む。適当にはりつく。薄い付箋みたい。
    外国人を悩ませるカタカナの シとツ、ソとン も日本人は書き順を知っているから線の力がどこから入り、抜けているか、瞬間的に読み取っている。
    在日の人が禾(のぎへん)のノの部分を左から右へ書く傾向がありますが、そんな字には宿るものなどないだろうと思います。

  2. 神道は宗教ではありません。人の、人の世での身の修め方を示すもので、つまるところ、あらゆる点で清浄を保つことが求められているだけだと、私は理解しています。そしてそれは、おのが心の問題であって、誰の評価も要りません。

    だから、楽です。

  3. 「人は、自らに似せて、神を造る」
    このところ、雑談ルームで「神様の話」を、語り合っているのは、私にとっては、上掲の言葉がテーマです。

    異国の神が入ってきても、人は自らに似せて、新しい神様を「再構成」してしまうのですね。

    シンシアリーさんが「疲れた」のは「キリスト教に対して」ではなくて「ウリスト教に対して」だと思います。
    だって、キリスト教の基本は「神を愛するごとく、隣人を愛せ」なので、「他者への敬」は常にあるべきですから。
    他者への敬が無ければ「異端」です。
    儒教も然り、と言いたいところですが、儒教はキリスト教以上に「邪教化しやすい成分」を濃厚に含んでますので、そちらの話は、そのうちに。

    1. 「人は、自らに似せて、神を造る」
      というのは、わたしは間違いだと思っている。

      「人は、自らの思う善の姿に、神を規定する」
      が、正しいよね。

      要するに、韓国では日本に罰を与える神が、善神なのですよ。

      1. 同じこと。
        前も悪も人の中からでているし、
        規定でも想定でも想像でも、まあ好きな言葉でどうぞ。

          1. 善の姿とは人が思う善の姿。
            人から生み出された人の神。
            それを、似せた、思った、思い描いたなど言葉を変えても内容は同じ。
            後半の規定も、想定でも想像でも造るでもいいのです。

            読めているからこそわかるものです。

          2. 基本的に厳密さや言葉の定義はあやふやなので、大意は同じ。
            いつもの「A=Bである」
            七「いいえ違います。AはすんごくBと同じであると規定され、違いなどないのです」
            というレベル

            「すんごく」や「規定」などの言葉や意味にこだわらないでいいのです。

  4. 宗教、哲学、道徳を学問的にしっかり分けたヨーロッパ文化に対し、日本では宗教、哲学、道徳をひとつなぎのものとして受け止めています。

    つまり

    触らぬ神に祟りなし

    触らぬ尻に痴漢なし

    と言うことです。

  5. ヨーロッパをみると分かりますけど、今回のコロナなので「皆さん静かに過ごしましょう」という政府の政策に「なんで聞かないといけないんだ!」と暴れている人たちがそれなりの数いる事に驚いています。
    ちなみに、フランスやイタリアの一部の人たちは公園に行き、励まし合いハグをして、頬にキスをしてました。ええ、クラスターの感染源ですね。想像を絶する愚行です。キリスト教だと悪魔の所為なのでしょうな。

  6. >人間中心の儒教と、神中心のキリスト教ですが、共通する部分もあるにはあります。(中略)徳が高い人に敬の意を示せ、自分が徳の低い人間だと認めろ。(後略)

    驚きました。キリスト教とはそのような宗教でしたか?
    神の下の平等がキリスト教の骨格だったはずです。
    カトリックも司祭や司教に対しては当然敬意を払いますが、それは信仰心が篤いからとか、徳が高いからという理由ではないはずです。
    罪人であっても悔い改めれば神は平等に扱うはずでは?

    シンシアリーさんが似ているというのも当たり前です。
    シンシアリーさんが言っているキリスト教の教義は、キリスト教のカトリックやプロテスタントの教義だとは思えません。いわゆる「ウリスト教」ならではのものではありませんか。
    朝鮮儒教と朝鮮キリスト教が似ているのは当たり前です。

    1. ヲチャーさんのご意見に、便乗させて頂きます。

      『続く雑談』エントリーのコメント欄でも書きましたが、
      書籍化の際には、少なくとも、書かれているキリスト教は、シンシアリーさん個人の、もしくは韓国のプロテスタントの解釈である、との一文を添えていただきたいと思います。
      「キリスト教」と言い切られてしまうと、流石に違うと言わざるを得ない。

      しつこいようですが、もう一度ペトロの話しをします。

      『続く雑談』エントリーで、上げておられるマタイ16章には、
      ペトロがイエスに「あなたはメシア、生ける神の子です」と宣言し、イエスがペトロに「あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。」と宣言する場面が描かれています。

      ペトロはダメダメな人間です。
      調子に乗って先走ったり、怯えてイエスを否定したり。
      イエスに「悪魔」とさえ言われてしまう。
      でも、だからこそ、彼が「イエスの教会」で、信者の代表なのです。
      ペトロでさえゆるされるなら、誰もがゆるされる。
      それが、シモン・ペトロが「初代教皇」たる所以です。
      徳が高いなど、とんでもない話しです。

      彼は、自分の臆病さを知って泣き、自分の裏切りを知って泣き、自分がゆるされて泣きます。
      自分が愚かで弱いと知った人間が、ゆるされて頭を下げる。それがキリスト者です。

      残念ながら、キリスト教徒の傲慢は度し難い。異教徒の虐殺も、他国への侵略も散々してきた。
      だから上の話しも、「理念上は」と言わざるを得ない。
      それが綺麗事だと分かった上でも、シンシアリーさんの書いていらっしゃるのは、「キリスト教ではない。」とやはり思います。

      キリスト教に、シンシアリーさんがあげたような儒教との共通点があるのなら、欧米の社会は、もっと中華王朝的になってたはずですよ。

      私も、シンシアリーさんと同じで、元信者です。( カトリックですが。)
      ただ、教会に行かなくなっても、やっぱりキリスト者です。
      私と本気の格闘してくれるのは、「唯一彼だけ」だからです。

      1. キリスト教(に限らず多くの経典宗教)と儒教に共通点はありますよ。
        宗教規範により社会の倫理と心の倫理が一致することを理想とすることです。ほとんど無自覚に、公(社会)の論理が私(心)に干渉してくるのです。
        ここは、日本社会と決定的に違います。日本社会は、社会の倫理を侵さないかぎり心の倫理は自由であるのが理想なので。(この違いは、性的嗜好の許容などにもろに出ます。)

        キリスト者だが信者ではもうない cieさんは分かっておられるはずです。
        心の倫理のため(自身の内面で向き合うため)の宗教と、社会の倫理のため(社会の安定と発展のため)の宗教は別のものだと。

        1. 分かっています。

          シンシアリーさんの書いたものに、それはキリスト教ではないと言いながら、日本の教会に行ってみろとは、言えないのがそれです。
          同じだと分かっている。
          だから、言えない。
          ウリスト教だろうが、日本のカトリック教会だろうが、構造は同じです。
          強制力の強弱だけの違いでしょうね。

          キリスト教会は、この先の世界 ( 多民族共生の社会 ) のために、害悪にしかならいでしょう。
          役目は終わったと思っています。
          いや、社会的な役目を終わりにしてほしいと、願っていると言うべきでしょうか。

          でもね、mottonさん。

          >>日本社会は、社会の倫理を侵さないかぎり心の倫理は自由であるのが理想なので。//

          日本社会の「社会の倫理を侵さない」は、「場の空気を乱さない」かぎりという事だったりします。
          私は、それを結構乱すので、生きにくいです。今は大丈夫ですが。
          キリスト教のおかげで、違っていてもいいと思えるようになった。
          「個」を扱えるようになった。

          でもこれ以上は、またそのうち雑談部屋で。ですね。( まだエジプトですが。)

          1. キリスト教は害悪にしかならないと唱えるcieのような人が、朝鮮人の日本卑下と多文化強制の両方に利用されるのですよ、愚かなので。

        2. >心の倫理のため(自身の内面で向き合うため)の宗教と、社会の倫理のため(社会の安定と発展のため)の宗教は別のものだと。

          ここが一番の間違いなのですねぇ。

  7. 日本人は宗教心が薄いように見られがちですが、神社でお参りするとか、割と日常に溶け込んでいたりもします。

    僕自身、高校がミッション系でしたので聖書の授業も礼拝堂もありましたが、一神教はちょっと抵抗があります。
    「信じる者は救われる」…なぜ全員救わないのかとザビエルに問うた昔の日本人はすごいなと。

    ただ、人間よりも格上の存在は、たとえそれが架空であっても必要ではないかと思うのです。そうしないとエゴを抑えることができず、いつ何時暴走するかは分かりませんからね。

  8. なるほど、次著への布石だったのですか、納得です。興味深いテーマだし、興味を持たれた方が多いのではないでしょうか。
     韓国関連の事柄も登場するのでしょうけど、そこから離れて、随筆風の作品も読んでみたいとおもっておりました。今までの著書でもシンシアリーさんの思考・思想は十分に把握できますが、より内面に迫れるようで、楽しみにしております。
     新型コロナなどに感染しないように留意され、追い込み頑張ってください。新作楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。