『日本も~』記事、ついに末期か

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

本ブログでは取り上げないつもりでしたが・・結局、エントリーすることになりました。

韓国では「N番バン(部屋)」事件が大きな話題になっています。この名称は、オンラインチャッティングルームの番号(1~◯番部屋)で始まったから、またはそれを前身とするため、と言われています。

詳しくは書きませんが、これは、未成年者を含めた無数の女性を「奴隷」とし、彼女たちの映像を約26万人が共有していた、有料チャットサイトです。会費は150万ウォン。

これは、いわゆる合法的アダルトサイトのことではありません。実際に犯罪を起こし、その映像を使います。必然的に被害者が発生し、『奴隷』状態にされてしまいます。言うことを聞かない『奴隷』たちの顔写真が個人情報をネットにバラまくのは基本で、刀で未成年者の体に「奴隷」と刻んだりもしました。もちろん、それも「映像」として利用されました。被害者は、数十人。

https://news.v.daum.net/v/20200321144214114

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まさに、韓国が主張する慰安婦のデジタル版で、韓国人男性100人の1人が会費150万ウォン払って会員になっていたこのサイト・・摘発され、逮捕された主犯は、20代でした。

この件は韓国で大きなニュースになっているわけですが・・こんなことになると、いつも韓国側では『日本も~』な記事が出てきます。今回は、朝鮮日報、<成人物(アダルトコンテンツ王国)・日本のネットユーザー「N番部屋事件は他人事ではない」>という記事です。

 

<「『N番部屋事件』は性的な虐待映像を楽しむ男性文化から生まれたものだ。韓国と日本はそうした文化の根を取り除かなければならない」。韓日のネットユーザーが性的虐待映像の流布を防ぐために連帯している。韓国では女性に虐待的なわいせつ映像を撮らせ、それを通信アプリで広めた「N番部屋」「博士部屋(※管理者のアカウント名が『博士』でした)」事件が論議を呼んだ。すると、日本でも「日本の男性は虐待的なAV(アダルトビデオ)を拒否すべきだ」とする主張が生まれている。日本では、AVは合法だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20200325031150179

演出された合法映像と、人の体に刀で奴隷と刻む生の映像を、同じようなものだとしている、この記事。私の気にしすぎかもしれませんが、まるで、日本ではN番部屋のようなものが合法だという意図的ミスリードにも見えます。本当に記者はN番部屋がどんなところなのか、分かってなかったのでしょうか。日本も~記事も、ここまで来るともう末期としか言いようがありません。もとから末期だった気もしますが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5