他人の恨みをどう解決するか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の巫俗(ムソク、民間信仰)は、宗教になることは出来ず、未だシャーマニズムとして残っています。だから、韓国には独自の伝統宗教と呼べるものがありません。とはいえ、随分古くからあったのは事実で、その中には「鬼神(キシン)」に関する伝説も、いろいろあります。鬼神とは、中国から入ってきた言葉で、死んだ人の霊を言います。

前にも何度か書いたことがありますが、韓国の巫俗は強い『シン(神、何かの霊)』を呼び出して、弱いシンを追い出すことが基本となります。だから、術士は強いシンを所有していないと(または何かの契約を結んでいないと)力が出せなくなります。朝鮮半島では代々、「強いシン」とは、「強い恨(ハン)を持つシン」を意味しました。

恨みの強さが、そのままシンの強さになったのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

恨が強いシンとは、生まれてすぐ死んだ赤ちゃんのシン(赤ちゃん鬼神)、Hができずに死んだ男性(總角鬼神)、または女性(処女鬼神)が代表的です。

總角(チョンガク)は日本語のチョンガーの語源(多分)で、もともとは若い未婚の男を意味しますが、この場合は経験が無い男、という意味になります。処女もまた、韓国では未婚の女性を意味しますが、この場合は経験が無い女性、という意味です。

 

特に、処女鬼神になりそうな人が死んだ場合(若い女性が亡くなった場合)、町の人たちにとっては大きな悩みだったそうです。処女鬼神になって「化けて出る」と、大変ですから。だから、ある方法で、処女鬼神が出てくるのを防ぎます。

その方法とは、「街の十字路(人がもっとも多く往来する場所)に、女性の遺体を、うつ伏せで埋める」ことです。もちろん、街の人たちには内緒で埋めておきます。大勢の人に『踏まれる』ことで、その恨みを無くすという発想です。それでも万が一化けて出た時を考えて、うつ伏せにし、地面の上に出てこれなくしたのです。

性的な意味ではありません。踏みつけられることで、その恨みが弱くなる(恨みを諦めることになる)という意味です。実はこの方法韓国(朝鮮半島)の人たちが「恨(ハン)」をどう思っているのか、垣間見ることもできます。

自分の「恨」は、万人が同意すべき、世の中の正義であるべきと主張しますが、他人の恨は、大勢の人で踏みつければ何とかなる、と思っていたわけです。

 

ちなみに、チョンガー鬼神に対しては、このような話はありません。チョンガー鬼神が現れたけど、婦人が下着(今どきのような下着ではなく、下半身の肌着のようなもの)をやったら、チョンガー鬼神はそれをもらって大人しく消えた、とかそんな話ならあります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (139)

82 Replies to “他人の恨みをどう解決するか”

  1. 鬼神になってそうならば、生きている内も、そうなのですかね。
    「大勢で踏んづけてやれば、おとなしくなる」と。

    北朝鮮がおとなしくならないのは、まだ「踏んづけ方」が足りないのですね。世界中が力を合わせて、声をそろえて、もっと踏んづけないといけない訳ですか。

    生きてる内の方が「恨」が強いのでしょうか。
    死んで鬼神になれば「下着をもらって引き下がる」けど、
    生きてる内は「虐待して蹂躙して強姦して撮影してさらし者にしなければ、気が済まない」というか「それでも、まだ気が済まない」みたいですからね。

    ところで「下着をもらう」と言っても、「誰の下着をもらうか」が重要だと思いますが…
    湖に、下着を落としてみますか…

  2. 大勢で踏みつけると恨みエネルギーが踏んだ無数の人に向けて分散するからあまり害はなくなる…という意味かと思って読んでましたが、うーん?
    大勢に踏みつけられると恨む心もくじけるという意味なんですかね…?
    あー、恨みって韓国では「この恨みを晴らすのは正しいと世の中も賛成してくれる!」ってもので、世の中が「いや、それは正しくない」って言えば納得して諦める…ってこと?
    なるほど…?

  3. 未婚で死んだ女性の恨は、皆で踏んで踏んで踏み潰す、んですねー。
    んで、總角鬼神>赤ちゃん鬼神>処女鬼神?
    赤ちゃん鬼神>總角鬼神>処女鬼神?
    弱者の恨ならば、踏んで踏んで踏み潰してO.K.っていうことですね。ワカリヤスーイw

  4. 俺が小さな子供の頃(約50年くらい前)、婆さんに連れられて山岳信仰のある山に修験者集団と一緒に登って、そこで憑き物が取り付いたシャーマン(登山隊のリーダー)が信者に語りかける場面を実際に体験したことがある。だけど、そんな誰かを恨んで祟をなすとか、あいつを生贄にしろとか、埋めろとか、ぶっそうな話をするシャーマンはいなかったけどね。

  5. 日本でも恨みを飲んでなくなった人の霊が祟るということは言われていました
    私は京都人ですが、私の氏神様は御霊神社といいます
    政敵に追い落とされて処刑されたり遠隔地に流刑になった平安時代の皇族や貴族が祀られていています
    当時、大内裏(宮殿)に落雷があったり疫病が流行ったりするのは、そういう人たちの祟りだと思われていたのです
    その人たちの霊が荒魂となって厄災を引き起こすことがないよう、鎮魂のために建立されたのが御霊神社です

    ですから日本では恨みの強い霊を利用しようという発想はないと思います
    陰陽師が式神を使うことはあっても、それは人間じゃないですしね
    神道的には魂を鎮めて頂くようお祀りし、仏教的には成仏してもらうように供養をする
    踏みつけるというのはとにかく凄まじいです
    チョンガー君はちょっと可愛いですけど

  6. >大勢の人に『踏まれる』ことで、その恨みを無くすという発想です。それでも万が一化けて出た時を考えて、うつ伏せにし、地面の上に出てこれなくしたのです。
    >性的な意味ではありません。踏みつけられることで、その恨みが弱くなる(恨みを諦めることになる)という意味です。

    ???
    ごめん、ぜんぜん意味が分かりません。
    どっちかって言うと、踏みつけられたらかえって恨みが強くなるような気がするのだが・・?
    十字路にうつ伏せに遺体を埋めるだけでも、かえって、まともに成仏できずに恨まれると思うぞ。

  7. 今度は、巫女さんの強さが、恨カードの強さで、決まるゲームですね。
    水子の霊は、レベル幾つになるんですかね。

    1. ライバル「ふふふ、これで決まりだ!墓場から巫女カード召喚!」
      主人公「トラップ発動!ネコのフミフミカード!」
      ラ「なんだと!?くっ、まだまだ!墓場よりチョンガーカードだ!」
      主「トラップ発動!女性のパンツ!」
      ラ「ぎゃー!」
      主「さらに発動!国一番の美女のパンツ!」
      ラ「ぎゃー!」
      主「とどめだ!お母さんのパンツ!」
      ラ「アーーーッ」
      ヒロイン「やめてあげて!もう相手のhpは0よ!」

      (´・∀・) こういうノリ?
      (`ロ´;) さ、さあ?

      1. 最後の「お母さんのパンツ」で、
        「hP=恨ポイント」が、マックスに戻るんじゃないかなあ…

        「おかしい、なぜ『お母さんのパンツ』で、やつは満足しない?」
        「ふつう、ダメやろ」
        「ぼくなら、大満足だけどなあ…」
        「おまえのお母さん、って、誰?」
        「ネフェルティティ、と申しますが」
        「おまえ、ツタンカーメンかよ!」
        「義母やん、って言うか、そんな母ちゃん、ざらにいてへんわ!」
        「うむうむ、義母のパンツ、なら有りかも…」

        1. ゆらりと立ち上がるライバル。
          ヒロイン「hpが0なのに!え、違う!全回復してる!?」
          主人公「な、なんだって!?」
          ライバル「ふふふ、油断したな!母ちゃんのパンツは嫌という常識にとらわれたな!恨ポイントがMAXだぜ!」
          主「くっ、バカな!」
          ラ「お前の敗因はカードの気持ちになって考えなかったことだ!俺には聞こえる!『チェンジ!美女のにぃー!』という声が!」
          主「そこまで思いを共にしてるなんて!なんてヤツだ!すごいなお前!」
          ラ「俺の最後の切り札!水子のカードで勝負だ!」

          熱きカードバトルが続くのであった。

  8. 日本では恨みと言う言葉は現実の対象を伴って使われるのがふつうで恨みの対象を時間的空間的に広げることを理解できないでいると思います、慰安婦問題も徴用工問題も75年前にかかわった人はいるのかいないのか、今生きている日本人にどの程度の責任があるのかが示されないと無関係だと思っています、私からすれば元大使館前で水曜集会なるものを継続してる人は(生霊)がとりついてるじゃないかと思います、元慰安婦で生きているのおばさん霊がとりついた人があれこれやってるんだと思います、そう言う解釈をしないと全く理解できません、この不思議を解き明かしてくれる作家がいれば助かります。

  9. 日本では怨霊に対しては、徹底的に祀って供えて「どうかたたらないでください」とお願いしますね。踏んだり蹴飛ばしたりはしません。そんなことをしたら当然祟ると思うでしょう。
    今回のお話、「韓国人はなぜ謝らないのか」の答えの一つに見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。