他人の恨みをどう解決するか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の巫俗(ムソク、民間信仰)は、宗教になることは出来ず、未だシャーマニズムとして残っています。だから、韓国には独自の伝統宗教と呼べるものがありません。とはいえ、随分古くからあったのは事実で、その中には「鬼神(キシン)」に関する伝説も、いろいろあります。鬼神とは、中国から入ってきた言葉で、死んだ人の霊を言います。

前にも何度か書いたことがありますが、韓国の巫俗は強い『シン(神、何かの霊)』を呼び出して、弱いシンを追い出すことが基本となります。だから、術士は強いシンを所有していないと(または何かの契約を結んでいないと)力が出せなくなります。朝鮮半島では代々、「強いシン」とは、「強い恨(ハン)を持つシン」を意味しました。

恨みの強さが、そのままシンの強さになったのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

恨が強いシンとは、生まれてすぐ死んだ赤ちゃんのシン(赤ちゃん鬼神)、Hができずに死んだ男性(總角鬼神)、または女性(処女鬼神)が代表的です。

總角(チョンガク)は日本語のチョンガーの語源(多分)で、もともとは若い未婚の男を意味しますが、この場合は経験が無い男、という意味になります。処女もまた、韓国では未婚の女性を意味しますが、この場合は経験が無い女性、という意味です。

 

特に、処女鬼神になりそうな人が死んだ場合(若い女性が亡くなった場合)、町の人たちにとっては大きな悩みだったそうです。処女鬼神になって「化けて出る」と、大変ですから。だから、ある方法で、処女鬼神が出てくるのを防ぎます。

その方法とは、「街の十字路(人がもっとも多く往来する場所)に、女性の遺体を、うつ伏せで埋める」ことです。もちろん、街の人たちには内緒で埋めておきます。大勢の人に『踏まれる』ことで、その恨みを無くすという発想です。それでも万が一化けて出た時を考えて、うつ伏せにし、地面の上に出てこれなくしたのです。

性的な意味ではありません。踏みつけられることで、その恨みが弱くなる(恨みを諦めることになる)という意味です。実はこの方法韓国(朝鮮半島)の人たちが「恨(ハン)」をどう思っているのか、垣間見ることもできます。

自分の「恨」は、万人が同意すべき、世の中の正義であるべきと主張しますが、他人の恨は、大勢の人で踏みつければ何とかなる、と思っていたわけです。

 

ちなみに、チョンガー鬼神に対しては、このような話はありません。チョンガー鬼神が現れたけど、婦人が下着(今どきのような下着ではなく、下半身の肌着のようなもの)をやったら、チョンガー鬼神はそれをもらって大人しく消えた、とかそんな話ならあります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (139)

82 Replies to “他人の恨みをどう解決するか”

  1. 土着のシャーマニズムってのはどの地域にも存在するものだけど
    負の感情だけで成立してる土着信仰って中々ないぞ
    「復讐の連鎖を断ち切る」って考えにならんのも納得だわ

  2. 亡くなった人を通りに密かに埋めて人々に踏みつけさせるなんて発想は日本人には出て来ない、聞いただけでおぞましく、禁忌です。
    原爆Tシャツで話題になったBTS ですが、今年の3/11に日本に向けて新たなミュージックビデオを公式に発表しました。大きな水槽の中に沈む男の顔が繰り返し映し出され気味が悪いと感じました。津波で多くの日本人が海に流されたその日に公開されたことに、遺族に思い出させ揶揄して楽しんでいるのかと思ってしまいます。
    そのBTS の新曲がテレビ東京の4月から金曜夜8時からのドラマの主題歌になると発表されました。
    一人でも多くの方が抗議の電話とメールをテレビ東京に寄せて、世の中に知らせ、中止に持ち込みましょう。
    私たちに出来る事はそういった行動しかありません。
    嫌韓サイト(ここは違います)で、罵る事は意味が無いです。

    1. > BTS の新曲がテレビ東京の4月から金曜夜8時からのドラマの主題歌になると発表されました。

      マジかよ。何考えてんだ。

    2. 日本のお笑いにも同じ様な人はいましたね。
      赤い服着た2人組です。
      彼らの企みを暴いたネット民の調査能力には
      舌を巻きました。

  3. 異文化を感じられる面白い話題でした。
    習俗から民族性も垣間みられて、興味深く読ませてもらいました。

  4. 童貞や処女のまま死ぬと恨が強い霊になる、と言う発想がすごいですね。

  5. 鬼神のお話、凄く面白いです
    赤ちゃん鬼神(日本だと水子かな)で悲しくなりましたが、後者二つの鬼神でギャグマンガを作れば結構いけますね

  6. >踏みつけられることで、その恨みが弱くなる(恨みを諦めることになる)という意味です。実はこの方法、韓国(朝鮮半島)の人たちが「恨(ハン)」をどう思っているのか、垣間見ることもできます。

     中国は韓国を踏みつけたので「恨」の対象とはならず、日本は踏みつけなかったので「恨」が消えなかったと言うことですね。韓国の「恨」を無くすには「太陽より北風」ということです。

     韓国に通貨危機が訪れても韓国に援助なんてしないと考える日本人は多いと思っています。ただそれだけではなく、溺れる韓国を叩かないと「恨」が弱らない。そこまで考える日本人は少ない。不義理な相手の不幸を看過することはできても、追い打ちをかけようとは思わない。

     日本人が好きではない「死者にむち打つ」行為が、日韓問題における「恨」の解決だとすると日本人は思考のパラダイムを転換しなくてはなりません。
     美徳だと思っていることが「恨」を助長する。「相手を侮る」と「恨」とは相性がいいのでしょう。両方とも自己中心的な価値観ですから。

     日本人は、中国人のように「残酷」になれません。韓国人のように「嗜虐的」になれません。しかし、一度決心したら「冷徹」にはなれます。
     韓国人は「熱しやすく冷めやすい」ことで有名ですが、日本人は「熱しにくく冷めにくい」。韓国人に戦前から抱いていた共生感が21世紀まで持ったのは日本人の民族性のたまものだと感じます。

     客観的に見て結構ひどいことを無自覚に韓国は日本にしている。韓国に対する嫌悪感が、長い年月を経て熱せられました。一度韓国を「友とはなり得ない」と判断したら日本はスタンスを変えないでしょう。

     韓国は「用日」していれば繁栄を得られたのに、「反日」で自尊心を満たそうとしました。金の卵を産む日本を踏みつけ、金の卵を拠出させられる中国・北朝鮮に歩み寄ります。

     韓国人が思っているような神話的優越性は韓国人にはありません。周りの状況が文明国にしただけです。その支えは米国と日本でした。その支えを自ら捨てようとしています。

     ただしそれ自体は必然だと思っています。「杖」を捨てなければ自立自尊を誇ることはできませんから。「杖」を捨てると足下がおぼつかなくなることなど思いもしないのでしょう。

     「韓国のすることに間違いはございますまい」から。

  7. >チョンガー鬼神が現れたけど、
    >婦人が下着(今どきのような下着ではなく、下半身の肌着のようなもの)をやったら、
    >チョンガー鬼神はそれをもらって大人しく消えた、
    >とかそんな話ならあります。

    なんか妖怪漫画とかでありそうなエピソードですね。
    いかにも童貞キャラっぽくてわかりやすい。

  8. 陰陽をグチャグチャやってるのにね。
    陰は怨み辛みや憎しみ、陽はそれの反射でしかないんだと思うが、アムロの言葉はどう捉えるんだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。