他人の恨みをどう解決するか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の巫俗(ムソク、民間信仰)は、宗教になることは出来ず、未だシャーマニズムとして残っています。だから、韓国には独自の伝統宗教と呼べるものがありません。とはいえ、随分古くからあったのは事実で、その中には「鬼神(キシン)」に関する伝説も、いろいろあります。鬼神とは、中国から入ってきた言葉で、死んだ人の霊を言います。

前にも何度か書いたことがありますが、韓国の巫俗は強い『シン(神、何かの霊)』を呼び出して、弱いシンを追い出すことが基本となります。だから、術士は強いシンを所有していないと(または何かの契約を結んでいないと)力が出せなくなります。朝鮮半島では代々、「強いシン」とは、「強い恨(ハン)を持つシン」を意味しました。

恨みの強さが、そのままシンの強さになったのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

恨が強いシンとは、生まれてすぐ死んだ赤ちゃんのシン(赤ちゃん鬼神)、Hができずに死んだ男性(總角鬼神)、または女性(処女鬼神)が代表的です。

總角(チョンガク)は日本語のチョンガーの語源(多分)で、もともとは若い未婚の男を意味しますが、この場合は経験が無い男、という意味になります。処女もまた、韓国では未婚の女性を意味しますが、この場合は経験が無い女性、という意味です。

 

特に、処女鬼神になりそうな人が死んだ場合(若い女性が亡くなった場合)、町の人たちにとっては大きな悩みだったそうです。処女鬼神になって「化けて出る」と、大変ですから。だから、ある方法で、処女鬼神が出てくるのを防ぎます。

その方法とは、「街の十字路(人がもっとも多く往来する場所)に、女性の遺体を、うつ伏せで埋める」ことです。もちろん、街の人たちには内緒で埋めておきます。大勢の人に『踏まれる』ことで、その恨みを無くすという発想です。それでも万が一化けて出た時を考えて、うつ伏せにし、地面の上に出てこれなくしたのです。

性的な意味ではありません。踏みつけられることで、その恨みが弱くなる(恨みを諦めることになる)という意味です。実はこの方法韓国(朝鮮半島)の人たちが「恨(ハン)」をどう思っているのか、垣間見ることもできます。

自分の「恨」は、万人が同意すべき、世の中の正義であるべきと主張しますが、他人の恨は、大勢の人で踏みつければ何とかなる、と思っていたわけです。

 

ちなみに、チョンガー鬼神に対しては、このような話はありません。チョンガー鬼神が現れたけど、婦人が下着(今どきのような下着ではなく、下半身の肌着のようなもの)をやったら、チョンガー鬼神はそれをもらって大人しく消えた、とかそんな話ならあります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (134)

82 Replies to “他人の恨みをどう解決するか”

  1. 宗教人類学をちょっとかじったことのある身ですが、こういう話は知りませんでした。非常に衝撃的です。
    日本では、幼児が死んだ時、繁華な道に墓標のようなものを立て、通行する人に水を注いでもらい、無念を浄化してもらうという民俗儀礼があります。「流れ灌頂」と言うようです。
    また未婚で死んだ若者は、冥土で似たような境遇の異性(霊)と結婚させるという民俗もあります(これは半島にもあったかな?)。東北地方では少し前まで残っていたような。
    比較になるかどうかはわかりませんが。

  2. 人形文化が無いわけだ。
    人型に欲が宿ると発想している。果たせない欲は恨みになる。死んで人形(死体)になった遺体は踏みつける。
    シンさん、日本に来て正解。
    娘と公言しているなら、半島では子供がいない恨みを持った人形にされる。確実に酷いことするわ。

  3. 「鬼神(キシン)」→「キョンシー」なんでしょうね。

    土葬って肉体が構成成分に分解されて、まさに「土に還る」営み。
    タンパク質や脂肪、果ては炭素や窒素や酸素に還って、虫や草花の養分になり、炭素固定や食物連鎖の中でまた別の人間の体を生きる。
    科学的知識がなくとも、原始宗教はみなこの仕組みを直感的に理解してますね。仏教の輪廻の概念も、土からアダムを作るユダヤ教も同じ根を持っている。まさにリサイクルされる「魂」で、人類の記憶とでも呼ぶべきものでしょう。

    1. Wikipediaより
      >キョンシー:もともと中国においては、人が死んで埋葬する前に室内に安置しておくと、夜になって突然動きだし、人を驚かすことがあると昔から言われていた。それが僵尸(殭屍、広東語読みで「キョンシー」)である。

      鬼神とは関係ないみたいです。
      日本人に対する中国語の悪口として「小日本鬼子(シャオリーペンクイツ)」というのがあり、中国語の「鬼」とは「幽霊・お化け・妖怪」のような意味ですから、そちらに近いのではないでしょうか。

  4. おはようございます
    この風習は流石に知りませんでした、まあ胸くそ悪い事で
    おそらく、朝鮮半島以外ではこんな「祟られないために死後も足蹴にする」などという風習はまず無いでしょう
    死者、というのは基本的には先人か、或いは弱者(もっと言えば自分たちの次世代たる子供)でしょう
    であれば、敬って奉ずるかせめて穢れないように封じると思います
    近しい人であればあるだけ、死後は安らかに眠って頂くか、或いは背後から見守って頂きたい、そう考えるのが自然かと
    (日本はそれでも比較的悪霊というか幽霊を無条件に恐れる方だとは思いますが、欧米系だと幽霊って見えない隣人扱いなんですよねえ

    この特異さは、推測するに、有史以来ずっと現実として踏みつけ足蹴にされていたから、なのでしょうな
    先の性搾取の件とも絡みますが、常に上から踏みつけられ搾取されるのが当たり前であり、それ以外の事は考えつきもしない
    身内であっても所詮は現世の利益を奪い合う対象でしかない、弱いヤツはいなくなって当たり前、と
    うん、どう考えても、人として生きていく事が出来ない環境ですね
    そりゃ今に繋がるように、特異すぎて反吐が出るわけです

  5. 日本にも怨霊信仰があるけど、偉い人が非業の死(大体は政争で負けたり、暗殺されたり)をとげた場合です。
    長屋王、菅原道真、平将門、崇徳上皇 etc
    でも、これらの人達の死体を踏みつけたりするのはとんでもない話で、神社に祀るのが普通です。
    菅原道真なんて学問の神様になってますからね。

  6. 日本の地方で処女のまま死ぬと祟るから、死姦するという習慣があるとマンガで読んだが、多分作り話だよね?いや、パンチョの工作ではないよ

  7. ここまで来るともう付き合いきれません。聞きたくない。信じられない。絶対付き合いたくない。近代社会じゃない。

  8. 女性の下着をもらって素直に消えるチョンガー鬼神…。
    変態だな! うまく育てれば最強になれる。

    1. でも、ぱんつもらっただけで、大人しく引き下がるチョンガー鬼神って・・。そこはかとなく悲哀を感じてしまう。
      鬼神の生活にも、色々とつらいものがあるのだろうなぁ。

  9. 生きている間から、人を許すことがない人達だから、
    日本のように、怨霊を鎮めるために祀ることに意味は無いだろうな。
    人を許さない人間と、許されるための償いをしない人間。

    恨の無い世界など作ろうともしないのだろうな。

    死ぬまで苦しみ、死んでも苦しむ、難儀なことよ。

  10. 遺体を家の前に埋葬するのは東南アジアの風習で聞いたことがありますが、恨み避けより近くで居たいとの感じだったような
    日本では恨みをもったと思われる人は祭り上げますね
    以前のスレの※でも菅原道真や平将門などがあげられてましたが
    南総里見八犬伝にはたまずさの怨霊なんかもでてきますけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。