他人の恨みをどう解決するか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の巫俗(ムソク、民間信仰)は、宗教になることは出来ず、未だシャーマニズムとして残っています。だから、韓国には独自の伝統宗教と呼べるものがありません。とはいえ、随分古くからあったのは事実で、その中には「鬼神(キシン)」に関する伝説も、いろいろあります。鬼神とは、中国から入ってきた言葉で、死んだ人の霊を言います。

前にも何度か書いたことがありますが、韓国の巫俗は強い『シン(神、何かの霊)』を呼び出して、弱いシンを追い出すことが基本となります。だから、術士は強いシンを所有していないと(または何かの契約を結んでいないと)力が出せなくなります。朝鮮半島では代々、「強いシン」とは、「強い恨(ハン)を持つシン」を意味しました。

恨みの強さが、そのままシンの強さになったのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

恨が強いシンとは、生まれてすぐ死んだ赤ちゃんのシン(赤ちゃん鬼神)、Hができずに死んだ男性(總角鬼神)、または女性(処女鬼神)が代表的です。

總角(チョンガク)は日本語のチョンガーの語源(多分)で、もともとは若い未婚の男を意味しますが、この場合は経験が無い男、という意味になります。処女もまた、韓国では未婚の女性を意味しますが、この場合は経験が無い女性、という意味です。

 

特に、処女鬼神になりそうな人が死んだ場合(若い女性が亡くなった場合)、町の人たちにとっては大きな悩みだったそうです。処女鬼神になって「化けて出る」と、大変ですから。だから、ある方法で、処女鬼神が出てくるのを防ぎます。

その方法とは、「街の十字路(人がもっとも多く往来する場所)に、女性の遺体を、うつ伏せで埋める」ことです。もちろん、街の人たちには内緒で埋めておきます。大勢の人に『踏まれる』ことで、その恨みを無くすという発想です。それでも万が一化けて出た時を考えて、うつ伏せにし、地面の上に出てこれなくしたのです。

性的な意味ではありません。踏みつけられることで、その恨みが弱くなる(恨みを諦めることになる)という意味です。実はこの方法韓国(朝鮮半島)の人たちが「恨(ハン)」をどう思っているのか、垣間見ることもできます。

自分の「恨」は、万人が同意すべき、世の中の正義であるべきと主張しますが、他人の恨は、大勢の人で踏みつければ何とかなる、と思っていたわけです。

 

ちなみに、チョンガー鬼神に対しては、このような話はありません。チョンガー鬼神が現れたけど、婦人が下着(今どきのような下着ではなく、下半身の肌着のようなもの)をやったら、チョンガー鬼神はそれをもらって大人しく消えた、とかそんな話ならあります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (139)

82 Replies to “他人の恨みをどう解決するか”

  1. 十字路に埋めて~、の件は「犬神」を思い出しました。が、よく読むと正反対でした。
    確か犬神は犬の首を切り落とし、それを十字路に埋めて多くの人に踏ませることで『呪いを強くする』のです。
    そしてそれが犬神となり、それを使役することで財をなす、らしいです。(その代は栄えますがその子孫には犬神の呪いが降りかかるそうです)

    書いてて思ったのですが、踏みつけて恨みが消えるんでしょうか?ただ深いところに押し込んでるだけに思います。
    たぶん、恨みは消えてないです。押し込まれて深く、硬く、強くなってると思います。そしてそれは、表面上見えません。

  2. >チョンガー鬼神が現れたけど、婦人が下着(今どきのような下着ではなく、下半身の肌着のようなもの)をやったら、チョンガー鬼神はそれをもらって大人しく消えた

    ・・・・・・・・・変○仮面の初代様ニカ? ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
    ウリは鬼神にはなりたくないニダ・・・・・・・・・。
    独身女性が周りにいない事は無いニダ・・・・・・・・・。
    ただ「結婚しました」のハガキが順調に積み上がるだけニダよ(ノД`)・゜・。

  3. >埒外さんへ

    日本のお地蔵様信仰の話ですが

    赤ちゃん、幼子の死者の魂は地獄行きです。

    親より先に死んで、親を泣かせた親不孝の罪で
    三途の川の賽の河原で、鬼から石積をさせられます。

    この石をを回向の塔(自分自身の積み重ねた善根・功徳を相手にふりむけて与えること)と呼びます。

    夕暮れになると、鬼があわられて
    子供たちの積んだ石を金棒でつき崩し

    歪んでいる。見苦しい。やりなおせと
    因縁をつけて、永遠に終わらない労働をやらせます。

    (私は会社の仕事でリテイクの多い仕事を
    「賽の河原の石積かよ」と呼んでいます)

    ここにお地蔵さまが現れて、
    「鬼を去れ!」「子供たちよ。私が父母に代わって守ります」
    と。

    聞いたことありませんか?地蔵和讃
    これはこの世のことならず
    死出の山路の裾野なる
    賽の河原のものがたり

    この世に生まれ甲斐もなく
    親に先立つありさまは
    諸事の哀れをとどめたり

    二つ三つや六つや七つ
    十にもたらぬ幼児(おさなご)が
    賽の河原に集まりて
    苦しみ受くるぞ悲しけれ
    娑婆(しゃば)とちがいて幼児が
    雨露しのぐ住家さえ
    なければ涙の絶え間なし

    河原に明け暮れ野宿して
    西に向いて父恋し
    東を見ては母恋し
    恋し恋しと泣く声は
    この世の声とはこと変わり
    悲しき骨身を透(とお)すなり

    あとは略

    水子供養、幼子供養にお地蔵様をまつるのは、
    お地蔵様が地獄に仏の存在だからです。

    1. お地蔵さん(地蔵菩薩)って閻魔大王が現世を見に来るときに世を忍ぶ仮の姿となってたような。お地蔵さんに悪さをするのは恐ろしくて私はできませんねぇ。

  4. >埒外さんへ

    >赤ちゃん鬼神の恨が強い理由が判りません。
    >地獄で生きていく苦難から逃れられて嬉しいと思うのですがね。

    うまれてから少ししか生きられなかった悲しみでは

    日本でも、年寄りがなくなった場合は
    葬儀の席で、親族が、
    「これだけ長く生きられたなら本人も十分満足だろう」
    と穏やかな空気ですが
    赤ちゃんやこどもの葬儀は

    「まだほんの少ししか生きていない」のに
    と、親族の悲痛が、見ているだけで
    胸が張り裂けそうなほど辛いものがありますから

    結局は遺族の無念の強さかと

  5. えーと
    赤ちゃん鬼神はわかりますが

    処女と童貞はどうやって調べるんですか?

    特に童貞

    それと鬼神になるのを防ぐためならば、
    死姦してもだめなんですか?

    朝鮮には男聖(おとこひじり)という発想はないんですか?
    一生結婚しない男性、独身主義、
    出家せず髪をそらない仏道修行者

    日本の場合は、千年以上昔から独身主義の男性は
    半聖職者の扱いで、
    生涯結婚しなかった女性はいかず後家
    とばかにして、男ばかりずるい!という面がありましたが。

    とりあえず漫画化すれば
    おもしろそうな設定ですね

    1. 匿名様

      <死姦してもだめなんですか?>
      あなた、超汚染人&その悪しき子孫! 
      日本人ならば、絶対に、その発想は出て来ないよ!
      山口県光市の母子殺人の犯人:福田チョンと同じ発想ニダ!!

  6. 韓国人って踏み付けるの、好きですね、、
    NO JAPAN のパフォーマンスで箱、踏み付けたり、、
    釜山郊外の村じゃ、今も以前のまま、日本人の墓石を階段石や便所の床石に利用して踏み付けたり。で、この村、観光名所らしいし

  7. 通りに埋められた女性の霊が言っていた。
    「助けてェ、実はわたしは違うのォ。だから、早くここから出してェ。」
    経験のあるなしなんて、例え親兄弟といえども本当のところはわからないだろう。
    また、別の処女鬼神が言ったとか。
    「知らなかったわ。あの時のあれはそうじゃなかったのネ。アイゴー!」

    何ゆえ亡くなった人のなかで、経験のない男・女が怖れられるのだろうか。私にはその事が不思議である。

    ところで、
    話のネタに関して、シム・ウンギョンさん辺りで何かありませんかね。

  8. 赤ちゃん鬼神の恨が強い理由が判りません。
    地獄で生きていく苦難から逃れられて嬉しいと思うのですがね。
    それにしても死人に口無しを活用しているなぁ・・・

  9. 中国などでは未婚で亡くなった男女を結婚させる「冥婚」というのがあるのですが、朝鮮にはないのでしょうか。

    (この風習、一見良さげに見えるんですが、いつも似合いの相手(死者)がいるとは限らないので、相手を得るために色々と酷いことになる場合もあるようですが。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。