在韓米軍の韓国人職員、大統領府に解決を要求

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

まだまだネタ不足が続いており、また在韓米軍「働いてはダメでござる」の件になりました。

昨日のエントリーでは3500人に無給休職通知が来たとしていましたが、「5000人を超えている」と書く記事が増えました。

労組がさっそく抵抗を示していますが・・その相手は米軍側ではなく、韓国政府のほうでした。昨日のエントリーでも紹介しましたが、米軍側が、韓国の労組が取れる手段を前もって遮断しておいたから、でしょうか。

まず、ファイナンシャルニュースの記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<在韓米軍司令部が韓国人労働者の一部に無給休職者の最終決定通知を開始した。在韓米軍韓国人労働組合は、大統領府の前で記者会見を開き、政府が無給休職労働者への対策を作るよう促した。

25日、駐韓米軍と韓国人労働組合によると、在韓米軍司令部はこの日の午前、無給休職が決定された韓国人労働者に最終決定通知書を送信した。米国務省は、韓米防衛費分担金特別協定(SMA)の妥結遅延を理由に、必須の人員を除いた残りの韓国人労働者を4月1日から無給休職にする措置を取る通知している・・>

※画像はソース記事ファイナンシャルニュースからのキャプチャーですが、元ソースは『ニュース1』です

https://news.v.daum.net/v/20200325140646200

 

画像を見ると、「私たちも大韓民国国民だ。韓国政府が保護せよ」となっています。政府が保護すべきかどうかは微妙ですが、「生まれてから死ぬまで国民の生活の全てに政府が責任を取る」国家を目指すと言ったのは文政府ですから・・どんな形で『実践』するのか、見ものです。

・・・そういえば、JTBCの記事の題に『強制休職』という言葉がありました。確かに強制といえば強制ですが、なんでも強制を付ければ何とかなるものではないと思います。以上、エントリー内容のパンチが弱すぎる気もしますが、こういう展開になっています、ということで・・

https://news.v.daum.net/v/20200325214418917

 

文在寅大統領「とりあえずコロナ検査をしよう」/労働組合「いや、なんでもそれで押し通せると思うなよ」

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (142)

41 Replies to “在韓米軍の韓国人職員、大統領府に解決を要求”

  1. >名無しさんさんへ

    >シンシアリーさんはかなり冷たい反応ですが、無給と言うのは死活問題。しかもこの人たちに出来る事として雇用者米軍と話し合える事は何もない。彼ら労働者が改善出来るポイントも何もない。

    冷たい反応だという相手は、
    シンシアリーさんではなく
    韓国大統領でしょう。

  2. シンさんも仰っている通り、かれらは「強制」って単語が大好きですよね?
    これもまた簡単に被害者になれる魔法のワードなんですかね?
    コレに限らず形容詞を多用しているイメージが有ります。
    韓国語の翻訳時に形容詞をとっぱらって翻訳する機能って無いもんですかね?
    A4一頁翻訳したら何も残らなかったりとか(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。