チョ・グク氏は、本当に帰ってくるのか?・・「総選挙で与党が勝てば、無罪になる」?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

うわ・・ネタが無い・・(驚嘆)。自分でも「なに書いてるんだ、いま」と思いながら処女鬼神の話まで書きましたが、さすがにそろそろネタ切れです。

仕方ないので、タマネギマンの続編可能性について、ちょこっと紹介します。

私は今でも、チョ・グク氏は生きている、と思っています。いや、別に死んだわけじゃないけど、次の大統領候補として、です。朝鮮日報のソンウ・ジョン氏の記事によると、最近、それっぽいことを書いた人がいる、とのことでして。

以下、記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・開かれた民主党(※共に民主党が比例議員当選のために作った衛星政党の一つだと言われています)の総選挙候補ファン・フイソク氏は、法務部人権局長だった時、「チョ・グクの腹心」と呼ばれていた。最近の彼の主張を読んでみると、与党側の総選挙勝利の後に繰り広げられるであろう、大韓民国の未来が、鮮明に見える。

先日、彼はソーシャルメディアにこう書いた。「悔しくも犠牲となった『チョ』は、名誉を回復し、新しい運命を迎えるのでしょうか。4・15総選挙で決定します。まあ…大まかに答えは見えまていますが」。

チョは、チョ・グク氏、名誉回復は彼の無罪、新しい運命とは、政治的飛躍のことだと解釈される。

 

与党側が総選挙で勝てば、そのようになるだろう。彼は弁護士だ。法と正義を常時口にして生きている民弁(※民主社会のための弁護士の会)所属だ。総選挙の

勝敗と、有罪・無罪に何の関係はあるのだろうか?政界を回りすぎたせいで現実を見る目が出来てしまったのか、私は、与党側が勝利すれば、チョグク氏が無罪になるというファン氏の主張に、同意する。

文在寅時代になって、大韓民国の司法は無茶苦茶になって久しいからだ。チョ氏は新しい運命を迎えるだろうという主張にも同意する。与党勝利で無罪が出ると、彼は有力大統領候補に上がるだろう。ファン氏は、文在寅時代になって陥ってしまった韓国の政治において、道義(人としての道理)をちゃんと知っている。通常の人物ではない。

保守は、チョ・グクを忘れている。しかし、左派は忘れていない・・>

https://news.v.daum.net/v/20200325032149246

 

さて、どうでしょう。本当にタマネギマンが帰ってくるなら、しばらくネタには困りそうにありませんが・・・

他に、本件とは関係ありませんが、

日本でも何かあれば「安倍総理がスキャンダルを隠すためにやった」という話をする人たちがいますが、韓国でも、今回の「N番部屋」を、「検察総長のユン・ソクリョルが、親族の犯行を隠すためにやったこと」とする声があるそうです。もちろん、ムンパの皆さんの間で。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (122)

38 Replies to “チョ・グク氏は、本当に帰ってくるのか?・・「総選挙で与党が勝てば、無罪になる」?”

  1. 頭壊文の人々は、スキャンダルまみれの曺国元法相を無条件支持でしょう。だって一つの宗教ですからね。そして彼らの宣伝活布教動で犬豚たちはトランス状態に入る。積弊清算を旗印に何か社会をやってくれる、社会的不合理を正してくれるという漠然とした期待を持つ。まあそれだけ韓国社会の病根は根深いといえる。ダイヤモンド匙・金匙・銀匙・銅匙・泥匙のスプーン階級論の出てくる韓国社会の現状。いくら努力してソウル大に入っても、生まれた階層が低いとチャンスはないのが韓国社会。
    日本統治時代、朝鮮人にもチャンスはあった。貧しい農家に生まれた朴正煕がまさにそうだった。また財閥の初代は日本統治時代に創業した。現代財閥の鄭周永もそうだった。江原道の田舎から牛一頭を引いて京城にやってきて成功した。また朝鮮戦争後の復興期もそうだった。しかし経済発展していく中で韓国社会はスプーン階級論にみられるように、コネとカネがなければいくら実力があっても階層上昇できない。社会が固定化されてしまったのだ。しかも韓国は伝統的な儒教社会、つまり差別社会である。そんな韓国社会に不満を抱く人々が左派の支持層になる。ところが、曺国は典型的な江南左翼で金匙階級なのだ。だから子女の進学に関してあのような不正ができる。さらに民情首席秘書の立場を利用して親族に守秘義務のある情報を教え、さらに自身もそれに関連する事業に投資して大きな利益を得ていた。しかし宗教的洗脳を受けた頭壊文や犬豚にはそのようなスキャンダルは目に入らない。韓国はどこまで行っても韓国でしかない。

  2. 帰ってきてもこなくても
    どうでもいい。

    別の玉ねぎに変わるだけでしょう

    韓国政府から、賄賂や縁故ひいきは
    なくならないでしょうよ

  3. >えっちな人さんへ

    デザインの世界で、
    国ごとに、色に関するイメージが
    異なることが確認されています。

    にほんでは桃がエッチな色で
    ブルーは賢い、クルーな色
    だから会社案内は、青が多い
    そして食欲を失う色

    アメリカだとブルーがエッチです。
    そして日本人は青色の派手な食べ物を
    あげると、ありがとうと受け取って
    いつまでも手に持ったまま食べないのはなぜ?と思います。

    販売促進のデータでも、
    スーパーの精肉売り場で、蛍光灯の
    昼白色を温かなオレンジの電気色に
    変えたら、売り上げが2割上がったという
    色は性欲、食欲に与える影響が大きく
    国ごとに違うため、
    韓国ではけばけばしいビビッドカラーを
    美しいと感じるけど、日本人は
    子ども頃は好きだけど、大人になると、
    けばけばしい、下品だといって
    白や黒の絵の具を混ぜたような
    淡い色や渋い色を好みます。

    なので、韓国人と日本人の
    色彩感覚は異なると思いますよ

    韓国人の好みはわからないけど
    ペルーカラーや、パステルカラーではないと思う

  4. 彼は帰ってきます。
    何故か。それは最悪なときに最悪な決断をするから
    4月の総選挙も与党が勝つでしょうし(3権を握れば怖い物なし)、勝てば大統領権限で復帰するでしょうし、法を犯し、徳を無くし、ウリは何をしてもいい荷駄。
    上にタッタだ。
    でも言葉は反対の”私はいい人”を言い続けるにだ
    いまでも奴隷が残る国。は半端じゃない荷駄

  5. ネタ切れを恐れるな!
    各国に輸出された『ドラえもん』ですら白紙で宣伝したんだ。
    連載中もネタ切れと〆切に追われるのを、フニャコフニャ夫に託してるし。
    「ワハハハ、オシシ仮面!」と「グエーッ」だけでキャラクターが派生したりしてるし。
    改めて天才ってスランプでも凄いよなぁってなんの話だっけ?

  6. 帰ってきたタマネギマン 
    作曲すぎやまこういち 作詞コンバトラーV

    未だに見える タマネギの芽が
    しばらく逃げ出し すぐまた戻る   
    検察退治に 使命をかけて
    赤い国に あとわずか
    おまえは無罪と 耳にして
    帰ってきたぞ 帰ってきたぞ
    タマネギマン

    ※オリジナルは『帰ってきたウルトラマン』

  7. そういえば、いまだに韓国では極右の安倍政権がーとか言っているな
    安倍政権が倒れたら、日本は元通り、徴用工問題は認めるし
    韓国にとって、一番に都合のよい状況になると信じているようだが

    もともと安倍総理は、日韓議員連盟に所属していたこともあり
    政界でも韓国に友好的な立場の政治家だったのだがな
    北朝鮮や中国との問題もあり、韓国の存在を小泉政権や第一次安倍政権では重視していたし。
    そもそも日本が対韓外交を転換する端緒となったのは、韓国が良識派だと言っていた民主党の野田政権の時だった
    韓国のいまの外交姿勢では、それこそ共産党政権でも成立しない限り、結局のところ、韓国への強硬姿勢を取らざろう得なくなる

    だいたいさ、安倍政権が人気取りのために韓国との対決姿勢を煽っている
    何て的外れのことを言っている時点で、韓国の認識は間違いだ
    韓国への拒否反応は、政界が煽ったのではなく一般の国民から出ている
    ネットを中心に出た嫌韓が、一般にも広がり。現在のような状況を作った。
    安倍政権はむしろそれに突き動かされた節もある

    アレだけ韓国が反日を展開すれば当然の事だ。
    そんな韓国人を観ていると、日本の左派連中の中国や韓国への視点を感じるしかない
    左派連中は、自分が心に描いている。平和な世界を守るためには、中国や韓国など日本の軍国主義の犠牲者であり、善良な存在でないとならないとの思い込みがあり
    それを否定することも絶対に許されないと思っている
    それを否定すれば、自分が考えている世界が壊れるからだ
    韓国が安倍政権がどうのと言っている姿は、これと一緒
    自分にとって都合のよい日本を求めているから、いまの状況の犯人が欲しくて安倍がどうのと言っているのだ
    日本人がそんなのに付き合ってやる理由はないな

    1. そうそう。
      元々安倍総理が韓国に敵意など持っていなかったのは、過去の発言や著作を見れば明白なのにね。
      ここ一連の韓国の行いには相当うんざりしたんじゃないかなぁと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。