韓国、「オンライン授業」試演はガクガク・・学校側のオンライン環境は20年前のまま

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国が、新学期をオンライン授業で始める方案を提示しています。4月6日にも普通に新学期を始めることができないと、オンライン授業で新学期を始める、という内容です。ただ、まだ確定ではありません。

で、確定はないにせよ、そもそも「出来るのか」ですが・・学校側は数々の制限で20年前のインフラで止まっていて、しかも、政府の試演すらもちゃんと出来なかった、とのこと。動画がガクガクなのに副総理だけが満足そうに笑っていて、記者たちが気まずく笑いをこらえていたそうです。

オンラインが当たり前のようになっていますが、それは相応のインフラを必死に構築してきた企業側の努力があってこそのもの。ちゃんと出来るのかを考えずに「スマホで映画見れるから授業もオンラインでやろう」という発想がどれだけ危険なのか、そういう趣旨の『試演』にもなったと言えるでしょう。とはいえ、これもいったん始まると総選挙直前まで「IT強国大韓民国マンセー」という記事が溢れるでしょうけど・・

韓国経済とソウル新聞の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、ソウル新聞からの部分引用です。

<教育部がコロナ19により4月6日にも通常の始業が難しい場合は、「オンライン授業」をするという計画を発表したが、学校現場は「準備できてない」とあたふたしているだけだ。最大の問題は、「情報技術(IT)強国」という修飾語が面目を失うほど、学校現場のITインフラ構築と利用率が落ちるという点である。

シン・ドンハ「実践教育教師の会」政策委員は、「規制一辺倒の慣行で、学校のIT基盤は、20年近く遅れている」と指摘した。セキュリティ上の理由で、学校には、特別室を除いてはWi-Fiが構築されていない。また、学校のコンピュータには、ウェブカメラとマイクがないため、オンライン授業など不可能である・・>

https://news.v.daum.net/v/20200327050641636

教師が自費で相応の装備を購入して自宅でやったほうが、まだ学校でやるよりはマシだけど、始業式からは在宅勤務も難しいそうです。それに、オンライン授業は学生たちの『評価』や『参加誘導』が難しいので、あまり望ましいとも言えない、とも。

 

学校だけの問題でもないようです。25日、教育部が全国の小・中・高校のオンライン始業を推進すると発表しながら、慶尚南道の教師がオンライン授業を行う試演がありました。ユ・ウンへ副首相兼教育相も参加し、「新型コロナウイルス感染症を機会に遠隔授業と対面授業を繋げる未来の教育の先を行くことができると考えている」と自慢気に話したそうです。しかし・・

 

ここからは韓国経済の記事の部分引用です。

<・・ユ副総理の自画自賛とは違い、遠隔授業は期待ではなく懸念を抱くに十分だった。教師が主に使用している遠隔授業プログラムズーム(ZOOM)とソーシャルメディアを組み合わせた形の今回の授業で、動画は頻繁に切れた。画面と音声が一致しなかったのはもちろんのこと、教師の発言を理解することができないほど音が霞む場合も多かった。ユ副総理が笑顔を浮かべながら試演を眺める中、現場にいた記者たちの間では、気まずい笑いが何度も聞こえてきた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200326171308672

 

それに、何よりの問題は、「子が学校に通っている全世帯にオンライン授業を『受ける』ことが出来る環境が揃っているのか」です。動画授業がちゃんと受けられるPCやスマホ、タブレットなどを持っていない世帯だってあります。その世帯は、『義務教育』から外れることになります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (130)

34 Replies to “韓国、「オンライン授業」試演はガクガク・・学校側のオンライン環境は20年前のまま”

  1. >PCやスマホ、タブレットなどを持っていない世帯だってあります

    そこで文政権お得意のバラマキですよ。
    「全世帯に教育用パソコンを無償配布!」
    これで総選挙は圧勝ですね。
    なーに、選挙後に「財源ないから」で断念すればいいだけですし

  2. なんで韓国という国は笑わせてくれる国なのかw
    全く詳しくはないのですが、これって漫才の構成に似てるのでないでしょうか?
    散々上げまくり、自慢しておきながら、そこでドーンと突っ込まれ落とされ、笑わせる。
    いつも韓国ってこのパターン。
    これでもかの自画自賛、んでこれでもかの突っ込みで落ち、失笑をかい、そして、なんだかんだの訳わからない言い訳をして、大笑いをとる。
    違うてんは、その笑われた原因を他のせい、または日本のせいにして、恨み妬むというところでしょうか。

  3. ZOOMは米国企業のサービスで品質は同種のサービスの中では最も高いと言われています。それを使ってダメダメと言うことは余程インフラがショボイと言うことでしょう。韓国は世界一のインフラを持っていると自慢していたのに実体はこれですか?

  4. これだけは信じられない。
    IT強国大韓民国でそんなことなんかありえない話です。
    全世帯に最新のギャラクシーのスマホが普及し、5G一番乗りした国で、オンライン授業ができないなんて絶対あり得ないことだ。
    世界がその先進性を憧れ、教えを請おうとしている韓国で、副総理が見ている前で、まさかかくかく、とぎれとぎれの試演授業とは、・・・ 東進ハイスクールも大笑いでやんす(www)。

  5. 科目を「性教育」にして、指定教材を「AV」にすれば、
    受講率100%を、達成できると思います。

  6. まあ一番目立たない部分は金かけずにすましてくるよね。
    20年前って、日韓w杯とかの頃か。
    日本はどうなってるかねえ。

  7. (閑話)よく知られている事ですが、現在だと実は無線通信の方が敷設が簡単です
    家庭内でLANを繋ぐ事をお考えになれば分かる通り、メタルなり光ファイバーなりのケーブルを取り回す、というのは意外に面倒ですし、先に敷設しておいたものとの代替はさらに手間がかかります
    その意味では、無線規格を高度化するのはアンテナ基地局と受発信端末を揃えればいい分、気楽ではあります
    「投資」さえする気になれば、全世界の何処でも最新規格の無線通信は可能でしょうね、だから韓国でも手を出したわけで
    ただし、現状の5Gは発展途上で、電波波長自体が不可視光と同じレベルなので「アンテナとの距離が長いと繋がらない(遠くが見えにくいのと同じ)」「建物の影や屋内でも繋がらない(影が出来るのと同じ)」という問題があります
    アンテナ当たりの接続端末数が少なく、大容量通信が不要なら、むしろ今の4Gの方が当面は快適、かも知れませんね
    実は通話とメールだけなら、3G(FOMA)だってまだずいぶん先まで使えるはずなんですが

  8. 「我が大韓民国の民は、世界に誇る妄想ができるのだ。オンライン授業を受けていることを想像せよ。さすれば、君の脳も鍛えられるであろう。」

    ・・・できもしないことをしないで、「各自教科書で学びましょう。あなたたちなら、必ずできますよ。」と言えばいいのだ。

    他国が行っているのを「追いつけ、追い越せ」で、まねしようとするのはやめましょう。

    ※こんな点が、金が韓国に対して怒る原因なのかもしれないな。
    金は結構韓国のことを気にかけ、かけすぎていてイライラするのだろう。
    (傍目から見れば、どっちも不愉快な国)

  9. あれあれ?韓国さんは、世界に冠たるIT大国だったのでは?
    5Gも世界一早く実用化したのでは?
    ADSLって久々に耳にしたな。まだあったんだ・・・

    ツッコミどころ満載ですが、この辺で。

  10. IT(Internet Technic)強国とはw
    韓国ではその意味も分からずADSL引きまくって、見かけの数字を取り繕っただけですからね
    しかし、それを未だにそのままにしているとは流石に思っていませんでしたが
    いやあ、長年対岸を眺めてきましたが、まだまだ知らない事があるなあ___

    まあ日本でも遠隔授業の試みはなされていますし、今回の武漢肺炎では、私のところの近隣市町村ではローカルテレビを使ったビデオ授業などもやっています
    ただ、これらってあくまで一時的でやむを得ないもの、十分ではないがそれを理解した上で、とやっているわけで
    企業でのTV会議もそれこそ20年くらい前からちょこちょことテスト的にずっとやってきてて、今ようやく一般でも出来るようになったレベルで
    こんな自画自賛とはほど遠いくらいに慎重だし、もう少しまともに出来てますですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。