何故韓国のキリスト教は民族主義が強いのか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

いつものことですが、ここでいう「基督教(キドクキョウ)」とは、韓国のキリスト教・新教(プロテスタント)のほうです。

さて、今日はまた雑談ということで、なんで韓国のキリスト教だけがこんなに民族主義が強いのか、について綴ってみます。

もともと、基督教は民族主義とは相性が悪い宗教です。もともとイエスが2000年前のユダヤの指導者たちに嫌われた理由が、『ユダヤ人って、自慢するようなものではありません。神様は、小石をアブラハムの子孫(ユダヤ人)にすることも出来ます』と話すなど、神の救援はユダヤ以外の他民族でも手に入れることが出来るという趣旨を教えていたからです。

だから、ユダヤ教では今でもイエスをキリスト(救世主)だと認めていません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

にもかかわらず、世界で唯一、キリスト教が「うちは民族主義宗教だ」と自慢する国があります。韓国です。この視点に対しては、韓国内でも「キリスト教的に危ない考え方だ」とする声が上がっていますが、流れは変わっていません。

中には、「韓国人こそが、ユダヤ民族に出来なかった使命を果たす真の選ばれし民族だ」という話をする牧師もいます。結構大きな教会でした。

キリスト教が良いか悪いか、民族主義が良いか悪いか(キリスト教も民族主義も、韓国のものはどこか歪められていますけど)を別にして考えてみても、これは矛盾です。「キリスト教的に見ておかしい」ことをここまで積極的にやっている理由は何でしょうか。それは、「日本が悪い」のおかげです。

 

基督教神学者でもある白石(ペクソク)大学のイ・サンギュ教授は、2019年の「教会と国家」というセミナーで、このように話しました。

「韓国の基督教は、日本帝国主義と戦うために、神様によって韓国(以下、朝鮮)に来た」、「当時の朝鮮は、民族の魂を守りながら欧米の文化を受け入れようとした。そのために朝鮮に来たのが基督教だ」、「基督教は抗日闘争のための力を必要とする朝鮮の民族主義に必要だったし、基督教は朝鮮に欧米の文化を与えた」・・

 

似たような話を、他にもよく耳にします。確か、ソウルではなく別の都市にある純福音教会で聞いた教会演説では、この現象を「キリスト教的民族主義」(Christian nationalism)と呼んでいたし、米国でも活動している韓国の神学者キム・セユン教授は「韓国では、キリスト教が民族主義と結婚した」としています。

キム教授が書いた「基督教と韓国文化」という論文、「基督教と民族主義」章には、こんな内容があります。

「基督教と民族主義の結合は、1910年から1945年に至る、日本の残酷な植民地占領期間にさらに加速された。クリスチャンは独立運動に主導的に参加し、全国の教会とキリスト教の学校を独立闘争の拠点として活用した。彼らに強要されている、日本の神道崇拝と戦いながら、私たちの国のクリスチャンは偶像を崇拝する異邦勢力との聖戦をしていると考えた。彼らは韓国と聖書の中のイスラエルを同一のものと見て、自分の民に信頼できる姿を見せた神様の姿を記録した聖書、 出エジプトとバビロン捕虜帰還、ダニエルとヨハネの黙示録 から、慰労と力を得た。

このように韓国と聖書のイスラエルを同一視する大多数韓国クリスチャンの大衆神学は、共産主義の迫害を受けていた期間を経て、今日も受け継がれている。そして国の福祉のために熱心に祈り、国家の利益を侵害する外勢に対抗して戦う。1960年代、韓日国交正常化に反対したり、日本不買運動が広範囲に起きたり、不公正に見える米国の貿易政策に反対する運動が起こっていることが、その良い例である」

 

面白いのは(面白くないけど)、北朝鮮もまた、普通なら相性が悪い「社会主義」と「民族主義」が一つになっています。これは何故か?私は、こう思っています。

韓国(朝鮮半島)の民族主義は、ただの「根拠のない選民思想」です。自分が一番偉いとするものにすぎません。その選民思想が、適当に名分に出来るもの(キリスト教、社会主義)を飲み込んだのではないでしょうか。その結果が、『ウリスト教』と『主体思想』である、と。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (136)

“何故韓国のキリスト教は民族主義が強いのか” への100件の返信

  1. 河井案里夫妻も真っ青です\(◎o◎)/!

    >韓国総選挙に1118人が出馬…3分の1は前科者、中には殺人犯も!

    〝道義は地に落ち天下は麻の如く乱れた〟あの国が、21世紀の今日迄よくも崩壊せず存続しているものだと感心する今日この頃ニダヨ。

  2. 余話です
    函館にはハリストス正教会(ロシア正教)、イギリス正教の教会にトラピスチヌ女子修道院とトラピスト修道院(男子)があり観光名所にもなってます。
    韓国はどうなんでしょうね?
    函館のハリストス正教会は可愛らしく神田のニコライ堂よりも小さいですけど。
    中華会館もあったな

  3. 単純に、民族主義(独立運動)=偉い、という一つしか物差しの無い社会だからでしょ。別にキリスト教である必要もない。

  4. このお話、統一協会など正にぴったし当てはまります。
    韓国(半島では、何よりも自民族絶対主義であり、それと、シャーマニズムも併さって、結局、宗教は邪教化するのだと思います。

  5. 説明願えれば幸いです。

    >いつものことですが、ここでいう「基督教(キドクキョウ)」とは、韓国のキリスト教・新教(プロテスタント)のほうです。

    >キム教授が書いた「基督教と韓国文化」という論文、「基督教と民族主義」章には、こんな内容があります。

    はクリスチャンについてです。

     韓国はまず日帝時代にクリスチャンが布教され、米国統治下でプロテスタントが普及したと聞き及んでいます。双方ともに移入発展の理由と動機が違うと理解しています。

     従って弁別して分析するのは理にかなうと思います。前段でプロテスタントについて述べると書いて、締めの引用がカトリックの分析文なのはなぜなのかよくわかりません。

    >韓国(朝鮮半島)の民族主義は、ただの「根拠のない選民思想」です。自分が一番偉いとするものにすぎません。その選民思想が、適当に名分に出来るもの(キリスト教、社会主義)を飲み込んだのではないでしょうか。

     同感です。「レミーマルタンの瓶に入れても糞酒は糞酒」だと理解しています。

    1. じわたねほさん
      クリスチャンはカトリック・プロテスタントその他含めてキリスト教徒だと思うのですが。ですから、ここに書かれているものはすべてあの国のプロテスタントのことだと思います。カトリックでこのような変容をするとそれはたちまち異端なので認められない・・・はずなのですが、あの国ではすべてが劣化するのでどうなのでしょうね。

      あの国での事情はわかりませんが、台湾での戦後の米国系プロテスタントの布教については読んだことがあります。日本統治時代には現地のもともとの住民、高砂族は共通語として日本語を受け入れ、また日本の神道ももともとのアニミズムと習合した形で受容していました。戦後布教に乗り出した米国系の宣教師(この言葉をプロテスタントに使っていいのかはわかりませんが)は、軍隊をバックに高砂族の部落に入り込んでは神社を破壊し、これは偽物の神、本物の神の教えに従え、とやったそうです。日本全否定の風潮の中、彼ら高砂族もまた全員がプロテスタントに入信していった、とか。

      半島でも似たようなものでしょう。恐らく入り込んだ米国系宣教師は布教に「反日」を利用したのでしょう。その結果、ああいうウリスト教が誕生した、恐らくはそんなところではないでしょうか。

      1. リプライありがとうございます。

         間違っていました。申し訳ありません。「1910年から1945年に至る、日本の残酷な植民地占領期間にさらに加速された。」はカトリックのことを指しているので、プロテスタントの話には敷衍できないのではと思っていたのをいろいろ間違って書き込んでしまいました。

         謹んでお詫びします。

      2. 「クリスチャン」の定義については、当のキリスト教の側、特にプロテスタント諸派では様々な見解があるようです(聖書原理主義的な福音派のように、自分たち以外は「クリスチャン」と認めないような宗派もある)。
        カソリックだけを「クリスチャン」とみなす考えかたも、あながち間違いとも言い切れないような気がしますね。

        1. リプライありがとうございます。

           深い思惟がなくごく自然に書いてしまったので、アリスさんのご指摘はもっともだと理解しています。

      3. まずは、キサラギ=アリスさんに。

        韓国での宣教事情は、台湾とは全然違います。
        朝鮮戦争のさなか、十字架をぶら下げていれば、米国人が優遇してくれたから、つまり「食えるから」が主な理由です。
        台湾人のように、無理矢理引き剥がす必要はありませんでした。

        韓国でキリスト教徒が爆発的に増えたのは、1970年代以降で、プロテスタントがシャーマニズムとの融合して、朝鮮民族の心情に添うものになって行ったからです。
        もし、そのまま米国人が宣教していたなら、こんなにもウリ化しなかったでしょうから、ここまで信者数は伸びなかったと思います。

        #「宣教師」はプロテスタントも使います。キリスト教じゃなくてもOKな言葉です。

        じわたねほさん

        疑問は簡単に解けますよ。
        韓国人の歴史には、「時系列」はありません。
        彼らが、整合性のあることを言ったことがありますか?
        全て都合のいい後付けの解釈です。

        カトリックだろうが、プロテスタントだろうが、この場合関係ありません。
        キリスト教ならウリと見做す。ということなのでしょう。
        まさに「韓国クリスチャンの大衆神学」だと思います。

        1. cieさん、ありがとうございます。禁断の木の実を食べたから普及はしたけど邪教化した、と思ったら、邪教化して初めて普及したのですね。
          日本でもキリスト教とキリスト教系の新興宗教は別に扱うと思うのですが、そうするとあちらは朱子学が儒教と無関係に近い何かになったのど同様に、「本来の」キリスト教はないのかも知れませんね。。。

          1. キサラギ=アリスさん

            邪教化しながら、信者増やして行った。
            信者が増える度に、邪教化して行った。
            相乗効果で需、要と供給の見事なバランスを生み出しました。

        2. リプライありがとうございます。

           たしかに韓国の歴史は帰納的に構成して、再構築されるので「時系列」を問題にすること自体が間違いなのかも知れません。

           ただ「すべて嘘」が前提だと論ずる以前に前提の真理性の問題になってしまって論が成り立ちませんが、だからこそ韓国人の論理性には欠陥があるのかも知れません。「前提である嘘」を容認しないと立論できませんから。

          >韓国人の歴史には、「時系列」はありません。

          せっかく書き込んでくださいましたので採れたての「時系列」無視の例を一つ。

           この間、某知韓サイトに紹介記事がありました。元の紹介は(ttp://www.labornetjp.org/news/2020/hon151)です。(頭の’h’は省いてあります。)

           「そのハルモニたちが文字を持つことで、かけがえのない歴史の一コマ一コマを蘇らせています。徐類順さんは、朝鮮での子ども時代に日本人の家に行った記憶を書いています。「わざと10えんだまをあちこちにおいてもっていくかみはっていました。そのころほかのいえでもにほんじんはおなじことをしていました」。

           と書かれています。涙ちょうだいで日本の非道と「仲良くしよう」というのが書かれています。

           10円玉ができたのは1952年ですから統治下の朝鮮では論理的にあり得ません。在日が嫌われるのはこういう所です。「あなたたちは非道だ。でもそれを赦すから仲良くしましょう」

           前提が嘘なので怒りすら覚えます。嘘で人を貶めて上から目線で仲良くしようとするその感性は受け入れられません。

          1. 戦前に10円玉・・・。
            嘘はつくけど、整合性のある嘘はつけないのが残念ですね。www
            編集の人も気付こうよ。
            頼むから、本にする前に調べてくれ。

            でも、こんな人たちのために怒るのも、リソースの無駄なので、なんとか面白い方向に利用できるといいと思います。w
            でも、それも意地悪してるみたいで気分が悪くなっちゃうのが、日本人の悲しい ( 良い ) ところです。

            まあ、だいぶ周知もされて来ましたし、やっぱり、関わらないのが一番ですね。

          2. あ、そうそう。
            関わらないでいると、そのうち忘れちゃって、また騙される人たちが出て来てしまうので、
            そうならないために、きちんとオリンピック以前の経済規模に、戻しておいてあげる事が必要です。

            日韓基本条約以前にまで、戻す必要はないと思っているのですが、最近の韓国を見ていると、どうも先祖返りが激しいので、自力で戻してしまうかもしれません。

          3. 難しいところですね。日本人だろうが韓国人だろうが、その嘘を指摘しても大抵は怒り、憎しみを増幅させるだけです。

      4. キリスト教宣教師の役割は本来そうしたものでしょう。そして、その「善意」は疑うべきもありません。日本で戦国時代以来のキリスト教迫害はその反作用でしたね。

  6. これでは、ローマ教皇も「魂から一度生まれ変わるように」教え諭すはずだわ。異端認定とか、破門とか、本家キリスト教の側も何か防衛手段はないのかね?
    日本製品やアニメのパクリと同じだね。

  7. >根拠のない選民思想

    神の子を名乗るイエスに根拠はないから気に入ったのでは。
    神を根拠とすれば、根拠証明などいらないから都合がよい。
    日本がどうこうは日本敗戦後の後付けですね。

  8. 純粋な土着宗教ではなく伝来からまだ歴史が浅い外来宗教である以上
    布教していく上でビジネスというか商業的な制約は課せられてしまう。
    開拓する市場に応じた謳い文句。ようはキャッチコピーが必要になる。
    で、ターゲットとする客層の琴線に触れる文句を探すわけですが
    その過程で外来宗教のローカライズがされていくわけです。

    日本仏教なんかも原点からえらくかけ離れた変質をしてますが
    日本人は仏教に対して悟りに至る道よりもお釈迦様が弟子たちと
    集団生活する上で培っていた説法の方に価値を見出してました。
    いわゆる和を乱さぬための心構えみたいな方向性ですね。

    キリスト教って選民思想と結びつきやすい宗教だと思われます。
    下地になってる聖典が基本的にユダヤ教と一緒なわけだから
    そこは逃れられない宿命みたいなもんじゃないでしょうか。
    信じる者は救われるというのは、信じない者は救わなくていい
    みたいな思想に転化しやすい脆弱性を抱えてると思います。
    つまり異教徒、異文化圏への差別意識が肯定されやすくなる。
    その部分が韓国人には最も心地よかったので布教過程において
    日本を宗教の敵(悪魔)とするスタンスへ傾倒していった。

    俗っぽいことを述べる宗派が勢力を伸ばしていけば他の宗派も
    それは変だろうと思いつつも(思ってないかもしれないけど)
    生き残りの競争のため追随しないわけにはいかない。
    布教の中で許容や寛容の精神を説いた連中もいただろうけど
    そういう宗派は韓国市場において淘汰されていったと思います。

    ウリスト教の似非民族主義化は先祖返りといえなくもない。
    それがキリスト教の原点の否定なのは全くその通りだけど。

  9. どうも半島の人達は、そもそもインストールされてるOSにバグがあるとしか思えん。それも致命的バグ。

    大きな思想を元にしたOSを1からプログラミングするのはそんなに簡単な事ではないけど、自分達を幸せにするためには、一つ一つの事実を検証し積み上げることが必要ということさえすっ飛ばしてしまっている。特に歴史検証。事実と歴史に学べない人達。そりゃ何度も通貨危機を繰り返すよ。

    これ、中国も一緒だけどね。何度疫病を世界に放てば気が済むのか。

    1. バグのないプログラムはありえませんね。ただ、それを意識しているかどうかで大きな違いが出てきます。

コメントは受け付けていません。