何故韓国のキリスト教は民族主義が強いのか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

いつものことですが、ここでいう「基督教(キドクキョウ)」とは、韓国のキリスト教・新教(プロテスタント)のほうです。

さて、今日はまた雑談ということで、なんで韓国のキリスト教だけがこんなに民族主義が強いのか、について綴ってみます。

もともと、基督教は民族主義とは相性が悪い宗教です。もともとイエスが2000年前のユダヤの指導者たちに嫌われた理由が、『ユダヤ人って、自慢するようなものではありません。神様は、小石をアブラハムの子孫(ユダヤ人)にすることも出来ます』と話すなど、神の救援はユダヤ以外の他民族でも手に入れることが出来るという趣旨を教えていたからです。

だから、ユダヤ教では今でもイエスをキリスト(救世主)だと認めていません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

にもかかわらず、世界で唯一、キリスト教が「うちは民族主義宗教だ」と自慢する国があります。韓国です。この視点に対しては、韓国内でも「キリスト教的に危ない考え方だ」とする声が上がっていますが、流れは変わっていません。

中には、「韓国人こそが、ユダヤ民族に出来なかった使命を果たす真の選ばれし民族だ」という話をする牧師もいます。結構大きな教会でした。

キリスト教が良いか悪いか、民族主義が良いか悪いか(キリスト教も民族主義も、韓国のものはどこか歪められていますけど)を別にして考えてみても、これは矛盾です。「キリスト教的に見ておかしい」ことをここまで積極的にやっている理由は何でしょうか。それは、「日本が悪い」のおかげです。

 

基督教神学者でもある白石(ペクソク)大学のイ・サンギュ教授は、2019年の「教会と国家」というセミナーで、このように話しました。

「韓国の基督教は、日本帝国主義と戦うために、神様によって韓国(以下、朝鮮)に来た」、「当時の朝鮮は、民族の魂を守りながら欧米の文化を受け入れようとした。そのために朝鮮に来たのが基督教だ」、「基督教は抗日闘争のための力を必要とする朝鮮の民族主義に必要だったし、基督教は朝鮮に欧米の文化を与えた」・・

 

似たような話を、他にもよく耳にします。確か、ソウルではなく別の都市にある純福音教会で聞いた教会演説では、この現象を「キリスト教的民族主義」(Christian nationalism)と呼んでいたし、米国でも活動している韓国の神学者キム・セユン教授は「韓国では、キリスト教が民族主義と結婚した」としています。

キム教授が書いた「基督教と韓国文化」という論文、「基督教と民族主義」章には、こんな内容があります。

「基督教と民族主義の結合は、1910年から1945年に至る、日本の残酷な植民地占領期間にさらに加速された。クリスチャンは独立運動に主導的に参加し、全国の教会とキリスト教の学校を独立闘争の拠点として活用した。彼らに強要されている、日本の神道崇拝と戦いながら、私たちの国のクリスチャンは偶像を崇拝する異邦勢力との聖戦をしていると考えた。彼らは韓国と聖書の中のイスラエルを同一のものと見て、自分の民に信頼できる姿を見せた神様の姿を記録した聖書、 出エジプトとバビロン捕虜帰還、ダニエルとヨハネの黙示録 から、慰労と力を得た。

このように韓国と聖書のイスラエルを同一視する大多数韓国クリスチャンの大衆神学は、共産主義の迫害を受けていた期間を経て、今日も受け継がれている。そして国の福祉のために熱心に祈り、国家の利益を侵害する外勢に対抗して戦う。1960年代、韓日国交正常化に反対したり、日本不買運動が広範囲に起きたり、不公正に見える米国の貿易政策に反対する運動が起こっていることが、その良い例である」

 

面白いのは(面白くないけど)、北朝鮮もまた、普通なら相性が悪い「社会主義」と「民族主義」が一つになっています。これは何故か?私は、こう思っています。

韓国(朝鮮半島)の民族主義は、ただの「根拠のない選民思想」です。自分が一番偉いとするものにすぎません。その選民思想が、適当に名分に出来るもの(キリスト教、社会主義)を飲み込んだのではないでしょうか。その結果が、『ウリスト教』と『主体思想』である、と。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (136)

“何故韓国のキリスト教は民族主義が強いのか” への100件の返信

  1. 北の先軍政治に対抗する為に、南では軍事政権による愛国教育が必要だったからでしょうね
    徴兵に違和感を持たせない為の教育、全体主義を目指すには朝鮮民族の優秀性を鼓舞しないとならない

    昔の日本でも学校で軍事教練があった時期には似たよう事はあったでしょが・・・
    日本の皇国史観は昔もデモクラシーの対象として議論はされていますが、韓国の場合は民族主義をまともに論じられる段階に入ってないのかもね

  2. シンシアリーさん。

    いっつも、本当にしっつこく言っていることだけど、民族主義は悪いものではない。むしろ善なのです。

    韓国人のほんとうの目的を教えてあげましょうか。

    韓国人の、そして在日の総力をあげる本当の目的は、日本から日本人の民族主義をなくすこと、日本人という民族集団をなくすことなのですね。

    だから在日は、日本の民族主義は、差別。日の丸君が代を強要されるのは、思想の不自由と唱えるわけです。

    いったいどうしてシンシアリーさんは、日本では在日となり、民族主義を悪だと唱えるのですか。

    本当にわたしは、そういう行動が嫌いです。

    1. 相変わらず、べったり他人にくっついていながら、上から目線で自分が正しいと押し付ける。キモチの悪いやつだな。

    2. 七誌さん

      民族主義に限らずイデオロギーには論理性はないはずです。

      それには勿論、民主「主義」も含まれ、論理性は矛盾していると思っている。
      主義主張ではなく、道理と辻褄と整合性で人類は進むべき道を開くべきだと思います。
      当然民族主義も悪い良いではなくて視点の歪んだ主張ですよね。

      1. >当然民族主義も悪い良いではなくて視点の歪んだ主張ですよね。

        そう言って日本人を破壊するのが、共産主義でありマスゴミ朝鮮人ですよね、なるほど合理的だなあ。

    3. >キリスト教も民族主義も、韓国のものはどこか歪められています
      >韓国(朝鮮半島)の民族主義は、ただの「根拠のない選民思想」です。

      自分には民族主義が悪と断定されているようには読めません。
      ていうか韓国のは民族主義じゃないよねって言ってるのでは。

      韓国の民族主義は原義からかけ離れているとは自分も思いますが
      そうであっても韓国の民族主義は民族主義としか表現できません。
      そのため種族主義という言葉も韓国で提唱されているわけですが
      韓国で民族主義と種族主義が区別される日は来ないと思います。
      韓国語は韓国人によって定義されるのだから仕方ありません。

      1. 韓国のは民族主義じゃない。選民思想だ。
        それを民族主義って書くのが問題だと言っている、毎回ね。

    4. 七誌のコメント、いつも興味深いものがあります。
      >民族主義を悪だと唱えるのですか。
      七誌さんがお考えになったような意味でのことはシンシアリーさんもおっしゃっていないと思えるのですが。

  3. >「根拠のない選民思想」

     そのベースには、華夷秩序 や 小中華思想 があるし、韓国儒教的な 道徳的優位 なんていう発想もあるんでしょうね。

  4. 企業の国有化にまっしぐらですね
    共産主義のお手本の国家になるでしょう(棒

  5. 全ての一神教は、自分だけが本物。一番偉い!を主張する為のツールです。

  6. なんていうか、韓国って全般において「良識」というものが欠落しているのでしょうか。
    何を於いて「良識」というのか、説明は出来ないのですけど、とにかく韓国において全てといっていいほど、この国に良識と良心があるのか?!そう思わざるおえない。
    私は、数ある宗教がわかるはずもなく、なのでなんの否定も出来ませんが、なんか韓国の宗教って.これもまた「恨が基盤」なんだなぁと。

    1. 「良識」が欠落していると言うよりは、「良識」の意味するところが他国と違うんでしょ。特に日本とは。

    2. 誤)そう思わざるおえない

      正)そう思わざるをえない

  7. 正当化が見苦しい。
    「だから教義に反してもいい」なら、それはキリスト教を名乗るべきではない。
    別の宗教または思想集団ですと、キリスト教から決別すべきだ。
    それが出来ないのは何故なのか、自己問答こそ宗教指導者にこそお勧めする。

  8. 韓国の宗教事情がかなり異常である事が皆さんのコメントから伝わってきますねー。私も「かなー?」と思っていた印象があながち間違いでは無かった事に安堵しました。アイデンティティとして信仰を持つ事の意味は理解できますが、何でもいいとなると話は別。堕落し易い世界ですからヘタすると暗黒面にも落ち易い。韓国人の宗教観にこそ韓国の宿痾が凝縮しているんじゃないかな?心の闇を照らすともっといろいろ出てきそうですね。ホラー小説より怖いかもよ。

  9. 日本も戦前は選民思想に囚われた。背景はエマニュエルトッドによれば直系家族社会。まあ朝鮮は歪みすぎだが

  10. 宗教が大衆受けを狙っている限り、どのような宗教も、常に土着信仰との融合物になります。
    ヨーロッパキリスト教も、中東キリスト教とヨーロッパ土着信仰との融合物です。この事象は、韓国でも同じです。韓国のキリスト教(ウリスト教)も、朝鮮の土着信仰との融合物です。
    ウリスト教 = (キリスト教+朝鮮土着信仰)/2

    キリスト教が韓国人と相性がいいのは、キリスト教が持っている偽善の為です。『上か下か』の発想が、絶対的神と相性がいい為と思われます。
    日本のように、『上か下か』の発想がなければ、絶対的に優位な神は存在できません。平等に八百万の神々の一員になるだけです。

コメントは受け付けていません。