「どこの誰が頭を下げながらお金を貸すものか」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

何故韓国人は借りたお金を返さないのか・・という本もありましたが(チラチラ)、「何故韓国人はお金を貸す人に頭を下げろというのか」という話がありました。麻生副総理の話、中央日報から部分引用します。いつもよりちょっとだけ引用部分が長いので、早めに引用始まります。()が多いけど、原文のもので、私が書き加えたものではありません。

<新型コロナウイルス感染症(コロナ19)拡散に応じて、その必要性が提起されている韓日通貨スワップ協定締結について、日本側担当閣僚である麻生太郎副総理兼財務相が、気に入らないという反応を見せた。チョン・セギュン総理が27日、外信記者懇談会で、「(米国に次いで)日本との通貨スワップも行われることが正しい」と明らかにした直後だった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

麻生財務上の関連発言は、同日午後4時50分から行われた記者懇談会で出た。麻生財務相は、実際に提案が来たらどのように対応するかについては、言葉を慎んだ。しかし、過去の韓国との交渉経験を紹介しながら、「日本としては何も惜しいことなど無い」という趣旨で、否定的な心気を表わした。

懇談会の後半、記者から「韓日通貨スワップ協定の再開を求める声が韓国で提起されているが、どう思っているのか」という質問を受けた麻生財務相は、まず「今から6〜7年前の話」と話し始めた。

「6〜7年前に、(スワップ協定残高が)日本の銀行で50(億ドル)、財務省から100(億ドル)程度残っていたが、(韓国に)『大丈夫か』と聞いてみたところ、『大丈夫だ』と言っていた。だから、それ(通話協力規模)が、パッと減ったのだ。その際、『本当に大丈夫なのか』と尋ねると、韓国は『(お願いだから)借りていってくださいと(日本が)言うなら、借りてやれないこともない」と言っていた。(お金を貸す方が)頭を下げて「借りてください」と言ったという話は聞いたことがない。(だから)、座を蹴っ飛ばして(交渉から)撤退した。それが終わりだった。スワップについて、韓国とあったことはそれが最後だった。今はどうなっているのかよくわからない」・・

 

・・もっとも最近の韓日スワップ協定再開のテーブルを蹴ったのは、日本政府であり、特に麻生財務相自身だった。それでも彼は最近の交渉については全く言及せず、スワップ協定の延長不発のすべての責任を韓国側に被せものである。27日の記者懇談会で行った「お金貸す方が頭を下げるという話を聞いたことがない」という発言も、今後議論を巻き起こすだろう。両国間の協定で韓国だけが利し、まるで日本は一方的に恩恵を施すような、侮辱的な言葉と映ることもあるからだ>。

https://news.v.daum.net/v/20200330050055089

『大丈夫か』のところで、基本条約のことを思い出しました。あのときも、日本は個人賠償は大丈夫かと言っていたのに、韓国が「国内で処理する」と言ってました

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5