韓国で大問題になっている「衛星政党(比例政党)」とは

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

今年の総選挙から、韓国の比例代表制度が変わります。今回の選挙で選ばれる韓国の国会議員は300人。その中の47人が、比例代表となります。ここまでは今までと変わりませんが・・

「准連動型」という形で選挙制度が変わり、比例代表47議席の30議席の分、『地域区議員(比例ではなく、普通に選挙区で当選した国会議員)を多数獲得出来た政党の候補は、比例議員になれない』ということになりました。すなわち、共に民主党や未来統合党(旧・自由韓国党)のような巨大政党は、比例議員の獲得が出来なくなるわけです。

この選挙法改正のとき、未来統合党(当時は自由韓国党)だけが強く反発していたにもかかわらず、他の政党は大まかに同意し、選挙法改正となりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ですが、問題が発生しました。未来統合党が、『じゃ、小さな政党を一つ作るもん!」とし、なんと「比例議員獲得のための」政党を作ってしまったのです。「未来韓国党」という政党です。

一般的には比例政党と言いますが、ただの「衛星政党」です。昔のシューティングゲームによく出てきた「オプション(主人公機体の周りで一緒に攻撃してくれるユニット)」のようなものにすぎません。

他の政党は強く反発しましたが、比例政党を作ってはならないという法律も無かったので、結局、共に民主党も比例政党を作ることになりました。「共に市民党」と言います。これら比例政党は、選挙が終わると本体政党と合体するとも言われています。

 

本体は地域区メイン、比例政党は比例代表候補だけを出して、お互い『ワンチーム』で戦うそうです。『同じ政党じゃないからいいんだよ』としていますが、選挙法には、『他政党の候補のための選挙運動はしてはならない』となっています。誰も気にしないようですが・・

そして、一時は正義党などが大きな得をするのではないか、と言われていました。本ブログもそういう趣旨を書いた記憶があります。しかし、ちょっと修正が必要になりました。共に民主党が比例政党を作ったことで、正義党の立場も微妙になったからです。むしろ、大ダメージを食らうのではないか、と言われるようになりました。

で、結論ですが・・「改正」した意味があるのでしょうか、これ。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (113)

26 Replies to “韓国で大問題になっている「衛星政党(比例政党)」とは”

  1. 約束を約束と思わない国ですから、法律を守らなくても驚きません。常識が通用しない国ですから、関係を持たないのが一番です。

  2. 与党も野党も、同じ手を使うのならば、公正かどうかは知らんが少なくとも公平ではあるのではないだろうか。

  3. 日本は、アメリカのように帰化人の選挙権を制限すべきだと思う。
    帰化人が政治家になり、在日朝鮮人が投票して、日本の税金で日本を卑下する政治を行う。

    こんな制度はとても不公正ですよねえ。

    1. 在日朝鮮人は追い出すべきだと思うのですよ、いつも日本を卑下して、日本の為になることは一切せず、消費税を払っているから権利があると主張する。

      こんな人々、日本に要らない。

    2. >アメリカのように帰化人の選挙権を制限すべきだと思う。
      アメリカってそうなんですか?

    3. 帰化一世では市民権を得てもアメリカ大統領になれないのは有名ですが、ほかの高位職、上院議員や州知事にはなれますよね。
      そして公職選挙権は市民権の権利の一つとしてあるんじゃ?

      日本の場合、帰化議員が首班指名選挙(内閣総辞職・首相逝去等)の時点で与党(もしくは与党連合)代表になっていれば、首相にもなれると言われたらその通りですが。

  4. そもそも論として「小選挙区が多かったら比例はダメ」とする点が意味不明ですね。
    選挙制度は変遷しますが『民意を正確に捉えよう』が前提であり、「小規模政党が生き残る」ことは本来意味がないことです。
    民意を…の建前さえないのは驚きです。

    また、悪用する与党、気付かない野党、そして批判すべきところを同じくしてしまう野党。

    民主主義って何ですかね?

  5. 危機には現政権の支持率が少し上がります。
    最低限でも危機にスポットが当たるので、著しい低下はありません。
    これは韓国でも日本でも同じ様です。
    おそらく、政権交代での時間のロスや混乱状態をやってる場合では無いと、
    多くの人達が考えるからでしょう。

    そういう訳で、総選挙は普通に考えればムンムン与党が優勢でしょうね。
    この時期にチョグクレベルの醜聞とかが出ない限りは。

  6. 与党が比例政党を作るといい始めた時、正義党が猛烈に反対したそうだが、結局作ったんだね。直近でこそ大統領&与党の支持率が上がっているが、1ヵ月ほど前は、大統領の支持率は最低を記録し、与党と最大野党の支持率も肉薄しており、仮に総選挙で敗れたらブンブンが弾劾されるから、正義党どころの騒ぎではなかったのだろう。新型コロナも中国やイタリアのようにならず、何とか踏みとどまっているから、与党の自画自賛を真に受けたのか、支持率爆上げ。おまけに、FRBが為替スワップを9ヶ国に実施することにしたので、取り敢えずは危機を脱したように見える。そして、韓国政府は何もしていないのだが、それも手柄に加えて支持率アップ。4/1より在韓米軍が雇用している韓国人基地労働者が5000人ほどが期限なしの無給休職になる。面白そうで、どうなるのか楽しみだ、基地外デモでもするかw

  7. 衛星と言えば、韓国の最新の人工衛星をフランスのロケットで打ち上げる計画があったと思うのですが、その後の報告がないですが、どうなったのかな。

    話は変わって、今日のテレビ報道番組で、韓国の学校の新学期延期とオンライン授業でやるというのを取り上げて、方や日本は・・・という内容になっていましたが、日本のマスコミの頭の中では韓国のIT環境は日本より上のようですね。

    恵まれた地上波放送環境の中でぬくぬくと利益を得ている日本のテレビマスコミ連中は、どうやら日本のIT技術の普及から取り残されているようです。

  8.  このことは予想していましたが、はじめて予想を下回りました。小党分立合戦を繰り広げると思っていたのです。日本で言えば「東進ハイスクール」のように。

    >で、結論ですが・・「改正」した意味があるのでしょうか、これ。

     もともとの目的が「少数意見の吸い上げ」を名分にした左派少数政党の議席確保です。「改正」ではないですが「改制」にはなったと思います。
     なるほどそれで文災害が在外投票にまで締め付けに走っているわけですね。それほど「本来あるべき世論調査」では逼迫しているのかも知れません。

     いざというときの米韓為替スワップの2割を早くも韓国は使いました。これも選挙対策ですが、逆に海外投資家から観ると「そこまで悪いのか」と資本引き上げが続いています。
     負の予断を与えないことが大切だという経済運営の基本すら文災害はわかっていません。いざというときにはコロナと日本のせいにして逃げます。状況はそれでよくなることはないのですが。

     韓国の国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は6000万ドル減の32億7000万ドル。IMFリザーブポジションは1000万ドル増の27億9000万ドル。

     リザーブポジションが増えて引き出し権が減っているというのは、ドル以外のものでIMFへの拠出を増やしたものの、ドル換算では融通される額が目減りしていることを指します。なぜこのようなことをするかというとどのような形でもドル換算融資の目減りを抑えたいからです。

     つまり韓国のドル資産は底をつきつつある。外貨準備高の余裕のほとんどは「すぐにはドルに換金できないもの」です。その韓国経済への懸念がさらに強くなったことを示しています。

     あと半年といった感じだと思います。海外の公表数値に表れることまでは、世論調査の数字のようには操作できません。

    1. 史上最高の外貨準備高4000億ドルと、韓国政府は発表してますが、その内訳については言わないんですよね。噂では大半が換金できないジャンク債の額面だと噂されていましたが、まさにその通りであると、自らゲロったようなものです。おまけに期間限定で、借りたドルには利息を付けて、ドルで返済しなければならない。それを見越して、延長できるはずだとか、日本にもスワップするニダーとすり寄って来てますが、米国から借りた分を日本に返済させようとしているのが丸わかりです。ほんと、分かり易い単細胞のような連中ですよ。

      日韓スワップ?やぶさかではないが、宿題溜まってるでしょ、一切合切、全部片付けて+何かお土産持ってこい、顔を洗って出直してこい、そんなもんでしょう。

      1. リプライありがとうございます。

         この最近ドルが高くなっていますので、ドルと他の基軸通貨の混合で拠出すれば、ドル拠出が大きくない限り、当然ドル建てSDRは減ります。ただ、リザーブポジションは拠出額に比例して増えますから、韓国が「ドル以外の担保か通貨」で拠出を増やしたことになります。

        >おまけに期間限定で、借りたドルには利息を付けて、ドルで返済しなければならない。

         これは少し違います。米国が行ったのは「為替スワップ」で「通貨スワップ」ではありません。なにが違うかと言いますと「利率による差益(差損)返還」がないのです。つまり借りたものはそのまま返すだけと言うことです。タンス預金をそのまま移動しただけと考えればいいかと思います。

         「楽韓」などでは「通貨スワップ」で揃えていますが、似て非なるものです。問題は、本来使おうが使うまいが「市場の安定のためのオペレーション」です。ドルは十分あるよと言う安心感を市場に各国が与えるためのものです。

         それをさっそく二割韓国は使いました。「使わなければやっていけない」ということを内外に示したと思います。市場は韓国の状況を先読みして、売り浴びせが続いています。

         先の韓国の破綻は、ハゲタカファンドの売り浴びせによるものでしたが、今回のは、それ以前に経済失政によるものです。つまりまだ「売り浴びせ」の余力は残っています。

  9. 比例なんぞたいした事じゃない。それよりも海外からの投票禁止措置は明確な憲法違反なんじゃないの?韓国の憲法知らんけど。笑

コメントは受け付けていません。