アビガン関連の記事

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

聯合ニュースのアビガン関連記事を一つ紹介します。米国のPolitico(ポリティコ)というメディアが元ソースですが・・そもそも韓国側の報道は、日本を悪者にするのが起承転結の基本になっているにもかかわらず、かならず第三者の意見を引用して「私ではなく、~がそう言っている」として責任回避を前提にします。また、米国メディアにもトランプ氏を悪く書くのを使命のように考える人たちがいるので、記事の信憑性については、「こういう報道もある」と思ってください。私感は、後で書きます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ドナルド・トランプ米政府が規制当局に検証されていない日本の薬を、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の治療薬として承認するよう圧力をかけていると、米政治専門媒体ポリティコが先月31日(現地時間)報道した。

問題の薬は日本のフジフィルムの子会社が開発した新型インフルエンザの治療薬「アビガン」である。安倍晋三総理が先頭に立って、この薬をコロナ19の治療薬として提唱している中で、日本では臨床試験も進行中だ。中国の研究者も、この薬を称賛していることが分かった。

しかし、トランプ政権の職業官僚たちはアビガンがコロナ19を治療できるという証拠が不足しており、副作用のリスクがあるという懸念を出していると、ポリティコは複数の官吏と内部文書を引用して伝えた。

他の国の規制当局と米国の専門家たちも、長い間、先天的障害などこの薬の危険性についての懸念を表明したという。

しかし、ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)は、米政府が日本からのアビガンの寄付を受け入れるよう圧迫しており、これはFDAがアビガン緊急使用の承認を出さなければならないという意味だと、官吏が明らかにした。

 

これは安倍晋三総理の提案によるものと思われる。米政府の官吏は、安倍総理が最近トランプ大統領と通話して、このような構想について話しており、米政府内で熱狂的な反応が出たと伝えた。ポリティコが入手した内部文書によると、フジフィルムとFDAは、米保健福祉部は、最近の数週間の間にアビガンの米国内の臨床試験の可能性を議論し、富士フイルムは、今回の研究のための米政府の財政支援まで推進したことが分かった。

トランプ政権の官吏は、このような状況は異例だとし、「アビガンの副作用に多くの懸念がある」と述べた。ポリティコは、米保健当局の官吏が日本と富士フィルムの長いロビーにもかかわらず、アビガンの米国での使用を何度も拒否しただけでなく、韓国政府も最近「深刻な副作用」を理由にアビガンのコロナ19治療の使用を拒否したと伝えた。

当時オ・ミョンドン中央臨床委員会委員長(ソウル大病院感染内科教授)は「アビガンは、試験管の研究でコロナ19ウイルス抑制効果がなかっただけでなく、患者の臨床試験を実施したデータもない」とし「動物実験で胎児毒性と死亡が報告されたなど深刻な副作用がある薬」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200401093328414

 

普通に読むと、「日本で作られた恐ろしい薬を、安倍とトランプの悪魔コンビが国民に飲ませようとしている!」なニュアンスに聞こえます。

しかし、個人的には、「いまさら、何を言っているんだ」と思いました。その副作用のことは、すでに公開済みの内容です。アビガンはもともと「妊娠中の女性には使えない」、「ほかの薬が効かない感染症の際、政府が使用すべきだと判断した場合に限り、使用される」ことになっています。妊娠中の女性には使えないとなっているのに、いまさら胎児の死亡とか言われましても。コロナ19に対する効果においては、臨床試験が始まっており、6月まで試験は続きます。

だから、米国でもそういう「判断」のもとに使われることを前提にして、安倍総理が提案したのでしょう。本当に安倍総理がそんなことを言ったかどうかも『思われる』となっていて、微妙ですが。

元ソースは確認していないのでなんとも言えませんが、聯合ニュースの記事は、「副作用」ではなく、「安倍+トランプ」の方にずっと重点を置いてある、そんな気がします。『これは安倍晋三総理の提案によるものと思われる』と『日本が開発した薬』でなかったら、そもそも、これが聯合ニュースの記事になることもなかったでしょう。私ではなく私の曇ったゴーストがそう囁いています(笑)。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5