韓国選挙管理委員会、「『投票で親日清算』は社会の一般的価値観だからOK」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

総選挙を韓日戦だとするフレーズ、前にもお伝えしたことがあります。ネットで流行っていたこのフレーズが、韓国の与党「共に民主党」の公式広報フレーズとして登場しました。また、選挙管理委員会は、『投票で親日清算』というフレーズを公式に許可しました。『社会の一般的な価値観だから』というのがその理由です。

以下、世界日報の2つの記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<4・15総選挙を控え、与党である共に民主党が出した総選挙広報戦略が相手の党への「ネガティブ」一色と知られ、論議がおきている。民主党は野党第一党である未来統合党を「旧態を強要する勢力」、「国政足枷政党」、「弾劾政党」などと称し、野党審判論を刺激した。また、「統合党が総選挙に勝利した場合、ムン・ジェイン大統領の弾劾を推進するだろう」、「今回の選挙は、韓日戦」とも述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200331184007167

 

<・・21代国会議員選挙を約2週間ほど残している中、中央選挙管理委員会の解釈が問題になっている。「親・文」支持者たちがオンラインで「総選挙は韓日戦」との動きを広げている状況で、中央選挙管理委員会は、このような内容を盛り込んでいる横断幕を『投票への参加勧誘』を目的と判断、街での掲示を許可したからだ。

1日、政界によると、「光化門ろうそく連帯」など親文支持者の横断幕が議論になっている。横断幕の中には太極文様が、左と右にはそれぞれ安重根義士と李舜臣将軍の画像が描かれている。また、「投票で100年親日清算!、投票で70年の積弊清算!」との文句が刻まれた・・。

 

・・  中央選挙管理委員会は「投票で100年親日清算!投票で70年の積弊清算!」が掲示可能であるとの決定を下した。特定の政党や候補者を類推することができる内容が詰め込まれておらず、社会の中でよく使われる一般的価値の表現に該当するからだ、という。親文支持者たちは先月31日、ソウル全域にこの横断幕を30個以上も掲げた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200401155742735

 

記事がこれを問題にする理由は、『明らかに特定政党への支持表明になる』のに、選挙管理委員会が許可した、という点です。ちなみに、横断幕には「国会国産化運動本部」と書いてあります。国会から親日派を無くすという運動の公式名称のようです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5