韓国、1~3月北朝鮮への支援573万ドル。世界全体の60%

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国文在寅政府が、今年1~3月、北朝鮮へ573万ドルを支援した事が分かりました。世界最大なのはもちろん、世界全体の北朝鮮への支援金の、約6割規模です。

もっとも重要なのは、「本来の用途のまま使われるのか」ですが・・それに関してあまりにも曖昧です。ファイナンシャルニュースの記事、短い記事ですので全訳します。元ソースはVOA(ボイス・オブ・アメリカ)です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<1・4半期(※1~3月)、国際社会は北朝鮮に943万ドルを支援したことが分かった。最も多くの金額を支援した国は韓国だった。

2日、VOAは、国連人道問題調整局(OCHA)の資料を引用し、4月1日現在、国際社会が北朝鮮に943万ドルを支援したと発表した。その60%の規模である573万ドルは、韓国が支援した。実際、私たちの政府は、1・4半期に世界保健機関(WHO)母子保健事業に400万ドル、昨年、北朝鮮を襲った台風リンリン被害復旧事業に173万ドルを支援した。

 

韓国の次には、スイス213万ドル、ドイツが67万ドルを支援した。今年第1四半期の国際社会の対北朝鮮支援金が最も多く割り当てられた団体はWHOで、約52%に相当する490万ドルを獲得した。続いて、朝鮮赤十字社が170万ドル、国際赤十字連盟が50万ドルの順だった>

https://news.v.daum.net/v/20200402101155133

別に「支援するな」とは言いたくありませんが・・どうも信用できません。北朝鮮が「ちゃんと人道的に使ったよ」と言っても信じられないし、韓国が「ちゃんと人道的に使った(に違いない)よ」と言っても信じられません。だから、結局は「支援するな」と言うしかない、そんな心境です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5