「コロナ診断キット名」の請願、日本外務省が韓国政府に「適切な対応」を要請

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国で、「コロナ診断キットの名を『独島』にしよう」という国民請願が34万人以上の賛成を得ている件で、日本外務省が韓国政府に「適切な対応」を要請した事が分かりました。

以下、ニュース1の記事(元ソースは産経新聞)から部分引用します。

<日本政府が最近、韓国で輸出用新型コロナウイルス感染症(コロナ19)診断検査キットの名称を「独島」にしようとする主張が提起されたことについて、強い不快感を示した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

産経新聞によると、茂木敏充・日本外相は3日、衆議院外務委員会に出席、韓国大統領府「国民請願」のホームページに掲載されている「輸出用コロナ19診断キットの名前を独島にしてください」請願に対する質問に、「外交ルートを通じて韓国政府に適切な対応を要請した」と述べた。

茂木外相は、特に「竹島は日本固有の領土」とし「他の案件を巻き込んでコロナウイルス感染症に対する国際的な協力に亀裂を起こしてはいけない」と主張した。

日本政府は、独島が1905年に「竹島」という名前で、島根県に編入告示された日本の領土であり、韓国が不法占拠しているという無茶苦茶な主張を展開している。茂木外相は、今後も独島問題と関連し、「冷静かつ毅然と対応する」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200403143355955

 

韓国の一般的な通念としては、『大事な事案だからこそ、反日を絡める』ことがとても懸命で愛国心豊かな行為になっていますから・・韓国人としては、「他の案件を巻き込むべきでない」という話、韓国社会としては理解できないことでしょう。ただ、韓国政府がこの請願を受け入れる可能性はそう高くないでしょう。相応の負担を背負う自信も無いでしょうから。請願が数百万規模だったなら、選挙用に本当にやったかもしれませんが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5