ユートピア的盲信

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

あまりソースとして引用しない・・というか、そもそもあまり読まないサイトですが、経済関連をメインとするネットメディア「AU(アユ)経済」の記事です。まず、部分引用してみます。

<「4月15日の総選挙は、韓日戦だ」というポスターを見るたびに、恥ずかしいことこの上ない。このポスターを作った人たちの信念、すなわち「大韓民国は解放以後親日派清算に失敗したため、親日保守既得権層が70年以上独占してきた国だ」という盲目的信念を目の前にするような気持ちになるからだ・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・韓国経済が産業化を経て製造及び重化学中心に再編され、その過程で生まれた新興資本家たちは、以前の既得権とは明らかに違う存在だった。にもかかわらず、現保守勢力と資本家を全部「親日派」とひとくくりにし、彼らを一掃しなければならないと声を高める人たちを見ると、歴史の流れを知らないか、知っていても知らないふりをしているか、そのいずれかとしか思えない・・

 

・・いわゆる「土着倭寇」という仮想の敵を作らないと、どんな政治的定立もできない進歩集団(※左派思想家たちのこと)の今の世の中を見ていると、過去の「パルゲンイ(赤、共産主義者)」たる恐怖で独裁を正当化していた軍事政権がオーバーラップする。この「恐怖戦略」は、理念と民族という道具が違うだけで、実は被害意識と恨みの感情を組み込んだ「色分け論争」という点で、同じだ。左派の民族主義も、いつでもファシズムになる危険がある。

「親日保守」という実体のない幽霊は、まだ韓国社会に漂っている。特定の集団を完全に一掃しなければならないという信念が、この社会を支配している。自民族中心主義で固く団結した政治的修辞は、一時的な自己満足以外に何も与えてくれないというのに。

さらに、国民の代表者を選出する選挙にてこのような「親日レッテル貼り」が横行するのは、国益にも助けにならないだけでなく、社会を黒と白に分ける政治文化を固着させてしまう。 「親日保守」など無い。「親日保守を一掃すれば良い世の中になる」というユートピア的盲信があるだけなのだ・・>

http://www.areyou.co.kr/news/articleView.html?idxno=55363

 

少年漫画みたいなセリフにしてみると、『あの時、私にもっと力があったなら』という考え方。これはとても大事です。日常でなら、『私が何かやったなら、少しは結果が良くなったかもしれない』とする類の考えは、肯定的発展につながるものだと信じます。でも、そう思う人が、韓国にはそういません。圧倒的に多いのは、『あの時、◯◯さえ無かったなら、全てがうまく行っていた』です。恨(ハン)です。反日は言うまでもなく、大統領の弾劾まで、よく姿を表します。でも、何一つ肯定的なものを残すことは出来ません。

本記事で言う『ユートピア的盲信』というのも、同じものでありましょう。ユートピアなど存在しません。完璧な世界は存在しません。なぜなら、完璧な人なんかいないからです。その問題を補うために何をどう思うのか。その考えを表すためにその社会に古くから存在する言葉が、『和』な国もあるし、『恨』な国もあります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5