韓国総選挙、各党の予想議席数と現在の議席数は

コメント欄が表示されないなどブログ表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

総選挙10日前です。各政党が『勝利』と言える議席数はどうなっているのか、そして、政党の分離合体が多すぎで分かりにくい「現在の議席数」はどうなっているのか、そんな内容をお伝えします。選挙後に読み返すと面白いかもしれません。以下、わかりやすくまとめてあるニュース1の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、現在の各政党の議席数です。総290席、共に民主党120席、未来統合党92席、民生党20席、未来韓国党20席、共に市民党8席、正義党6席、国民の党1席、民衆党1席、開かれた民主党1席、親朴新党1席、韓国経済党1席、ウリ共和党2席、無所属17席。4月3日基準。

未来韓国党は未来統合党の『衛星政党』で、共に市民党は共に民主党の衛星政党です。事実上、それぞれにプラスして考えたほうがいいでしょう。開かれた民主党も、事実上、共に民主党に反対することは無いと思われます。他の政党は、分離合体が多すぎで、もう何がなんだか分からなくなっている状況。特に「親朴新党」って、凄い名前ですね。朴槿恵氏と親しい人たちが立ち上げた政党です。

 

まず共に民主党は、すべての選挙区(253区)にて、『優勢(勝てる)』70区、と『競合優勢(多分勝てる)』64区としています。党内部からは130席+アルファを予想しているようです。

未来統合党は、優勢と競合優勢を分けて発表せず、123~128区で優勢または競合優勢、としています。こちらは125議席あたりでしょう。

いつもの『地域』色も相変わらずで、共に民主党は光州広域市・全羅道28区でうまくいけな27席が取れると見ており、未来統合党は大邱・慶尚北道で全勝を期待している、とも。

https://news.v.daum.net/v/20200405045207247

 

さて・・未来統合党が125議席近く取れるなら、大善戦です。いまは未来韓国党と合わせても112議席ですから。ただ、個人的に、この数字はちょっと高すぎないか・・と思っています。現状維持を狙うべきではないか、と。

韓国の防疫は世界一!という流れで、支持率を大いに上げている文在寅大統領。この勢いで勝利を掴むことができるのか。その場合、チョ・グク氏に関わる流れはどうなるのか。そして、選挙後に、日本企業資産現金化など日韓の懸念事項はどう動くのか。あと10日です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (106)

“韓国総選挙、各党の予想議席数と現在の議席数は” への36件の返信

  1. 大統領の支持率からみて、与党の勝利かと。残念ながら韓国の野党は、やっていることが日本の野党と変わらない。違うところは、反日では与党と一致すること。しかし、文在寅政権ではいくらその必要性を感じていても、日韓通貨スワップなんて夢のまた夢ですよ。通貨スワップを結べる環境を次々と壊しているのですから。

コメントは受け付けていません。