韓国、家計負債(家計貸出)が大幅に増加

コメント欄が表示されないなどブログ表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

もともと家計負債が深刻な問題になっている韓国。余力が無いのは金融機関も同じ。いまのところ、選挙を意識してからあまりニュースにならないでいますが、今回のコロナの件で、家計負債が大幅に増加しています。

もちろん仕方ない側面ももちろんあるでしょうけど、増加幅が急すぎます。2月の場合、2018年と2019年には2.5兆ウォン増えましたが、今年は9.3兆ウォンも増えました。3月にはもっと増えていることでしょう。

毎日経済の記事から部分引用します。普通にニュースチェックした中では、本件を報道しているのは本記事だけです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・政府は、5大市中銀行(※または都市銀行。韓国では一般的な銀行をこう呼びます。いわゆる『第一金融圏』)の家計貸出残高が1ヶ月だけで6兆7000億ウォン増加し、このうち信用融資も2兆ウォン以上増えるなど、数年来の最大幅に増えたという事実に注目している。

 

中小企業・小商工人だけでなく、家計も必要な現金調達に乗り出しているという分析が出ている。また、多くの小商工人(※事業の種類によって、常時勤労者数が5人~10人の事業場)・自営業者は家計融資を受けて生計を維持したり、事業資金として活用することがあり、家計融資への支援が必要であると主張が提起されている。

特に最近になって小商工人・中小企業はもちろん、個人向け融資も金融会社の延滞率が上昇傾向を見せており、先制的な支援が必要である見方が高まっている。特に延滞率の上昇による不良債権の増加は、銀行をはじめとする金融会社の健全性に否定的に作用する点も、考慮されたものと解釈される・・>

https://news.v.daum.net/v/20200405174805113

 

4月1日から、韓国政府は中小企業・小商工人貸出の満期延長・利子償還猶予を実施しています。しかし、この制度から個人(家計貸出)は含まれていません。家計貸出も含める必要がある、との意見が上がってきている、とのことですが、住宅購入関連のものはこの制度から例外にしているため、含めることができないとも。家計貸出の殆どは住宅購入と関わったものです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5