韓国、家計負債(家計貸出)が大幅に増加

コメント欄が表示されないなどブログ表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

もともと家計負債が深刻な問題になっている韓国。余力が無いのは金融機関も同じ。いまのところ、選挙を意識してからあまりニュースにならないでいますが、今回のコロナの件で、家計負債が大幅に増加しています。

もちろん仕方ない側面ももちろんあるでしょうけど、増加幅が急すぎます。2月の場合、2018年と2019年には2.5兆ウォン増えましたが、今年は9.3兆ウォンも増えました。3月にはもっと増えていることでしょう。

毎日経済の記事から部分引用します。普通にニュースチェックした中では、本件を報道しているのは本記事だけです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・政府は、5大市中銀行(※または都市銀行。韓国では一般的な銀行をこう呼びます。いわゆる『第一金融圏』)の家計貸出残高が1ヶ月だけで6兆7000億ウォン増加し、このうち信用融資も2兆ウォン以上増えるなど、数年来の最大幅に増えたという事実に注目している。

 

中小企業・小商工人だけでなく、家計も必要な現金調達に乗り出しているという分析が出ている。また、多くの小商工人(※事業の種類によって、常時勤労者数が5人~10人の事業場)・自営業者は家計融資を受けて生計を維持したり、事業資金として活用することがあり、家計融資への支援が必要であると主張が提起されている。

特に最近になって小商工人・中小企業はもちろん、個人向け融資も金融会社の延滞率が上昇傾向を見せており、先制的な支援が必要である見方が高まっている。特に延滞率の上昇による不良債権の増加は、銀行をはじめとする金融会社の健全性に否定的に作用する点も、考慮されたものと解釈される・・>

https://news.v.daum.net/v/20200405174805113

 

4月1日から、韓国政府は中小企業・小商工人貸出の満期延長・利子償還猶予を実施しています。しかし、この制度から個人(家計貸出)は含まれていません。家計貸出も含める必要がある、との意見が上がってきている、とのことですが、住宅購入関連のものはこの制度から例外にしているため、含めることができないとも。家計貸出の殆どは住宅購入と関わったものです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (116)

“韓国、家計負債(家計貸出)が大幅に増加” への34件の返信

  1. 徳政令待ちなのかもしれないけれど、家庭でこれだと国家としても
    チャラにしてもらえて当然の考えなのかもなあ。
    タンス預金じゃないけど、貯蓄が多くて少しは使ってほしいなんて
    報道、かの国で聞いたことがない(´・ω・`)

  2. また徳政令が出るのを待っているんでしょう、なんと楽な社会、まじめに稼ぐほど損する

  3. 孫氏の商法でもそうだが、韓国人は常にチャリンカーなのです。
    借金して全ツッパ、飛んで損をかぶるのは、ミズホのような金を貸した日本人。

    それが上手くいってるうちは良いけど、今回のようにマイナスになると、資産を売り払って4兆円も株を買い戻す必要がある。2階建て、3階建てをやっているからねぇ。

    借金して大バクチ、失敗すれば資産隠して逃亡。
    韓国の財閥の黄金パターンじゃないですか。いつもいつだってそうですよね。

  4. 自分の知り合いの韓国人も若い時からほとんどが借金をしている。
    しかもみんな金利分しか毎月返済しないから、元金が減らない…。
    韓国の金融のシステムがよく分からないけど、
    銀行がやっていけるのが不思議。

  5. 就職するのは30歳
    退職するのは50歳
    こんな国がいつまでも成立するわけがなくて

  6. スゲーなw
    ウォン、企業が破綻レースでデッドヒートしてるかと思ったら、家計が猛烈な追い込みかw

    でもどれが破綻しても銀行が逝って、他が連鎖するから、何がトップ切っても同じかw

  7. 借金で投資をするからなあ。韓国人は。不動産のように担保価値があるならまだしも、株は無謀だ。

  8. 韓国では年金システムが脆弱で庶民は十分な年金が保障されていないという。だから賃貸収入目当てのマンション投資が盛んだと聞いたことがある。
    これは10年ぐらい前の話。当時、人口がピークアウト寸前だからバブルの生成と崩壊に気をつけたほうがいいよと韓国人の知人に言った事を思い出したよ。
    そもそも北のリスクを考えればマンション投資も論外だと思ったけどね。
    しかし、サラリーマンがまだ若い50歳で退職して、退職金で屋台を引くという韓国の社会。失敗したらハンガンに飛び込む人多しと聞いて、大変な経済環境だなと思った。
    今回のコロナ不況の前からムン政権の経済運営は破茶滅茶だった。去年は日本の輸出管理強化のせいにして、今年はコロナのせいにする。こんな無責任な政権を今度の選挙で延命させるなんて驚くほかないよね。

    1. 私の父親世代(戦前生まれ)も、土地神話信者です。最終的には、年金を頼りにせず、貸家の家賃収入で暮らすのを理想としていた。
      隠居すると長屋の大家になって慎ましく仲良く暮らすって、江戸時代くらいから連綿と続いてきた価値観じゃないですかね?
      日本(の都会)では、バブル経済の破綻でその考えが一般的ではなくなったけれども。ただし今でもちょっと地方へ行くと、「マンション・アパートに投資して節税」に励む年寄りがたくさんいますよ。

      1. 節税のアパートマンション

        呆け老人。
         農地改革GHQが国力衰退のため地主から田畑を取り上げ小さく小さく分割した。GHQから只で貰った水飲み百姓、呆けるまで資産運用したことのないド素人。
         何代も資産運用してきた家柄なら呆けたら極めて金に厳しくなる。アパートマンション経営誘惑には引っ掛からないわな。
         呆ける前ならド素人でもアパートマンションは、維持管理が極めて面倒、機械音痴は金が出ていくだけと分かる、←満室になるか空室だらけかはさておき。
        (家賃保証は嘘捏造と知れ渡っているのにねぇ~)

  9. 韓国の人、宵越しの金しか持たない、の心粋なんでしょうかねえ?

    それならまだましだと思いますが・・・、ローンが重くのしかかる生活、辛くはないのでしょうか・・、余り好きには慣れない隣国ですが、一応、心配になります。

    1. >宵越しの金しか持たない、の心粋な

      それは逆だと思いますが。

      1. 後先を考えない国民性だと思います。

        ”心粋”は、皮肉で書いたつもりです(^^;)

コメントは受け付けていません。