韓国銀行、またスワップ資金を投入・・85億ドル

コメント欄が表示されないなどブログ表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

追記にしようかなとも思いましたが、他にネタも無いし新規エントリーとしました。この前、韓国銀行が米国とのスワップ資金120億ドルを外貨融資競争入札の形で市場に供給したことをお伝えしました。 各金融機関が87億2000万ドルを入札して落札した、とも。今回は85億ドルをまた供給する、とのことです。

前のエントリーにも書きましたが、個人的に、『今すぐ使うために』スワップ協定を結ぶものではないと思っていましたが・・ただでさえ『実際に使える外貨はそう無いのでは』と言われている中、なんでこうもポンポンと使うのでしょうか。今度は朝鮮日報(朝鮮BIZ)の記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<韓国銀行が韓米通貨スワップで用意した600億ドルのうち、85億ドルを9日供給する。先週の87億2000万ドルに次ぐ2次供給である。韓国銀行は、米連邦準備制度(Fed)との通貨スワップ資金のうち85億ドルを市場に供給すると6日明らかにした。先週行われた1次と同じ、競争入札外貨融資方式で、8日物15億ドル、84日物70億ドルが供給される。

 

韓国銀行は7日午前10時〜10時30分入札を行う。応札額は少なくとも100万ドル、最大2億2500万ドル(8日物)、10億5000万ドル(84日物)である。入札された金額は、当該金融機関に9日供給される。満期日は8日物の場合今月17日、84日物は来る7月2日である・・>

https://news.v.daum.net/v/20200406160200970

 

ソース記事によっては、これから『毎週』行う、という内容もあります。しかし、8日物、ですか・・前のエントリーにも書きましたがこっち方面は知識が無くてなんとも言えませんが、満期8日って短すぎる気もしますが、これで普通なのでしょうか。ちなみに、先月、韓国政府は国内銀行の短期外貨借入限度を(自己資本比率)で40%から50%に緩和しています。韓国内の外国銀行は200%から250%まで。その分銀行が外貨を借り入れ、外貨不足が減るという狙いです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (181)

89 Replies to “韓国銀行、またスワップ資金を投入・・85億ドル”

  1. 他でも話題になってますがw

    これ、為替スワップですら無く
    言わば、サラ金高利貸し……ですからねぇ
    ドルで借りて短期でドルで返済しなければならない
    返済できなきゃ、担保の米国債をそっくり差し出す事になる

    こうやって国内銀行にばらまかなくてはならない程
    韓国内にドルが足りないのですから
    返済の時に、どうやってドルをかき集めるつもりなんでしょうね
    ムンムンはw

    コメントでも書かれてますが
    ドル仕立韓日スワップを再開すれば良いだけニダ
    なんて、本気で思ってるんですよね、マジでw
    韓国人「視点」では一時休止なんでしょうが
    実態は完全なる終了ですから
    たとえ、上手くチョッパリを騙せたとしても再度、通貨スワップを起動させるには事前協議から始めないといけない
    チョッパリ大臣がどう思ってようが、財務省官僚が絶対に認めませんから
    少なくとも、1年以上は準備にかかる事になります

    ( ̄∇ ̄)到底、間に合うとは思えないんですけどw

    外貨準備高の真水とも言える米国債はアメ公が回収
    後は韓国経済がどうなろうとも、アメリカ経済への影響は回避
    韓国経済の信用の二大柱である日本信用状と米国債
    この両方を韓国は失う訳ですが……

    大丈夫ジョブ、ムンムンならきっと上手くやれますよ
    何の保証もないけど、きっと大丈夫(棒)

    1. 韓国文政権は、韓国の財閥・銀行が好きではないから保護する気がほとんどないし、難しい理屈をこねまわす金融当局者も嫌いだから彼らの言うことを聞くつもりは全然なくて、とりあえずその場しのぎで「選挙まで何とかなる」ような経済政策案を示されて、それに飛びついているだけのことでしょう。
      日本に頭を下げてまで、日韓通貨スワップを締結するつもりなど、彼の頭の中にはさらさらありませんよ。少なくとも現段階では。
      IMF危機くらいの大騒動になって、ようやく「一考してみる」程度が関の山。

    2. >祐様
      誤解されているようなので、今回は、為替スワップ600億ドルの一部を再度使用するということで、米国が第2弾として表明した米国債担保でドルを貸す話とは別です。

  2. 不思議なのだが、中国と通貨スワップを結んでいる筈で、そちらは使わないのか、中国とスワップ締結したから、日本とのスワップなど不必要だと大威張りだったような気がするのだが、何故なんだろうな。

    1. 下のじわたねぼさんからの投稿にありますが、
      >コール市場のようなものなんでしょう。金融機関が相互に短期の貸し付け、借り入れを行なっているのをドルスワップで韓国銀行と市中銀行とが行っている。金融機関が日々の短期的なドル資金の不足を調整する必要があるということです。ドル建て信用取引の安定のためにやっているんだと思います。

      って、結局、金融取引市場で米ドルが払底してしまえば、取引そのものが成立しなくなってしまう、それを避けるためにとりあえず米ドルをアメリカから借りて市場へ供給したということでは。
      中国との通貨スワップは、米ドルを中国から調達できる訳ではないから、この場合は役に立たないのでしょう。単なるアピールと、うまく行けば日本を釣り上げるための疑似餌だ。

  3. >ソース記事によっては、これから『毎週』行う、という内容もあります。しかし、8日物、ですか・・前のエントリーにも書きましたがこっち方面は知識が無くてなんとも言えませんが、満期8日って短すぎる気もしますが、これで普通なのでしょうか。

     コール市場のようなものなんでしょう。金融機関が相互に短期の貸し付け、借り入れを行なっているのをドルスワップで韓国銀行と市中銀行とが行っている。金融機関が日々の短期的なドル資金の不足を調整する必要があるということです。ドル建て信用取引の安定のためにやっているんだと思います。

    >先月、韓国政府は国内銀行の短期外貨借入限度を(自己資本比率)で40%から50%に緩和しています。韓国内の外国銀行は200%から250%まで。その分銀行が外貨を借り入れ、外貨不足が減るという狙いです。

     米ドルでの借入金利は韓国ウォンより低いので、米ドルでの資金調達コストは低くて有利です。従って、入札という形式になるわけです。

     もともとそういう用途での「為替スワップ」ではありません。「通貨スワップ」であるなら、金利差は清算しなくてはならないので2国間で満期日までに運用益を引き出そうが清算さえできれば自由です。
     これは、「為替スワップ」です。金利のつかないドルを融通してもらって、ドル市場の安定化を図るというものです。そこで「利ざや」を稼ぐというのが韓国のやり方です。

     シンシアリーさんご指摘の通り

    >前のエントリーにも書きましたが、個人的に、『今すぐ使うために』スワップ協定を結ぶものではないと思っていましたが・・

     その通りです。しかし利益は出せるものですし、スワップ通貨がストックされていることに依る「信用」は韓国にとってたいした価値を持ちません。
     むしろ韓国人の発想様式では、

     「為替スワップを使って利ざやを稼いでもいいほど、韓国の外貨準備高は安定していると外国は思うに違いない」と考えるのではないでしょうか。

  4. 日本も百兆円にも上る景気刺激策を取っている
    財源は国債以外にないだろう
    ぶっちゃけ、韓国ネタなど、いまはどうでも良い
    重要な事は、日本の事だ
    これ以上、リスクを背負わないようにしたいのだがな
    媚韓メディアの文化人、玉川徹や水島宏明、宮根誠二とかが
    やたらコロナ対策で韓国は大成功していると、実情をちょっと調べてみればとても言えないようなことを言い放って賞賛している
    こういう連中を何とかして欲しいのが正直なところ
    いま韓国を支援するなど、火中の栗も良いところ
    日本に得する事など何もない

    1. 火中の栗なら、うまくいけば美味しい栗を食することができるかもですが、この場合は、火中の石とでも言いますかね。

      怪我せずに取り出せて自分のものにできたとしても、価値のない石ころですね。あ、熱いうちならお湯を沸かせるかもしれませんがそれだけです。

    2. 実際、防疫には成功してると思いますけど。

      >実情をちょっと調べてみればとても言えないようなこと

      ってたとえばなんですか?

      それに防疫に成功してるって言ってるのは日本のメディアだけじゃなくて、トランプだって「最初はじたばたしてたけど、その後の彼らの対応は素晴らしかった」みたいなこと言いましたよね。

  5. いわゆる日本銀行の金利は無担保コールレートの金利を指していたと思いますが、あれは確か翌日物だったと思います。この手の銀行間で行う取引の市場はインターバンク市場と呼ばれていますが、その中における8日物というのは割と普通なんじゃないですかね。

    と、投資の勉強をしてた頃に覚えた知識をひけらかしてみましたが、素人なので何もかも間違ってるかもしれません。悪しからず。

  6. 現金が無いのでしょうね。
    で1週間で銀行側で用意出来るのが15億で短期、それ以外が長期とか?
    担保に米国債でも入れてて、満期時はそのまま米国に取られて終わり。つまり外貨準備高を確実に減らす結果になり、米国は国債を回収して韓国を切りやすくなると、、、私は予想しています。

  7. 昔から日本人が言っていたのが事実なんでしょうね。
    直ぐに現金化出来ない債券がほとんどだと。
    本当にジャンク債ばかりだったら大変だよね。

  8. う~ん
    破産寸前のヤツがなりふり構わずカネを借りまくるがやるパターンと何が違うのか

  9. よくわからないのだけれど、韓国KOSPIの指数を上げるため?

    もしかすると、他に何もできないから、日銀のETF買いの真似?

  10. だって返すつもりがないんだもん

    新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

コメントは受け付けていません。