韓国の専門家たち(?)が見た緊急事態宣言・・「韓国人が襲われる」「また安倍が韓国を叩く」

コメント欄が表示されないなどブログ表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

緊急事態宣言で、韓国側の日本専門家(?)たちがいろんな意見を出しています。ソース記事は1つですが、保坂祐二教授とユ・ジェスン氏(JPニュース代表)の意見を一緒に紹介します。番組進行者との問答形式です。

<・・(番組進行者)「わかりました。最後の質問ですが、この前、保坂教授ご存知でしょう?教授はインタビューにて、日本が緊急事態宣言を行うと、日本の国民は嫌韓症状を表すだろう。関東大震災の時のように、日本国内の韓国人を犠牲にする懸念もある、そのような主張を広げていましたが、ユ代表も同じ意見でしょうか」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

(ユ・ジェスン代表)「私は絶対に同意しません。あまりにも極端な話だし、今が植民地時代でもないし。そして、実際にはそう二分法で判断することは出来ませんよ。

ただし、問題になっていて、気になる部分は、安倍政権がスタートをしたときに、北朝鮮叩き、韓国叩きにして右翼支持者を中心にして政治的基盤を磨いてきたのは事実です。そのため、もしコロナ事態に安倍政権がコーナーに追い込まれた場合に、そのターゲットを韓国叩きにし、韓日政局が梗塞されるのではないか。また、昨年のように輸出規制の問題のようなものが、また出てくるのではないか、そのような点を、韓国人たちが、今心配しています(※話の流れ的に、多分『日本内の韓国人』のことだと思われます)。

 

「わかりました。安倍政権が窮地に追い込まれると、韓国をターゲットにする、政治的可能性はあるという意味ですね」

「それは十分可能性があります」・・>

https://news.v.daum.net/v/20200407202103042

結局、『そんなことは無い』とはしながらも、根本的な発想は同じじゃないかな・・な気もしますが。私の心も曇り過ぎで緊急事態のようです。因みに、この番組、進行者も大学教授です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5