『自慢できるものがほしい』・・半地下に住みカップラーメンを食べながら、高級外国車を買う人たち

コメント欄が表示されないなどブログ表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

半地下の部屋で暮らす人たちの映画が話題でしたが・・実は、半地下に住みながらも高級外国車に乗る人たちもいます。

人に自慢できるものがこれといって無いからこそ、社会的に『人に自慢できる』とされるもの・・韓国の場合ブランド品とか高い外国車とか、そんなものに全てをかける人たちのことです。

マネートゥデーが、庶民層がいわゆる『FLEX(お金、ブランド品自慢)』しているという記事を載せましたので、部分引用して紹介します。記事本文でも『車自慢のため、今日も喜んでカップラーメンだけ食べる』という一行が特に感動的(?)でした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<最高級外国車、高級ブランド品バックなどの贅沢消費は、過去は富裕層の専有物だった。しかし、最近の若者たちは、半地下に住んでもベンツなど外国車に乗り、『車負心(車+自負心)』を誇る。カップラーメンだけ食べながら数ヶ月もアルバイトして稼いだお金で、シャネルのバッグを買う。高所得層だけでなく、低所得層も贅沢消費に溺れている「新・消費の二極化・・ブランド品を勧める社会」の原因と現象を探ってみる。

(※見出し)コロナで大変でも、「半地下に住み、ベンツに乗って、シャネルを買う」ブランド品を勧める社会・・車負心のために喜んで今日もカップラーメンを食べる

ソウル~~~~洞に住むユンさん(37歳)は、リースで購入したBMWを運転する。自営業の彼は苦しく、もう数年も月に200万ウォンしか稼げないが、事業者リースで輸入車に乗っている。ユンさんは「本当はポルシェがいいけど、今は仕方なくBMWに乗っている」と話す・・

 

・・金スプーン(富裕層)がベンツに乗すなら、土スプーンもベンツに乗る時代だ。「新・消費の二極化時代」が開かれた・・・もともとは、「消費の二極化」とは、富裕層が高級な贅沢品を消費して、低所得層が安い生活必需品を消費する形だったが、「新・消費の二極化」は、所得が少ない人でも数ヶ月分の給与を集め贅沢品を消費する行動だ。数ヶ月も給料を集めシャネルバックを書い、食事はコンビニの海苔巻で済ませる新しい二極化が深刻化し、金スプーンも土スプーンもシャネルのバックを肩にし輸入車に乗る時代になってしまった・・

・・問題は、今の「新・消費の二極化」は、消費ピラミッドではなく、最安値と最高値に二分される『砂時計型』消費塔を作ってしまう点である。低所得層・高所得層の消費がすべて二極化され、大型スーパーと中・低価格ブランドは枯死する現象が現れている。単価が低い必須購入品目にはお金を使わず、プレミアムを打ち出した輸入贅沢品に喜んで財布を開く「一点豪華型消費」風潮が明確になっていて、これは韓国経済に毒でしかない・・>

https://news.v.daum.net/v/20200410043003471

 

実は、日本語をテーマにした『次の本』にも部分引用していますが、キム・ジへ教授の『彼らだけの身分社会』にて、『職業、教育水準、結婚したかどうか、親や配偶者の職業、経済的能力、乗っている車の種類、住んでいる街、着ている服など。もちろん男か女かも重要である・・・それらの項目でこれといって優れたものが無かった場合、その人はタメ口を言われなければならない』としながら、『他人より勝るものが年齢しか無い人たちは、わずか1,2年差にもものすごく敏感になる。いや、数ヶ月、数日も重要である』と指摘しています。

https://news.v.daum.net/v/20090614134504977

ひょっとすると、ここでいう『年齢』と同じ感覚が、こういう砂時計型消費の一因かもしれません。何か、人に自慢できるものが1つほしい、と。だからBMWに乗りながら「仕方なく(原文では『事情上~』)」と話す、そんな世界が作られたのでしょう。

その世界は、良い・悪いの問題ではありません。毒や薬かの問題でもありません。ただ、人が疲れます。上の者は上の者なりに、下の者は下の者なりに。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (140)

“『自慢できるものがほしい』・・半地下に住みカップラーメンを食べながら、高級外国車を買う人たち” への56件の返信

  1. >『車負心(車+自負心)』を誇る

    韓国人はこういう造語をよく作ってる印象がありますが、
    漢字を使わないのだから、ネットスラングと同じ様なもので、
    一回説明してもらわないと何の事を言ってるか分からないと思うんですがね。

  2. こち亀にフェラーリで生活する一般人家族ってのがあったな
    見栄のためじゃなくフェラーリを愛しすぎるおっさんの話だけれど

  3. 自己満足とか優越感とか、気持ちの問題だけじゃないんでしょ。
    持ち物でエゲツナイほど顕著に周りからの扱いが変わるから、訴求の根源は生存がらみの危機感に近いと思いますよ。

  4. 尊厳が無くとも飯があれば人は生きられる
    飯が無くとも尊厳があれば人は耐えられる
    だが両方無くなるともはやどうでもよくなる

    なんとなく思い出した言葉

  5. 昔は日本もぼろアパートに住みながらポルシェ買うやつとかいたと思う。でもどうしても途中で気づくよね。合わせないと逆に格好悪いんだ。服も合わせなきゃ、靴も、腕時計も、住居も、暮らしも。

  6. 奴婢は白いキモノってかっちり決められてたほうが
    現代の奴婢には楽なのかもねぇ
    そこに上下の差はないから

  7. 日本では、ブランド物が流行ったのは20年以上も前。車もそう。

    最近、某人気俳優のYouTubeの企画で車を使っていたけど、軽バンですから。

    整形、学歴主義、家柄等々、見栄を張らなければ生きていけない価値観の韓国は、そういう意味で日本より30年は遅れているのかも?いや、遅れているというか国民性なんでしょう。

    軍事政権時代、みんな本当に食べるものにも苦労したという話を大学の先生から聞いたと、30年ほど前に韓国の大学に留学していた知人から聞いたことがあります。

    そういう時代から、日本の技術協力や援助のおかげで経済が繁栄するにつれて貧富の差が広がり、今の韓国の見栄っぱり文化を招いたのだと思います。

    そういう意味では、日本も韓国に対して余計なことをしたのかもしれません。

  8. 日本も80年代は、土方の兄ちゃんがベンツ乗ってたり、ナンパした民民のウエイトレスがシャネラーだったり、時代としちゃ面白かったよな。

  9. そのベンツが三ツ矢サイダーのロゴマークをつけた偽ベンツこと13enzというのがオチかと思った。

コメントは受け付けていません。