韓国紙「聞いた話だけど、韓米通貨スワップは、米国が自国のために先に韓国に提案した」

コメント欄が表示されないなどブログ表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓米通貨スワップのことで、韓国の毎日経済が『米国のためのものだ』とする内容の記事を載せました。

あと、本ブログでは、「為替スワップ」という用語が一般的に存在するのかどうか、通貨スワップと書くのは『間違い』なのかそれとも『詳しくは違う』程度のものなのか、詳しくわからなくてソース記事原文ママに「通貨スワップ」としていましたが、JETROのページで為替スワップという用語を確認したので(リンクはJETROサイトへのリンクとなります)、これからは記事引用部分以外は「為替スワップ」とします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・このような外国人の不安を一瞬に鎮めたのが通貨スワップ(※為替スワップ)であった。もちろん実利も大きい。国内銀行が通貨スワップを通じて借りて使うドル金利は年0.5〜1%の水準だ。国内の優良銀行でも、独自の信用だけでは、この程度の低金利でドルを調達することは容易ではない。

2008年の金融危機の時には、私たちが苦しくて先に提案し、今度は米国が不安で、先に通貨スワップを提案したという裏話だ。

3月19日、私たちと一緒に通貨スワップを結んだオーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、メキシコなどが保有している米国債を売りに出すと、米国も相当な打撃を受ける可能性があるからだ、という。

結論として通貨スワップは、非常に緊急な状況で無担保でお金を貸してくれるメインの取引銀行を複数作っておくと考えれば、理解しやすい。その意味で、徴用賠償などで感情が最悪の状態だが、私たちが少しだけプライドを下げて、日本とも通貨スワップを復元するのが至急であると思える。>

https://news.v.daum.net/v/20200406100303989

 

ああ、これが「後頭部を殴る」ものなのか・・とボーッと(モニターを)見ていました。日本が通貨スワップを結んでも、結局は「日本が先に言い出した」「日本が先にプライドを下げた」などと言い出すでしょう。反論されると「そういう話もありますよ」と逃げる。後頭部暴行事件の定番パターンです。

というか、ニュアンス的に「2008年とは違う。今回は私たちが締結して・ア・ゲ・タ」という文章に見えますが・・じゃ、なんで為替スワップの分をさっそく使っているのでしょうか。『聞いた話だと』、毎週供給するらしいですが。「特別に使ってアゲタ」のでしょうか。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (164)

“韓国紙「聞いた話だけど、韓米通貨スワップは、米国が自国のために先に韓国に提案した」” への120件の返信

  1. 誰から見ても、米国にとって今コロナで大変なので、韓国経済が破綻すると面倒だからでしょう。あと、米国が韓国を見限ったのでムン政権が倒れて、下手に親米政権が出来ても困るのでスワップしてあげたと思います。
    9月の返済でれば多くの利子がつくし返済できなければ融資以上のものを取り上げるのでしょう。
    結局、韓国政府は損しかしないのだからアホとしか言いようがないですね。

  2. 通貨スワップは、通貨経済の安全保障・信用保証でしょうねえ。平時から協定を結んでおくことが大事。転ばぬ先の杖。保険みたいのもの。
    それを感情優先で切った韓国さんは、合理的思考が皆無。

  3. 官邸と財務省宛に万が一にでも韓国と通貨スワップ結んだら、安倍政権を見放すと念押しのメールをしておかなくちゃ。

  4. >だんなさんへ

    >韓国だけでは無く、他の国も同じですが、アメリカに得が有るから、アメリカが言い出した話です。
    借金に変わりは、有りません。

    お金を貸すほうが頭を下げることはないです。

    今すぐ韓国が破綻すると、アメリカが損をするから、
    低金利、半年期限で貸してあげただけのこと。

    アメリカ投資家が、ウオンの暴落で大損しないように、
    時間をあげているだけですよ。

  5. 「非常に緊急な状況で、無担保でお金を貸してくれる、メインの取引銀行を、複数作っておく」
    そんな「都合のいい女」みたいな銀行が有るか?!
    「貸してもらう」と言っても、「返す」のは、全然考えないんでしょうね。そういうの「借りる」って、言うのかなあ…
    「…ちょっと、何言ってるか、分からない…」

    「貸す方」に、何の得が有るのか?
    英米法に「コンシデレーション」という概念が有って、
    「対価関係:一見片務契約に見えても、義務を負う方にも何らかの得が有れば、立派な契約だ」
    みたいな事なんですが。
    果たして「韓国に金を貸す事」に、どんなコンシデレーションが?
    「Consideration」:元々の一般的な意味は「熟慮」です。

    1. 都合の良い女、、、

      融資には色々ありましてw
      「手形割引」
      なんかは無担保(信用)の場合がありますね。

      手形割引は、「振出人信用」なので、
      大手上場企業振出手形を、中小企業が持ってたりするわけで、それを銀行に持ち込んで割り引いてもらう、、

      銀行担当者としては、「こんなんに担保は不要ですがなw(割引き利息はいただきます)」ですw

      こゆのを取っ掛かりに、銀行が取引先を増やす、、なんて、理想ですねw

    2. え~~と…重大な「書き間違い」が有りましたので、訂正。
      「貸す方」及び「韓国に金を貸す事」×
      「遣る方」及び「韓国に金を遣る事」〇

      韓国側は「無担保・返済義務無し」と思っている。
      つまり、これは韓国にとっては「無償贈与」ですね。
      ゆえに「コンシデレーションの有無」が問題になるわけです。
      あくまでも「韓国側から見れば」。

      アメリカ側は、「返せへんのやったら、替わりに、何をむしり取ってやろうか」と思ってるんでしょうが。
      練り餌を撒いてるようなものですね。

      1. とろいやさま
        アメリカは、アメリカ国債の下落を防ぐ、利息を取るのが、表面上の利益。
        アメリカの投資家が、韓国株式を売るのにウォン安が酷いと、損失が大きくなるので、その間の時間稼ぎ。
        6カ月の期限が決まってますので、延長されなかったら、即死の可能性も有り。
        アメリカに後頭を叩かれたニダ。

      2. >とろいやさま

        韓国が不渡りを出したら、中国は直ぐに韓国に回収にに出向くのでしょうか? 中国工場は全部差し押さえられるでしょうけど。
        米国とか日本は何か担保物件を抑えられるでしょうか?

        1. アメリカは、韓国所有のアメリカ国債を、抑えればおしまいだと思います。
          日本は、貸してる金で5兆円。一応担保はあるんでしよか。日本に住んでる韓国人から、取り上げるのが良いと思います。

      3. そういうことですか

        ありがとうございます。
        なんとなく理解しておりましたが、100%納得しました。

        本当にありがとうございます。

  6. 韓国だけでは無く、他の国も同じですが、アメリカに得が有るから、アメリカが言い出した話です。
    借金に変わりは、有りません。

  7. もしかしてアメリカかさんにとってすごく大切で愛される国だとでも思っているのかな?

    1. 「世界は私にメロメロよ!」
      という、そうあるべきの考えがあるので、「あれ?あの子のほうが注目されている?」となると、もう大変なのです。
      それが憎き日本なら「その注目は正しくない」「完全に間違い」と修正してきます。
      ただ「正しくはない」と言いつつ、注目はされたいので、できることなら批判した同じことやマネをしたいのです。

      アビガンが韓国で叩かれていますが、あれがもし韓国発なら今頃「韓国が世界を救う」となっていたでしょう。そして、上位の韓国が下位の日本に恵みを与えるとホルホルでき、民族的快挙だったでしょう。
      でも実際はそんなケースほとんどないわけで、戦前、戦後ほとんどが日本から韓国への流れだったのです。
      そしてその流れすら、本来あってはならないものだったようで、複雑な乙女心というかこじらせてしまったナニかになっているのです。

      1. 日本
        お金も持ってて、美人で性格も頭もいい女
        昔は喧嘩も強かったw(番、張ってた)

        韓国
        妬みっぽく、暴力旦那にDVされても「あの人がいないと、あたしだめなんです(宇能鴻一郎っぽく)」な、貧乏でブス(整形)

        どっちが世界で注目されるかといえば、、、

  8. 何でハードカレンシーでもないウォンと為替スワップなんてアメリカ側から結びたいと言う必要があるんだよ?
    アメリカは他のハードカレンシーの通貨と無制限のスワップ協定結んでるのに何の必要性があるんだよ?マジで韓国人の頭のいかれ具合は天文学的だな。

  9. 米韓がありながら日韓スワップの話が各所から繰り返し出てくるあたり
    オモテでいくらディスってみせても
    日韓スワップが韓国「だけ」を「助ける」、現行の米韓スワップを超える
    究極の切り札であるという認識は韓国人の専門家…政財官マス界では
    少なくとも常識のようだね

コメントは受け付けていません。