韓国紙「聞いた話だけど、韓米通貨スワップは、米国が自国のために先に韓国に提案した」

コメント欄が表示されないなどブログ表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓米通貨スワップのことで、韓国の毎日経済が『米国のためのものだ』とする内容の記事を載せました。

あと、本ブログでは、「為替スワップ」という用語が一般的に存在するのかどうか、通貨スワップと書くのは『間違い』なのかそれとも『詳しくは違う』程度のものなのか、詳しくわからなくてソース記事原文ママに「通貨スワップ」としていましたが、JETROのページで為替スワップという用語を確認したので(リンクはJETROサイトへのリンクとなります)、これからは記事引用部分以外は「為替スワップ」とします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・このような外国人の不安を一瞬に鎮めたのが通貨スワップ(※為替スワップ)であった。もちろん実利も大きい。国内銀行が通貨スワップを通じて借りて使うドル金利は年0.5〜1%の水準だ。国内の優良銀行でも、独自の信用だけでは、この程度の低金利でドルを調達することは容易ではない。

2008年の金融危機の時には、私たちが苦しくて先に提案し、今度は米国が不安で、先に通貨スワップを提案したという裏話だ。

3月19日、私たちと一緒に通貨スワップを結んだオーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、メキシコなどが保有している米国債を売りに出すと、米国も相当な打撃を受ける可能性があるからだ、という。

結論として通貨スワップは、非常に緊急な状況で無担保でお金を貸してくれるメインの取引銀行を複数作っておくと考えれば、理解しやすい。その意味で、徴用賠償などで感情が最悪の状態だが、私たちが少しだけプライドを下げて、日本とも通貨スワップを復元するのが至急であると思える。>

https://news.v.daum.net/v/20200406100303989

 

ああ、これが「後頭部を殴る」ものなのか・・とボーッと(モニターを)見ていました。日本が通貨スワップを結んでも、結局は「日本が先に言い出した」「日本が先にプライドを下げた」などと言い出すでしょう。反論されると「そういう話もありますよ」と逃げる。後頭部暴行事件の定番パターンです。

というか、ニュアンス的に「2008年とは違う。今回は私たちが締結して・ア・ゲ・タ」という文章に見えますが・・じゃ、なんで為替スワップの分をさっそく使っているのでしょうか。『聞いた話だと』、毎週供給するらしいですが。「特別に使ってアゲタ」のでしょうか。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (164)

“韓国紙「聞いた話だけど、韓米通貨スワップは、米国が自国のために先に韓国に提案した」” への120件の返信

  1. 金貸すチャンスを韓国がアメリカに与えてあげたのですね
    アメリカはうれしくてうれしくて韓国に感謝してるのでしょう
    ちなみに日本にはそんなチャンスを与えちゃダメですよね
    チャンスをもらえない日本は悔しくて悔しくて涙を拭いてます

    1. >チャンスをもらえない日本は悔しくて悔しくて涙を拭いてます

      あははー、確かに。韓国人へ教えてあげて。

  2. 米国が韓国と為替スワップを結んだのは、米国自身のためであり、また、レッドチーム入りを望んでいる文在寅とその一味たちが支配する韓国を当面自らのコントロール下に置こうとの意図もあったとの話は、よく耳にするところです。

    ”通貨”スワップではないので、”トイチ”みたいなもの、要するに$が高利で貸し出されるだけの話だと思いますが・・・・。

  3. >結論として通貨スワップは、非常に緊急な状況で無担保でお金を

    担保で米国債いるんですがぁ
    10年物で1.5%の金利の米国債差し入れて0.5%の金利つけて借りる
    期限が来た時返せなかったらその米国債に借りた分の金利つけて
    持っていかれるだけなんですが、、

  4. 米韓スワップが米国が米国のために結んだものなら、足りなくなったらまたおかわり要求すれば米国のために追加で供給してくれるに違いないから日韓スワップは要らんね?

  5. アメリカが「韓国がクラッシュする可能性がある。そうすると米企業も少しは困るだろう」と思って、
    アメリカから言って来たのだったら、何の自慢にもならないと思いますがね。
    援助を申し出てる方(アメリカ)と、援助を受けてる方(韓国)って関係性が、
    世界の誰から見ても完全なる周知の事実なのに。

  6. 正確にはドル流動性スワップライン(Dollar Liquidity Swap Lines)というらしい。ドルの米国回帰から世界的なドル逼迫が懸念され、ドル取り引きをしている企業が突然死するのを防止するため、ドル不足に陥っている各国にドルを貸し出すというもの。

    > 米国債を売りに出すと、米国も相当な打撃を受ける

    これだと話が逆です。だいたい米国債を持っているというのは米ドルを持っているのとニアリーイコールで、こうした金融資産を持っている企業があるとしたら相当余裕があるなと。

  7. これは、そのとおりです。
    米 FRB が緊急時の自国通貨防衛のためのマニュアルに基づいて、為替スワップを決めたそうな。
    だから、”通貨”ではなく、”為替”スワップなのです。
    もし、日銀が同じことをするのなら、日本円の為替スワップになるでしょうね。
    韓国が期待している”通貨”スワップではなく。

  8. こういうのは国内の「愛国者」向けの記事なんでしょうね
    以前から韓国政府やマスコミのコメントは妄想込みのデタラメが多かったですが、最近は対外向けと国内向けで内容の乖離が激しくなっているように感じます。
    一応民主主義勢力の一員なんですよね?ちょっと怖い

コメントは受け付けていません。