韓国紙「聞いた話だけど、韓米通貨スワップは、米国が自国のために先に韓国に提案した」

コメント欄が表示されないなどブログ表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓米通貨スワップのことで、韓国の毎日経済が『米国のためのものだ』とする内容の記事を載せました。

あと、本ブログでは、「為替スワップ」という用語が一般的に存在するのかどうか、通貨スワップと書くのは『間違い』なのかそれとも『詳しくは違う』程度のものなのか、詳しくわからなくてソース記事原文ママに「通貨スワップ」としていましたが、JETROのページで為替スワップという用語を確認したので(リンクはJETROサイトへのリンクとなります)、これからは記事引用部分以外は「為替スワップ」とします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・このような外国人の不安を一瞬に鎮めたのが通貨スワップ(※為替スワップ)であった。もちろん実利も大きい。国内銀行が通貨スワップを通じて借りて使うドル金利は年0.5〜1%の水準だ。国内の優良銀行でも、独自の信用だけでは、この程度の低金利でドルを調達することは容易ではない。

2008年の金融危機の時には、私たちが苦しくて先に提案し、今度は米国が不安で、先に通貨スワップを提案したという裏話だ。

3月19日、私たちと一緒に通貨スワップを結んだオーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、メキシコなどが保有している米国債を売りに出すと、米国も相当な打撃を受ける可能性があるからだ、という。

結論として通貨スワップは、非常に緊急な状況で無担保でお金を貸してくれるメインの取引銀行を複数作っておくと考えれば、理解しやすい。その意味で、徴用賠償などで感情が最悪の状態だが、私たちが少しだけプライドを下げて、日本とも通貨スワップを復元するのが至急であると思える。>

https://news.v.daum.net/v/20200406100303989

 

ああ、これが「後頭部を殴る」ものなのか・・とボーッと(モニターを)見ていました。日本が通貨スワップを結んでも、結局は「日本が先に言い出した」「日本が先にプライドを下げた」などと言い出すでしょう。反論されると「そういう話もありますよ」と逃げる。後頭部暴行事件の定番パターンです。

というか、ニュアンス的に「2008年とは違う。今回は私たちが締結して・ア・ゲ・タ」という文章に見えますが・・じゃ、なんで為替スワップの分をさっそく使っているのでしょうか。『聞いた話だと』、毎週供給するらしいですが。「特別に使ってアゲタ」のでしょうか。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (164)

120 Replies to “韓国紙「聞いた話だけど、韓米通貨スワップは、米国が自国のために先に韓国に提案した」”

  1. 韓国側からみて

    通貨スワップ
      ウォンで借りてウォンで返す。
    為替スワップ
      ドルで借りてドルで返す。

    自国通貨での貸し借りでないので、返済時にドルを調達できないと大変なことになる。

    1. >返済時にドルを調達できないと大変なことになる。

      だから、日韓通貨スワップ(米ドル建て)を焦ってるんだろ。愚かな奴ら。
      米国側から安倍政権へ命令でも発せられない限り、日韓通貨スワップはありえんよ。

    2. 違うよ、
       通貨スワップも韓民国が返済するのは、紙屑ウォンではない。

       韓民国は、ドルを借りられる通貨スワップが締結できない。
       故に返済は、相手国の通貨です。ウォンではないし、ドルでもない。

  2. たしか日韓スワップの時も「日本がどうしてもというから締結してやった」と語っていましたね・・・。
    日本では嘘を百回唱えても嘘のままですが、韓国では事実(世界的な事実とはいっていない)になるようです。

  3. 実質的には世界で唯一の基軸通貨である米ドルに対して、発行国である米国としては、あまりに各国通貨が混乱して万が一にも大損を被ったりする訳にはいかない。なので、当面はしのげる程度の額で為替スワップを結んで高利で米ドルを貸してやったのではないの?
    ま、その借りた米ドルをどんなふうに使うか、それも見ているところだと思うがな。
    見放したなら、自国に損が出ないように、じっくり真綿で首を締めるように撤退していくだけだよ、米国の金融当事者という奴らは。

    1. 経済危機からのアメリカ自身の損害防止は、その通りでしょうね。
       ただ貸し付けるのは、相手国ではない相手国の中央銀行でもない、民間銀行です。
      但し、かたちだけ中央銀行を通してとなっているから、踏み倒されたら中央銀行所有の米国債没収でしょ。

  4. >私たちが少しだけプライドを下げて、日本とも通貨スワップを復元するのが至急であると思える。

    どわははは、何だって? 俺が正しく言い換えてやろう。
    「私たちが全面的にプライドを捨てて、日本とも通貨スワップを結んでもらえるよう懇願するのが至急であると、確信している。」
    ま、自分でそれが言えるようになるまで、あと百年はかかるかな。それまで国が持てばいいがな。

  5. 大韓民国の中央銀行(韓国銀行)が窓口になってアメリカの用意したドルに直ぐに国内の市中銀行が手を出した。韓国銀行は韓国国内の市中銀行から、あらゆる担保を取り貸し出すが韓国銀行にドルは返済はされないであろう。韓国銀行はアメリカ国債で返済すれば良い。大韓民国にアメリカ国債がゼロになればアメリカは良い。

    大韓民国だけ逝けばいい。
    後は皆怪しまれないように名前を出しておく、それなりに脛に傷のある国(アメリカの怒りを買った)ばかりでもあるから問題ない。

    >2019-08-30 23:09:49

    テーマ:ブログ
    ーーーーーーーーーーーーー
    、、、、、、、、、、、、、、
    大韓民国
    逝くだろう。
    普通なら巨額の貿易黒字の国が債務不履行になる事は無い。
    ドイツ中国に続く世界3位の貿易黒字国が逝くわけない。
    でも逝くんだ。数字の上では出てこないけどね。皆んな稼いだドルを国外に持ち出してしまう、自国通貨ウォンで国内でドルを買って密かに国外に持ち出しては使っちゃうから表には出ない。それが多過ぎなんだよ。政府が把握できていないと言うより官僚を含めて国民みんな悪いんだよ。

    >1997年のアジア通貨危機当時、韓国銀行は、外貨を国内の市中銀行に貸し出すなどして、公表されていた外貨準備高を確保していなかったことが、アメリカ合衆国・連邦準備理事会のアラン・グリーンスパン議長(当時)の回顧録で明らかとなっている

  6. お坊さんの托鉢

    仏教では、お坊さんに寄付を
    することを、徳を積むという。
    これをずた行という。
    寄付を入れるボロい袋を
    ずた袋という。

    韓国もアメリカに徳を
    積ませる目的で托鉢(実際は乞食)を
    して上げているつもりかな?

  7. うーん、あんなに米韓スワップナイナイ言ってたのに、いざスワップ締結したら通貨じゃない為替だからノーカン!て言うのはなんというか。そんなに必死に否定しならんでもとは思う。

  8. >今度は米国が不安で、先に通貨スワップを提案したという裏話だ。

     裏話ではありません。まがう事なき、米国の通貨管理マニュアルによる提案です。米国は「自国のため」にそして「他国のために」為替スワップを発動しました。ただし、米国の「他国だけのために」発動したなどという恩着せがましい発言は聞いたことがありません。

     ドルの安定化のために米国が為替スワップを提案し、了承した国が自国の「ため」に結んだというシンプルな話です。

    >3月19日、私たちと一緒に通貨スワップを結んだオーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、メキシコなどが保有している米国債を売りに出すと、米国も相当な打撃を受ける可能性があるからだ、という。

     米国債は一時的に米国が引き受ければいいことです。上記の国の持ち分くらいなら、応分を一時的に日本に依頼することもできます。問題は「ドルが急激に高止まりすること」です。それを防ぐためです。

     なぜこういう詭弁を使うのかというと

    >徴用賠償などで感情が最悪の状態だが、私たちが少しだけプライドを下げて、日本とも通貨スワップを復元するのが至急であると思える。

     という結論を韓国人の情緒に合わせて納得させるためです。「米国ですら自国のためには韓国に頭を下げる」韓国も嫌だろうけどそれに習おう。というわけです。

     問題はそこにはありません。
    何度も指摘しましたけどここです。

    >もちろん実利も大きい。国内銀行が通貨スワップを通じて借りて使うドル金利は年0.5〜1%の水準だ。国内の優良銀行でも、独自の信用だけでは、この程度の低金利でドルを調達することは容易ではない。

     なのにどうして入札割れするのかを考えるべきです。韓国銀行が要求する担保がもう市中銀行では「底をついて」いるのです。追い証まで必要とするので手が出せない。おいしい話が目の前にあるのに飛びつけないほど韓国の市中銀行の資金力はないのです。

     米国は自国のために「為替スワップ」を提案しました。しかしそれは同時に他国のためです。さらにいうなら、他の国が結ぶのなら「韓国一国が締結しなくても」全く問題になりません。
     「米国が頭を下げたので韓国が応じた」というのは筋違いの話です。

     多くの投資家は「そこまで韓国の銀行は体力がないのか」と判断したことでしょう。為替スワップが切れた瞬間に起こることが想像できます。


    >「為替スワップ」という用語が一般的に存在するのかどうか、通貨スワップと書くのは『間違い』なのかそれとも『詳しくは違う』程度のものなのか、詳しくわからなくてソース記事原文ママに「通貨スワップ」としていました

     日本では当初から「為替スワップ」という報道も多かったのですが韓国では「通貨スワップ」一色でした。「為替スワップ」という用語を使うと「米国のマニュアル発動」に触れなくてはならない。それでは「文災害の勝ち取った通貨スワップ」という外交成果ではなくなるからだと理解しています。
     ですから知韓サイトでも「通貨スワップ」に耳慣れてそう使っているところもあれば、後でこれは違うと訂正したところもあります。

コメントは受け付けていません。