賃金未払いの医療支援人力に「お金が欲しくて来たのか」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

大邱で働いた医療関係者たちが、賃金未払い状態であり、賃金を要求したら「お金が欲しくてここに来たのか」と罵倒されたりもした・・とのことです。ひどい話です。

「マネートゥデー」の記事から部分引用します。

<コロナ19ウイルス事態で苦しんでいる大邱市に医療支援に行った医療陣が、「賃金をきちんともらっていない。問い合わせたら『お金が欲しくてここに来たのか』と言われたりした」と打ち明けた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

10日、KBS YouTubeチャンネル「クラブ」は、大邱に医療支援を行った看護看護助務士(※日本の准看護師のような職。以下、准看護師と訳します)Aさん、Bさんと看護師Cさんなどのインタビューを公開した。

准看護師AさんとBさんはインタビューで、「業務上の仕事が大変だというのは予想して覚悟もしていましたが、賃金がちゃんともらえたことがない」と打ち明けた。准看護師Aさんは、「(インタビュー当時)食費と宿泊費2週間分だけ支給された状態で、賃金は全く受けとっていない」とし「初めて大邱に到着したときには、宿泊費すらも、どうすればいいかと問い合わせたら、病院側が何とかしろと、大邱市は何もできないと言われた」と伝えた。

 

准看護師Bさんは、「(賃金の支払いと関して)ここまで精神的に大変とは思わなかった」とし「生計が苦しいから何度も給与に関して問い合わせるしかないのに、続けて問い合わせたら『お金が欲しくてここに来たのか』と罵倒されたこともある」と付け加えた。

准看護師Aさんは「国家災害状況だから喜んで仕事に来たのに、今後もこのようであれば、災害の状況に仕事をしに来る医療陣はいないだろう」と打ち明けた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200413080041633

大邱市は、問題になってから「全額支給しますから」と発表した、とのことです。

 

インサイトというサイトの記事ですが(元ソースはMBCの地上波ニュース)、防疫、弁当などの業者にも、代金が支払われていない、とのことです。ある大手病院の消毒を行った業者は、50日以上やったのに代金2億ウォンがもらえないでいる、と。病院側に言うと「大邱市に聞いて」、大邱市に言うと「病院側に聞いて」、ある場合は「保健福祉部に聞いて」などなどを言われている、とも。

https://www.insight.co.kr/news/278152

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5