独立運動家及び末裔1544人、『親日』ケーブルテレビ局の承認取り消しを要求

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ついに、というか何というか、独立運動家及びその遺族たちが、まるで政治勢力のような歩みを始めました。韓国社会で『市民団体の政治勢力化』の流れが強くなってから、予想できなかったわけではありませんが、なんとその歩みの一歩が、ケーブルテレビ局の廃止(再承認拒否)です。

この件、横田めぐみさんのお父様に『日本に連れて行かれた数十万の朝鮮人めぐみたちを忘れるな』と手紙を送った、あのキム・ウォンウンが率いる独立有功者団体「光復会」が、裏で仕掛けたことでもあります。すでにお伝えしましたので、まだの方は、過去エントリーも合わせてお読みください

以下、「メディア今日」の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<独立運動家イム・オチョル(102)志士をはじめ、独立運動家の子孫1544人が、TV朝鮮とチャンネルAの再承認を許可しないでほしいという意見書を、放送通信委員会に伝えた。独立運動家と子孫が特定の放送を親日反民族放送と規定し、チャンネル承認に反対する声を実名で出したのは、史上初めてのことだ。

生存志士及び独立有功者の子孫は、14日、放送通信委員会に伝達した意見書で、「生存愛国志士と独立有功者の子孫1544人の決意を集めてTV朝鮮とチャンネルA、2つの総合編成チャンネルの親日反民族放送を糾弾する」とし「放送通信委員会が再承認審査過程で両放送局の再承認を認めないことを厳重に要求する」と述べた。※総合編成チャンネル・・いろんな種類の番組を編成できるケーブルテレビ局※

 

親日清算が未完の課題として残っている理由を置いて、独立運動家たちは、光復70年が過ぎた時点でも親日を美化する国定教科書を推進したり、臨時政府の法統(※仏教用語ではなく、この場合は『正統性の継承)』の意味です)を否定する「建国節」論争、日本軍性奴隷と強制徴用関連司法壟断、「反日種族主義」(イ・ヨンフン著)など親日民族反逆勢力がまだ蠢動していると診断した。

生存志士と子孫たちは、TV朝鮮のチャンネルA総合編成チャンネル事業者が民族の魂を蘇らせる役割を徹底的に裏切り、民族精神を病ませた具体的な親日報道事例を取り上げた。二つの総編の母胎となった朝鮮日報と東亜日報が、日帝強占期に積極的に親日反民族行為に加担した歴史と本質的に変わらないとした・・>

https://news.v.daum.net/v/20200414132908688

 

報道事例というのをいくつか紹介しますと・・

・ニュース番組で、アンカーが「お父さんが(※併合時代に)親日活動をしたとしても、子とは関係ないじゃないですか。植民地時代36年間、私たちは生まれてはならなかったとでも言うのでしょうか」と話したこと

・朴槿恵氏のお姉さんパク・クンリョン氏が「天皇陛下」という言葉を使い、「慰安婦問題でもう日本を責めるべきではない」と話したことについて、ニュース番組で『生計のためにそう言っただけかも知れない』と言ったこと(例え生計のためでもそんなことを言うのは親日)

・日本の対韓輸出管理厳格化に対する韓国政府の対応を『政治のために反日を扇動してはいけない』『賠償判決には問題がある』などと話したこと

・『反日種族主義』の著者などを『学会の少数意見である』『とても熱心に勉強された方々で、学会では(学者として)認められている』と話したこと・・などなど、です。

どこまでやるかはまだ分かりませんが、独立運動家団体が市民団体と手を組んでこのような主義主張をするようになると、実に強力な団体になるでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5