(※追記)韓国、総選挙結果(完了)・・与党の大勝利

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

総選挙の出口調査結果が発表されました。日本(本ブログコメント欄)でも話題の、文在寅政権がどうなったのか、見てみましょう。

ただ、韓国は出口調査が外れることもよくあるので、もっと詳しい結果は、深夜、または明日の朝に本エントリーに追記します(長くなりそうだったら新しいエントリーにします)。※4月16日正午頃、追記として結果も記しました※

それでは、行ってみましょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・地上波3社共同出口調査/投票率63%

・共に民主党139~158議席/共に市民党(共に民主党の衛星政党)16~20議席

・未来統合党90~109議席/未来韓国党(衛星政党)17~21議席

・正義党5~7議席

・無所属1~7議席

・国民の党2~4議席

・開かれた民主党1~3議席

まだまだ詳しい数字は分かりませんが、与党の共に民主党が(衛星政党と合わせて)最少でも155、うまく行けば178まで取れることになります。大勝利ですね。

選挙前の各政党の議席数(総290席)は、共に民主党120席、共に市民党8席、未来統合党92席、未来韓国党20席、民生党20席、正義党6席、国民の党1席、民衆党1席、開かれた民主党1席、親朴新党1席、韓国経済党1席、ウリ共和党2席、無所属17席でした。

 

(※追記)最後に、『挺対協(正義を記憶する連帯)』のユン・ミヒャン代表は与党側の比例代表で当選が確定したと思われます。また、ナ・ギョンウォン氏は負けた模様。ファン・ギョアン代表も負けたと言われていますが、相手との差がわずかで、まだ確実なことはわかってないようです。

(※追記)開票、終わりました。最終的には:

共に民主党163(席)、共に市民党17。未来統合党84、未来韓国党19。正義党6。無所属5。国民の党3。開かれた民主党3。

いわば、巨大与党の出現です。そして、比例代表制度を改正して「両党が議席の多くを占めないようにする」としていた新しい選挙法は、衛星政党という抜け穴により、ナンセンスで終わりました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5