『親日』と公表された候補、8人のうち6人が落選・・大物政治家も敗北

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

朝のエントリーが遅くなる予定でしたが、午後のエントリーが遅くなりそうです(テヘッ)。朝も朝なりに遅れましたが、更新行きます。

さて、それでは、本ブログで集中的に取り上げていた『親日候補落選運動』が効果があったのかどうか、ちょっとした検証に入ります。もちろん、単に『どの政党の候補なのか』で決める人も多いでしょうし、他にもいろいろと理由はあるでしょう。

でも、『親日落選運動』は効果があったとしか思えません。なにせ、8人の6人が落選しましたので・・中には大物政治家も含まれています。ここでは、安倍糾弾市民行動が『集中落選運動対象』とした8人の結果を見てみましょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ナ・ギョンウォン氏・・落選

黄教安(ファン・ギョアン)氏・・落選

シム・ジェチョル氏・・落選

キム・ジンテ氏・・落選

ハ・テギョン氏・・8人の中では唯一、普通に当選

チョン・フイギョン氏・・落選

チャ・ミョンジン氏・・落選

ユン・サンヒョン氏・・今回の総選挙最少票差の171票差で当選

 

彼らは、無名政治家ではありません。韓国で言う「多選議員」で、現役国会議員でした。第一野党の代表、院内代表も含まれています。そもそも、無名の政治家なら市民団体が落選運動なんかやらないでしょう。

中には、『政治家としては無名』の相手に負けた人もいるし、政治家としてのキャリアに致命的なダメージになったと言えましょう。

朝鮮日報も『未来統合党ファン・ギョアン、ナ・ギョンウォン、シム・ジェチョル敗北・・大統領候補がいない』という題の記事を載せていますが、これで保守側の大統領候補は事実上、誰もいなくなりました。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5